野菜嫌いな子は身長が伸びない?その理由と野菜の成分の効果について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもの身長が伸びると、その成長は親からしても嬉しいものですよね。逆に、子どもの身長が伸びないと、親からして気になるところです。

この記事では、野菜嫌いな人が低身長になると言われている理由や身長が伸びない理由、野菜に含まれている成分の効果についてご紹介していきたいと思います。

身長が伸びない理由

子どもの身長が伸び悩んでしまうと、とても不安になりますよね。身長が伸びない理由としては、様々な原因があると言われております。

子どもの身長が伸びる理由としては、成長ホルモンが深く関わってきます。「寝る子は育つ」と昔から言われていますが、この成長ホルモンというのは、子供が寝ている間に分泌されます。そのため、成長のスピードが遅い子どもは、成長ホルモンの分泌が低下していたりと、共通点があるそうです。

成長のスピードが遅い子どもの共通点について、細かくお伝えしますので、子どもの成長に悩んでいる人は、必見ですよ。

好き嫌いが多い

まず一つ目の共通点は「好き嫌いが多い」という点です。好き嫌いが多い子どもは、十分に栄養が取れなくなりがちで、栄養の偏りが目立ちます。身長が伸びるために必要な成長ホルモンは、栄養バランスが崩れてしまうと、分泌が低下してしまいます。

例でいうと、野菜を食べない、お肉ばっかり食べる、ご飯を食べないでお菓子ばっかり食べている子は、カロリーは十分に摂取していますが、栄養が不足してしまいがちなので、成長ホルモンが十分に分泌されなくなり身長が伸び悩んでしまいます。

子どもでも幼児の場合は、大人と違い胃の大きさが小さいです。なので、朝食・昼食・夕食の3回で、できるだけバランス良く栄養を摂取することが必要になってきます。

最近では、朝食を取らない子供も増えてきていると言われています。朝食というのは、一日を元気に過ごすために、必要な栄養摂取する食事なので、時間がないから朝食を抜くのではなく、朝食をとるためにきちんと時間を取ることが必要です。

野菜嫌いは身長に影響がある

二つ目の共通点は、野菜嫌いという点です。子どもにとって野菜というのは、ジューシーな味わいもなく、ただパサパサしているもの…という印象が強いです。そのため、野菜を積極的に食べなくなってしまうことがあります。

では、野菜を取らないと身長にどう影響するのかというと、ビタミンやミネラルが不足しがちになり成長ホルモンの分泌を低下してしまいます。そして身長が伸び悩んでしまうのです。

特定の野菜が嫌いなのであれば、その野菜に含まれている栄養素を調べて他の野菜で摂取するようにしましょう。「ニンジンが嫌い!」という子どもに対しては、ニンジンで摂取できるビタミンAをカボチャで摂取させてあげれば、栄養素で言うと良いのです。

生活習慣の乱れ

三つ目の共通点は生活習慣の乱れです。低身長の子どものうち約95%が、生活習慣の乱れが原因と言われております。睡眠と食事をしっかりとらないといけませんが、成長期である子どもに多い、ゲームのやり過ぎ・ネットサーフィンによる睡眠不足や、女の子に多い無理なダイエットによる栄養不足などが、成長ホルモンの分泌を低下させてしまう原因となります。

生活習慣を見直すことは、子どもだけでは難しい部分が多いです。なので、親も一緒に生活習慣を見直していきましょう。親の就寝時間が遅いと、一緒に寝る子どもの就寝時間まで遅くなってしまうケースもあります。そういう場合は、先に子どもを寝かせてから大人の時間を作ることが必要です。

ストレス

四つ目の共通点はストレスです。子どもがストレスを感じていると、成長ホルモンの分泌が低下してしまいます。子どもにストレス?と思う人もいるかもしれませんが、子どもが感じるストレスは、たくさんあります。

親をはじめとした家族から愛情を十分に受けられないストレス、学校などでのいじめ、人間関係のストレスなどあげられます。子どもがストレスを感じると、成長ホルモンの分泌を低下させてしまい、身長が伸び悩んでしまう可能性が考えられるからです。

大人でもストレスを感じる場合、食欲不振や眠れなくなったりしますが、それは子供も一緒です。子どももストレスによって、食欲がなくなり栄養を十分に取れなくなったり、眠れなくなったり、質のいい睡眠をとることが難しくなったりします。

特に家族から受ける愛情については、妹や弟が生まれたばかりの時に、自分より弟や妹に注がれる愛情にもストレスを感じることがあります。これはどの家庭でも考えられる原因なので、弟や妹ができた時に、お兄ちゃんお姉ちゃんへ愛情をきちんと与えてあげることが必要です。

睡眠不足

五つ目の共通点は睡眠不足です。夜遅くまでゲームをやっていたり、パソコンや携帯でネットサーフィンをしていたりなど、睡眠不足の子どもが増えてきています。睡眠不足は生活習慣の乱れと同じで、成長ホルモンの分泌を低下させてしまう可能性があります。

成長ホルモンは、夜22時から深夜2時の間に分泌が活発になります。なので、その時間帯には就寝していることが望ましいです。

最近では、子どもの就寝時間が23時を過ぎているケースも珍しくありません。そういうケースの場合、身長を伸ばす成長ホルモンの分泌が低下してしまうので、低身長に悩まされることが考えられます。

