身長に関するコラム

野菜嫌いな子は身長が伸びない?その理由と野菜の成分の効果について

子どもの身長が伸びると、その成長は親からしても嬉しいものですよね。逆に、子どもの身長が伸びないと、親からして気になるところです。

この記事では、野菜嫌いな人が低身長になると言われている理由や身長が伸びない理由、野菜に含まれている成分の効果についてご紹介していきたいと思います。

身長が伸びない理由

子どもの身長が伸び悩んでしまうと、とても不安になりますよね。身長が伸びない理由としては、様々な原因があると言われております。

子どもの身長が伸びる理由としては、成長ホルモンが深く関わってきます。「寝る子は育つ」と昔から言われていますが、この成長ホルモンというのは、子供が寝ている間に分泌されます。そのため、成長のスピードが遅い子どもは、成長ホルモンの分泌が低下していたりと、共通点があるそうです。

成長のスピードが遅い子どもの共通点について、細かくお伝えしますので、子どもの成長に悩んでいる人は、必見ですよ。

好き嫌いが多い

まず一つ目の共通点は「好き嫌いが多い」という点です。好き嫌いが多い子どもは、十分に栄養が取れなくなりがちで、栄養の偏りが目立ちます。身長が伸びるために必要な成長ホルモンは、栄養バランスが崩れてしまうと、分泌が低下してしまいます。

例でいうと、野菜を食べない、お肉ばっかり食べる、ご飯を食べないでお菓子ばっかり食べている子は、カロリーは十分に摂取していますが、栄養が不足してしまいがちなので、成長ホルモンが十分に分泌されなくなり身長が伸び悩んでしまいます。

子どもでも幼児の場合は、大人と違い胃の大きさが小さいです。なので、朝食・昼食・夕食の3回で、できるだけバランス良く栄養を摂取することが必要になってきます。

最近では、朝食を取らない子供も増えてきていると言われています。朝食というのは、一日を元気に過ごすために、必要な栄養摂取する食事なので、時間がないから朝食を抜くのではなく、朝食をとるためにきちんと時間を取ることが必要です。

野菜嫌いは身長に影響がある

二つ目の共通点は、野菜嫌いという点です。子どもにとって野菜というのは、ジューシーな味わいもなく、ただパサパサしているもの…という印象が強いです。そのため、野菜を積極的に食べなくなってしまうことがあります。

では、野菜を取らないと身長にどう影響するのかというと、ビタミンやミネラルが不足しがちになり成長ホルモンの分泌を低下してしまいます。そして身長が伸び悩んでしまうのです。

特定の野菜が嫌いなのであれば、その野菜に含まれている栄養素を調べて他の野菜で摂取するようにしましょう。「ニンジンが嫌い!」という子どもに対しては、ニンジンで摂取できるビタミンAをカボチャで摂取させてあげれば、栄養素で言うと良いのです。

生活習慣の乱れ

三つ目の共通点は生活習慣の乱れです。低身長の子どものうち約95%が、生活習慣の乱れが原因と言われております。睡眠と食事をしっかりとらないといけませんが、成長期である子どもに多い、ゲームのやり過ぎ・ネットサーフィンによる睡眠不足や、女の子に多い無理なダイエットによる栄養不足などが、成長ホルモンの分泌を低下させてしまう原因となります。

生活習慣を見直すことは、子どもだけでは難しい部分が多いです。なので、親も一緒に生活習慣を見直していきましょう。親の就寝時間が遅いと、一緒に寝る子どもの就寝時間まで遅くなってしまうケースもあります。そういう場合は、先に子どもを寝かせてから大人の時間を作ることが必要です。

ストレス

四つ目の共通点はストレスです。子どもがストレスを感じていると、成長ホルモンの分泌が低下してしまいます。子どもにストレス?と思う人もいるかもしれませんが、子どもが感じるストレスは、たくさんあります。

親をはじめとした家族から愛情を十分に受けられないストレス、学校などでのいじめ、人間関係のストレスなどあげられます。子どもがストレスを感じると、成長ホルモンの分泌を低下させてしまい、身長が伸び悩んでしまう可能性が考えられるからです。

大人でもストレスを感じる場合、食欲不振や眠れなくなったりしますが、それは子供も一緒です。子どももストレスによって、食欲がなくなり栄養を十分に取れなくなったり、眠れなくなったり、質のいい睡眠をとることが難しくなったりします。

特に家族から受ける愛情については、妹や弟が生まれたばかりの時に、自分より弟や妹に注がれる愛情にもストレスを感じることがあります。これはどの家庭でも考えられる原因なので、弟や妹ができた時に、お兄ちゃんお姉ちゃんへ愛情をきちんと与えてあげることが必要です。

睡眠不足

五つ目の共通点は睡眠不足です。夜遅くまでゲームをやっていたり、パソコンや携帯でネットサーフィンをしていたりなど、睡眠不足の子どもが増えてきています。睡眠不足は生活習慣の乱れと同じで、成長ホルモンの分泌を低下させてしまう可能性があります。

成長ホルモンは、夜22時から深夜2時の間に分泌が活発になります。なので、その時間帯には就寝していることが望ましいです。

最近では、子どもの就寝時間が23時を過ぎているケースも珍しくありません。そういうケースの場合、身長を伸ばす成長ホルモンの分泌が低下してしまうので、低身長に悩まされることが考えられます。

遺伝

最後に、共通点ではありませんが低身長の原因として、「遺伝」があります。親の身長が小さいと、遺伝によって子供の身長も小さいと言われますが、実際のところ身長の遺伝率は約25%と言われており、それほど高くありません。なので、必ずしも親が小さいと子供も小さくなるというわけではないのです。

親が大きくても子供が小さい場合も考えられますし、親が小さくても子供が大きい場合も考えられます。

野菜には栄養素がたくさん入っている

幼児期は、食生活の習慣を身に着ける大事な時期にもなりますし、この頃に食べ物に対して好き嫌いがはっきりと出てきます。

お肉や魚に比べて野菜は、嫌いな食べ物になりがちです。ですが、野菜にはお肉や魚では取れない栄養素がたくさん含まれているので、しっかりと野菜も一緒に食べるようにしましょう。

今回は、野菜に含まれている栄養素が、身長を伸ばすのにどういう風に関わるのかなど、ご紹介していきたいと思います。

ただどんな食事であれ、子どもにとって、食事の時間が楽しい時間となるようにしてあげるのが大事です。子どもにだけご飯を食べさせるのではなく、家族一緒にテーブルを囲むなど、色々工夫していきましょう。

タンパク質

タンパク質は、骨の土台となる栄養素です。その土台がしっかりとできたところに、カルシウムやリンがくっつくことで、丈夫な骨を作り出します。なので、身長を伸ばすためには、しっかりとした土台作りが必要になります。

タンパク質が多く含まれている野菜は、大豆やピーナッツ、ゴマや干しシイタケです。大豆の加工食品である、豆腐や納豆を摂取するのが、胃腸にも優しくおすすめです。

豆腐に関しては、様々な調理法があります。豆腐をそのまま食べる冷奴や、お味噌汁などに豆腐を入れたり、揚げ出し豆腐や豆腐を使った韓国料理「チヂミ」なども美味しく食べられるのではないでしょうか。

カルシウム

カルシウムは、骨を丈夫にするための栄養素です。カルシウムというと、魚のイメージがあると思いますが、野菜に含まれているカルシウムもしっかりと摂取していきましょう。

カルシウムが多く含まれている野菜は、春菊やチンゲン菜、オクラや小ねぎです。春菊は独特な香りと味がするので、好き嫌いが分かれてしまいがちですが、子どもでも問題なく食べれるよう、鶏肉と合わせて胡麻和えにしてみたり、韓国料理のチヂミに入れてみたりすると良いでしょう。