遺伝

最後に、共通点ではありませんが低身長の原因として、「遺伝」があります。親の身長が小さいと、遺伝によって子供の身長も小さいと言われますが、実際のところ身長の遺伝率は約25%と言われており、それほど高くありません。なので、必ずしも親が小さいと子供も小さくなるというわけではないのです。

親が大きくても子供が小さい場合も考えられますし、親が小さくても子供が大きい場合も考えられます。

野菜には栄養素がたくさん入っている

幼児期は、食生活の習慣を身に着ける大事な時期にもなりますし、この頃に食べ物に対して好き嫌いがはっきりと出てきます。

お肉や魚に比べて野菜は、嫌いな食べ物になりがちです。ですが、野菜にはお肉や魚では取れない栄養素がたくさん含まれているので、しっかりと野菜も一緒に食べるようにしましょう。

今回は、野菜に含まれている栄養素が、身長を伸ばすのにどういう風に関わるのかなど、ご紹介していきたいと思います。

ただどんな食事であれ、子どもにとって、食事の時間が楽しい時間となるようにしてあげるのが大事です。子どもにだけご飯を食べさせるのではなく、家族一緒にテーブルを囲むなど、色々工夫していきましょう。

タンパク質

タンパク質は、骨の土台となる栄養素です。その土台がしっかりとできたところに、カルシウムやリンがくっつくことで、丈夫な骨を作り出します。なので、身長を伸ばすためには、しっかりとした土台作りが必要になります。

タンパク質が多く含まれている野菜は、大豆やピーナッツ、ゴマや干しシイタケです。大豆の加工食品である、豆腐や納豆を摂取するのが、胃腸にも優しくおすすめです。

豆腐に関しては、様々な調理法があります。豆腐をそのまま食べる冷奴や、お味噌汁などに豆腐を入れたり、揚げ出し豆腐や豆腐を使った韓国料理「チヂミ」なども美味しく食べられるのではないでしょうか。

カルシウム

カルシウムは、骨を丈夫にするための栄養素です。カルシウムというと、魚のイメージがあると思いますが、野菜に含まれているカルシウムもしっかりと摂取していきましょう。

カルシウムが多く含まれている野菜は、春菊やチンゲン菜、オクラや小ねぎです。春菊は独特な香りと味がするので、好き嫌いが分かれてしまいがちですが、子どもでも問題なく食べれるよう、鶏肉と合わせて胡麻和えにしてみたり、韓国料理のチヂミに入れてみたりすると良いでしょう。

マグネシウム

マグネシウムは、体内で生成することができない栄養素なので、積極的に摂取することが必要です。気になるマグネシウムの働きについてですが、カルシウムの働きをサポートしてくれます。カルシウムが骨にくっつくことで、骨が丈夫に作り出されますが、カルシウム単体ではうまく骨にくっつくことができないのです。

マグネシウムを摂取することで、きちんとカルシウムが骨へくっつきやすくしてくれて、骨自体の質を上げてくれるようになります。

注意点は、カルシウムもマグネシウムも単体ではなく双方が合うことにより、力を発揮することです。理想的な摂取量は、カルシウム:マグネシウム=2:1です。

マグネシウムが多く含まれている野菜は、枝豆やオクラ、ゴボウです。枝豆やオクラは、サラダにトッピングして食べることができますし、ガーリックで炒めたりするものおすすめです。豚汁などにゴボウを入れるとゴボウの出汁も出て美味しく食べれます。

ビタミン

ビタミンには、カルシウムの吸収を高める役割があります。ビタミンの中でもビタミンDが一番カルシウムの吸収を促進してくれると言われております。身長が伸びる過程で、骨を丈夫にする役割のカルシウムですが、その吸収を促進してくれるビタミンDは、なくてはならない栄養素です。

ビタミンDが含まれている野菜というと、キノコ類に多く含まれております。白きくらげやきくらげ、しめじ、まつたけ、ぶなしめじと言った野菜です。白きくらげやきくらげは、サラダやスープに入れたり、デザートにも入れることができるのでおすすめです。

しめじやまつたけ、ぶなしめじなどは炊き込みご飯や炒め物などに合います。

亜鉛

亜鉛は、骨の土台となるたんぱく質を上手に合成する手助けをしてくれます。なので、たんぱく質+亜鉛を摂取することで、亜鉛によって骨の土台作りを促進させます。ちなみに、亜鉛には、味覚細胞の生成にも大きく関わっており、亜鉛不足になると、味覚障害を引き起こしてしまうことも考えられます。

亜鉛が多く含まれている野菜は、そらまめや枝豆、とうもろこしやたけのこです。そらまめの調理法については、子どもが好きなチーズをまぶして炒めたり、ウインナーと一緒にガーリックで炒めてあげると、子どもでも美味しく食べれます。

野菜を上手に摂取する

今回は、野菜嫌いな子が低身長になる理由やその他の理由、野菜に含まれている成分の効能などをご紹介しました。

親にとって目に見える子どもの成長は、嬉しいものです。しっかり子どもにバランスよく栄養を摂取させて、低身長に悩まないよう生活習慣なども見直していきましょう。

おすすめ記事

ノビルンジャーを使った人の声が知りたい! すぐに商品の詳細が気になる方はこちら
息子の身長に困っていた母親がノビルンジャーをお子さんに飲ませた話です。参考にどうぞ! 1日たった2粒で目安で必要な栄養素の約40%も摂れるので、毎日のご飯にプラスするだけ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*