マグネシウム

マグネシウムは、体内で生成することができない栄養素なので、積極的に摂取することが必要です。気になるマグネシウムの働きについてですが、カルシウムの働きをサポートしてくれます。カルシウムが骨にくっつくことで、骨が丈夫に作り出されますが、カルシウム単体ではうまく骨にくっつくことができないのです。

マグネシウムを摂取することで、きちんとカルシウムが骨へくっつきやすくしてくれて、骨自体の質を上げてくれるようになります。

注意点は、カルシウムもマグネシウムも単体ではなく双方が合うことにより、力を発揮することです。理想的な摂取量は、カルシウム:マグネシウム=2:1です。

マグネシウムが多く含まれている野菜は、枝豆やオクラ、ゴボウです。枝豆やオクラは、サラダにトッピングして食べることができますし、ガーリックで炒めたりするものおすすめです。豚汁などにゴボウを入れるとゴボウの出汁も出て美味しく食べれます。

ビタミン

ビタミンには、カルシウムの吸収を高める役割があります。ビタミンの中でもビタミンDが一番カルシウムの吸収を促進してくれると言われております。身長が伸びる過程で、骨を丈夫にする役割のカルシウムですが、その吸収を促進してくれるビタミンDは、なくてはならない栄養素です。

ビタミンDが含まれている野菜というと、キノコ類に多く含まれております。白きくらげやきくらげ、しめじ、まつたけ、ぶなしめじと言った野菜です。白きくらげやきくらげは、サラダやスープに入れたり、デザートにも入れることができるのでおすすめです。

しめじやまつたけ、ぶなしめじなどは炊き込みご飯や炒め物などに合います。

亜鉛

亜鉛は、骨の土台となるたんぱく質を上手に合成する手助けをしてくれます。なので、たんぱく質+亜鉛を摂取することで、亜鉛によって骨の土台作りを促進させます。ちなみに、亜鉛には、味覚細胞の生成にも大きく関わっており、亜鉛不足になると、味覚障害を引き起こしてしまうことも考えられます。

亜鉛が多く含まれている野菜は、そらまめや枝豆、とうもろこしやたけのこです。そらまめの調理法については、子どもが好きなチーズをまぶして炒めたり、ウインナーと一緒にガーリックで炒めてあげると、子どもでも美味しく食べれます。

野菜を上手に摂取する

今回は、野菜嫌いな子が低身長になる理由やその他の理由、野菜に含まれている成分の効能などをご紹介しました。

親にとって目に見える子どもの成長は、嬉しいものです。しっかり子どもにバランスよく栄養を摂取させて、低身長に悩まないよう生活習慣なども見直していきましょう。

おすすめ記事

ノビルンジャーを使った人の声が知りたい! すぐに商品の詳細が気になる方はこちら
息子の身長に困っていた母親がノビルンジャーをお子さんに飲ませた話です。参考にどうぞ! 1日たった2粒で目安で必要な栄養素の約40%も摂れるので、毎日のご飯にプラスするだけ

子供が膝を痛がることと身長の伸びの関係とは

成長期の子供が時々「膝が痛い」と訴えることがあります。昼間思い切り外で走り回ったから筋肉痛なのかなとかずっと同じ姿勢でいたことで足がしびれたのかななどと思って気にしないでいるものの、何度も「膝が痛い」と訴えられると心配になりますよね。

膝が痛いということと、身長が伸びていることは関係があるのでしょうか。少しでも背を高く伸ばしたいと思っている子供たちには朗報になるのでしょうか。膝を痛がることと身長の伸びの関係はどうなのかを調べてみましょう。

「身長が伸びる=骨端線が伸びる」が正解

身長が伸びるということは骨が伸びること。と考える人も多いと思いますが、実際は骨自体が伸びるというよりも、腕や足、背骨などの長い骨の両端にある「骨端線こったんせん」と呼ばれる部分が伸びているのです。つまり、骨自体が真ん中からグーンと伸びているのではなくて、骨と骨のつなぎ目部分が伸びることによって身長を伸ばしています。

子供の骨をレントゲンで撮ってみると、骨と骨の間に隙間のようなものが見えます。対して大人の骨のレントゲンは骨と骨の間に隙間がなく写ります。子供のレントゲンに見られるこの隙間が「骨端線」と呼ばれる身長が伸びるための伸びしろです。

骨端線の間には軟骨組織があり、その部分はまだ硬い骨ではなく、柔らかい骨の状態です。この軟骨組織が成長ホルモンの働きによって増殖していきます。そしてこの柔らかい骨の組織が増殖することにより、硬い骨になり骨自体の長さが長くなっていきます。

思春期の膝の痛みと骨端線の関係

一般的に骨端線は成長期が終わると同時になくなってしまうと言われています。子供の成長期である10歳から17歳前後の第二次性徴期には骨端線は残っていますが、それを過ぎると骨端線だった部分の軟骨組織の増殖が止まり、身長が伸びなくなってしまうのです。

膝の痛みを訴える子供が、成長期である10歳から17歳で、その子供が日常的にスポーツをしている場合には更に注意が必要です。子供の骨は大人と違ってまだ筋肉がついていない状態なので、そこでジャンプやランニングなどを激しく行い過ぎると骨の軟骨に刺激が強すぎて膝を痛めてしまうからです。

成長期には骨が急激に伸び、筋肉とともに骨と筋肉を付着させる結合部分である「腱」も引っ張られて成長していくものですが、筋肉や腱は骨と同じスピードでは成長できません。このため、激しい運動をする子供は骨と筋肉の結合部分である「腱」に炎症が起こり、痛みが生じると言われています。

10才以下の子の膝の痛みは「成長痛」と言われることも

第二次性徴期前の子供の膝の痛みの場合は、原因が特定できない事が多いと言われています。色々と検査をしてみた結果これといった原因がわからない場合は「成長痛」と診断されることもあります。たいていの場合、自然に治るものですが、長い期間にわたって痛みを訴え続ける場合は、さらに詳しい検査をしてもらうために病院を受診した方が良いでしょう。

成長痛の痛みの原因は日中の活動が多すぎて疲労がたまり、夕方以降に痛みとして症状が出る事で起こるそうです。小さな子供は一日中寝るまで動き回るエネルギーの塊ですが、これらの痛みを口にしている場合は、帰宅したら静かに休む時間を作る事が大切です。またゆっくりお風呂に入ったり、マッサージなどをしてあげるとリラックスして痛みが引いていくこともあります。

小さな子供の場合、これらの痛みは心理的な要因も考えられます。日中不安な事があったので親にかまってほしい、下に弟や妹が生まれた場合は、時には自分も甘えたいと言うサインです。これら思い当たる事がある場合は、ゆっくり子供と触れ合える時間を増やすと成長痛を訴えることも減ってくると言われています。

膝の痛みと身長の伸びの関係

成長ホルモンの分泌が著しい成長期には、骨と骨の間にある軟骨組織がまだ未成熟なため、うまくクッションの役目を果たせず、軟骨と骨の間にある神経が圧迫される事によって痛みは起こるのではと考えられています。

これは成長ホルモンが分泌されているという証拠なので、身長の伸びも期待できるという事だと言えます。膝の痛みや成長痛は成長期が終わると自然に治るものなので、この成長ホルモンの分泌が出ている成長期にどれだけ身長を伸ばすためのサポートができるかがその後の身長に関係してくると言っても良いでしょう。

成長痛や膝の痛みがある時の対処法

体は成長していくのに、筋肉が硬くて伸びないと体自体が硬くなり痛みが出たり、怪我や腰痛を引き起こしてしまいます。成長痛や膝の痛みがある時には、痛みを和らげるストレッチをするのが効果的です。

またストレッチをする事により、体の歪みを整えて血流を促進し、成長ホルモンの分泌を活発にしてくれるのと同時に体も関節も柔らかくなるので一石二鳥です。

太ももの前を伸ばす

片足で立って伸ばしたい足の甲の部分を持ち、膝を曲げます。ももの前の部分の伸びを感じられるようにしっかり伸ばしましょう。

ふくらはぎを伸ばす

伸ばしたい足を一歩後ろに引き、膝を伸ばしてアキレス腱とふくらはぎを伸ばしましょう。かかとをゆっくり床につけていくイメージです。

全体をマッサージする

膝周辺の筋肉を優しくもみほぐすのが良いでしょう。また足湯や湿布などで温めてあげる事も膝の痛み軽減に効果があると言われています。

骨端線を伸ばす運動とは

身長の伸びを気にしているのなら、できるだけ身長を伸ばす運動をしておきたいと考える事でしょう。身長を伸ばす、つまり骨端線を伸ばす事のできる運動とはどのような運動なのでしょうか。

縦方向の運動

骨に対して縦方向に刺激が加わる事で、骨端線にも刺激が加わり、その周辺の血流が促進されます。これによって成長ホルモンも分泌されて身長が伸びると言われています。バスケットボール、バレーボール、ジョギング、縄跳び、鉄棒にぶら下がるなども良いですね。

全身運動

全身の骨端軟骨に刺激を与え、血行促進効果があるという意味では、全身運動の代表である水泳が非常に適しています。

ただし身長を伸ばしたいからと、やりすぎは骨端線を痛めてしまいます。長時間に渡る激しい運動は避け、運動をした後はストレッチで体をほぐし伸ばす事も必要です。

身長を伸ばすストレッチ

背伸びをする

両手を組んで万歳をし、全身を10秒ほど伸ばす。ゆっくり力を抜く。これを3セット繰り返す。

胸のストレッチ

両手を後ろで組んで胸を開くように手を後ろへ伸ばす。これを3セット繰り返す。

背中のストレッチ

四つ這いの状態で床に手をつきます。肘を曲げる事なく手はまっすぐにし、お尻だけかかとにつくくらい後ろにずらしていきます。背中と脇の下の伸びているのを感じたら15秒ほどキープします。これを2回繰り返します。

ももの付け根のストレッチ

骨盤周りのストレッチも兼ねています。左足を前に右足は後ろに引いて立て膝の状態を作ります。後ろにある右足のこうを床につけます。そのまま上半身を動かす事なく左足に体重を乗せていきます。ももの付け根の伸びを感じられたら15秒キープします。反対の足も行います。

ももの前のストレッチ

床に座り両足を伸ばします。左足を伸ばし、右膝は曲げます。そのままゆっくりと両肘を床につけていきます。左もも前の伸びが感じられると思います。できる人はそのまま仰向けになります。15秒ほどキープして反対の足も行います。

アキレス腱のストレッチ

正座の状態から左足だけを立てます。左足の膝に手を置き、全体重を左足にかけます。左足のアキレス腱の伸びを感じましょう。15秒ほどキープして反対の足に変えます。

栄養面でも気を付けましょう

骨を強くする栄養素はカルシウム、骨を伸ばす役割を持つ栄養素はたんぱく質。

骨端線の軟骨細胞に成長ホルモンが働きかける事によって、軟骨細胞の増殖が始まり骨が硬く伸びていきます。この軟骨細胞を増やすための栄養素がたんぱく質です。たんぱく質によって増やした軟骨細胞を、より強く硬い骨にするのがカルシウムです。

1日のうちで眠っている時間以外に成長ホルモンが特に分泌される時間というのは、運動など体を動かして疲労し、空腹になった時です。この時、運動や疲労によって傷ついた筋肉や細胞を再生したり修復するために成長ホルモンが分泌されるわけです。

この空腹時に食べる食事を魚、肉、大豆製品、卵などのたんぱく質と、乳製品や野菜、魚介類などのカルシウムをバランスよくとる事が大切です。普段からファストフードやスナック菓子、コンビニ弁当などに頼っていると、必要な栄養素であるたんぱく質やカルシウムをしっかり補給する事が難しくなってしまいます。身長を伸ばすためには、この空腹時にどれだけバランスの良い食生活を摂ることが出来るかが大切と言えるでしょう。

睡眠も身長の伸びには大切です

眠っている時間以外の成長ホルモンは運動後の空腹時に一番分泌されている事がわかりました。さらに身長を伸ばすために、成長ホルモンを分泌するには睡眠が欠かせません。

成長ホルモンは、眠りについてから2時間くらいまでの一番眠りの深い時に大量に分泌されると言われています。現代の子供達は就寝時間が遅かったり、眠る直前までスマホやゲームをしてたり、塾や習い事で忙しく、規則正しい睡眠の取れていない子供が多くなっています。

一日の体のリズムを整える作用を持つ「メラトニン」と言うホルモンがありますが、これは夜暗くなると分泌されます。このメラトニンは成長期の子供の性成熟度を抑制する働きを持ち、思春期の訪れを遅くすると言われています。身長を伸ばすためには、あまり早く思春期が訪れない方が長く発育が望めるので、このメラトニンというホルモンをしっかり分泌させる事が必要です。

そのため朝は規則正しく同じ時間に目覚め、夜間はしっかりと睡眠をとり、メラトニンを分泌させることで身長を伸ばすだけでなく、子供の心と体の発達に重要な役割を果たすことができます。

まとめ

子供が膝を痛がることは、骨端線が伸びている刺激で痛みが起こっていることがわかりました。成長期にどれだけこの骨端線を増やせるかが、その後の身長の伸びにも関係してくるのですね。全身の運動を行って血流を促進させ、きちんと空腹になったところでたんぱく質やカルシウムを豊富に含んだバランスの良い食事を摂る。そして質の良い眠りをとって「メラトニン」の分泌を促していく。これらのことを積み重ねていくことで、身長の伸びを期待できるのではないでしょうか。

おすすめ記事

ノビルンジャーを使った人の声が知りたい! すぐに商品の詳細が気になる方はこちら
息子の身長に困っていた母親がノビルンジャーをお子さんに飲ませた話です。参考にどうぞ! 1日たった2粒で目安で必要な栄養素の約40%も摂れるので、毎日のご飯にプラスするだけ

子供の身長を伸ばすにはタンパク質の「量」と「種類」にこだわろう!

子供の身長を伸ばすには、タンパク質の「量」と「種類」にこだわろう!

成長期の子供の身長、気になりますよね。もし、「うちの子小さいかも」と感じているなら、まずは食事&摂取すべき栄養素を見直してみましょう。

身長を伸ばすことが目的ならば、積極的にとるべき栄養素はタンパク質です。

そこで今回は、子供の身長を伸ばすために摂るべきタンパク質の「量」と「種類」についてご紹介いたします。

子供の身長はタンパク質で伸びているという事実

一昔前なら、子供の身長を伸ばすために取るべき栄養素はカルシウムと考えられていましたが、実はこれ、根拠のない俗説。つまり間違いなのです。

確かに、カルシウムは骨の健康に大きくかかわっていますので、積極的にとるべき栄養素。ですが、その働きは「骨を丈夫にする事」で、「骨を伸ばす働き」を持っているわけではありません。実は、子どもの身長を伸ばす働きを持っているのはタンパク質なのです。

こう聞くと、多くの方が驚かれます。なにせ、昔から子供の身長を伸ばす=カルシウムと長い間信じられてきたのですから。

骨全体の成分割合で言えば、タンパク質3に対してカルシウムは7と圧倒的にカルシウムの方が多い。ですので、その様に考えるのも無理の無い事です。しかし実際には、3割程度のタンパク質部分が伸びて、そこにカルシウム成分が入り込み骨を強く丈夫にしているというのが骨の成長のメカニズム。つまり、伸びる+丈夫にするという、2つの要素で骨は成り立っているという事なのです。

ですので、子供の身長を伸ばしたいと願うならば、一日に必要な量のタンパク質を確実に摂取する必要があるのです。

子供の身長を伸ばすために/摂るべき一日分のタンパク質の量とは?

子どもの身長を伸ばすためには、案外たくさんのタンパク質を必要とします。具体的な数値は、性別や年齢などの条件によって異なりますので、後程詳しくご説明します。

子供の身長を伸ばすために必要なタンパク質は食事からはとれていない?!

ダイエット思想の定着や偏食傾向にある食事などが原因で、現代社会の日本人の食事において、タンパク質不足が叫ばれています。

ですから、「何を・いつ・どれくらい食べる」などと考え、意識的に摂取しなければ、子供の身長を伸ばすために必要となる量のタンパク質を摂取する事は難しいとされています。

タンパク質の役割は身長を伸ばす以外だけじゃないので不足する?!

成長期の子供には、大人と同じかそれ以上にタンパク質が必要。そんな話を聞いたことはありませんか?

実はこのタンパク質、細かく分けると10万種類以上が私たちの体内に存在し、身長を伸ばす・筋肉・内臓・皮膚・髪の毛・血液など、あらゆる細胞や器官の原料になっているほか、ホルモンの分泌・思考の働きなど、生命を維持する活動などそれらすべてに重要な役割があります。

このように、体の至る場所でタンパク質は必要とされていますので、必要とされる量も必然的に多くなる訳なのです。

身長が伸びないのは、慢性的なタンパク質不足が原因?!

私達の体にとって、それだけ重要で多くの役割を担っているのがタンパク質ですが、もしダイエットや偏食などが原因で必要な量のタンパク質が摂取できなかった場合、体内ではタンパク質不足が引き起こされます。

そうなると、私たちの体は生命を維持する活動を優先し、そのためにタンパク質は消費されます。ですので、よほど極端に不足しない限り生命は維持されるのです。

こういった状態がごくまれに起こる程度なら、さほど大きな問題には発展しませんが、この状態が長く続くと、タンパク質が慢性的に不足した状態を招き、その結果身長が伸びにくくなるという問題を引き起こす場合があるのです。

そうならないためにも、毎日必要な量のタンパク質が摂取できるよう、食事の見直しを行いましょう。

ここからは、食事から必要量のタンパク質を摂取するための具体的な方法を2つご紹介します。いずれも比較的取り組みやすい方法ですので、どちらか一方、あるいは両方を取りいれて、一日に必要な量のタンパク質摂取を実現して下さい。

身長を伸ばすために必要なタンパク質の摂取量とその方法

前述のとおり、タンパク質は身長を伸ばす事以外でも、体にとって必要不可欠の栄養素ですので、毎日必要量を摂取する必要があります。ここでは、必要量と摂取方法についてご紹介いたします。

子供の身長を伸ばすためにタンパク質の摂取割合を変えてみる

理想的なエネルギー産生栄養素バランス
(エネルギー比率とする)
タンパク質:13~20%
脂質:20~30%
炭水化物:50~65%

私達が食事から得ている栄養素は、大きく分けて3種類。炭水化物・タンパク質・脂質といった、いわゆる三大栄養素がこれに該当します。

栄養素をさらに細かく分ければ、これ以外にもいくつもの種類がありますが、ここではタンパク質の一日分の必要割合を把握する事が目的ですので、まずは三大栄養素とその割合でシンプルに捉えてみましょう。

通常ならば、この割合は炭水化物5.0~6.5:タンパク質1.3~2.0:脂質2.0~3.0の範囲内が理想的だとされています。

しかし、成長期の子どもの身長を伸ばすことが目的ならば、炭水化物4.0:タンパク質4.0:・脂質2.0がベストバランスです。もし、子供が肥満気味ならば、タンパク質を5.0まで増やし、その分炭水化物を減らします。まずはこのバランスでの摂取を心がけましょう。

子供の身長を伸ばすために一日に必要な量のタンパク質を確実に摂取する

※厚生労働省『日本人の食事摂取基準(2015年版)』
参考URL:http://www.weider-jp.com/protein/columns/detail/?id=16&category=health

前項でご紹介した、栄養素の割合を変える方法は、食事全体の量には問題がないというのが前提条件となります。しかし、そうでなかった場合には、食べ過ぎや、逆に食事の量自体が少なすぎるなど、食事量自体の問題が回避されないだけでなく、タンパク質の摂取量にも過不足が生じます。

そこでもう一つの指針として、タンパク質の摂取基準量をご紹介します。この表に従い一日分の量を決めて摂取してみましょう。そうすれば、タンパク質の量を基準に、食事全体の量を調整する事も可能になります。

タンパク質の必要摂取量は、年齢・性別・活動量など、条件の違いによって違いがあります。上記表を参考に、一日分のタンパク質の摂取量を求めましょう。

ただし、ここでは、子供の身長を伸ばすといった明確な目的があるわけですから、摂取量の少ない推定平均必要量よりも、摂取量の多い推奨量での摂取を心がけましょう。

たとえば、第二次成長期真っ只中の11歳の男の子の場合、一日に必要なタンパク質の推奨摂取量は50グラム。

これを一日3回の食事で摂取するのです。もし、給食などで20グラム程度摂取出来ているのならば、残りの30グラムを朝と夕飯で摂取しましょう。

たとえば、これを朝と夕飯に分けて摂取する場合

・朝食で納豆と味噌汁を頂くと、納豆約8グラム+味噌汁約3グラム=約11グラムのタンパク質を摂取。
・夕飯で鶏のささみ2本で約20グラム、豚ロース肉100グラムで同じく約20グラムのタンパク質摂取が可能になります。

これで、一日分のタンパク質摂取は完了という事になります。

子供の身長を伸ばすために/どんな種類の食材が良いの?

タンパク質の量が決まったら、今度はどんな食材で摂取するのがより効果的なのかについてご紹介します。

タンパク質を含む食べ物なら何でもOK!と言いたいところなのですが、実はタンパク質を多く含む食材には、脂質を多く含む高カロリー食材がたくさんありますので注意が必要です。

また、一つの食材だけでは偏った摂取となりますので、複数の食材からの摂取が理想的です。ここでは、それら2つにフォーカスをあててご紹介したいと思います。

タンパク質を多く含む食材には、脂肪もたくさん!

食材 タンパク質量(g) 脂質量(g)
牛もも肉 20.7 10.7
豚もも肉 22.1 3.6
鶏むね肉(皮つき) 19.5 17.2
鶏むね肉(皮なし) 24.4 1.9
さけ 22.3 4.1
かつお 25.0 6.2
牛乳 3.3 3.8
豆乳 3.6 2.0
たまご(Mサイズ1個40g) 12.3 10.3
木綿豆腐(1丁:300~350g) 6.6 4.2

参考URL:http://cp.glico.jp/powerpro/protein/entry25/

タンパク質を含む代表的な食べ物には、お肉・魚・卵・チーズ・大豆などがあり、どれをとってもタンパク質の摂取は可能です。しかし、これらの中には脂質を多く含む高カロリーの食べ物が多数存在し、それらを毎日摂取すると肥満につながるといった問題が生じます。

身長を伸ばす食事が健康を害してしまっては意味がありません。そこでおススメなのが脂質の少ない、高タンパク低カロリーの食材です。

具体的には、鶏のささみや皮を外した胸肉・牛や豚ならロースなどの赤身部分。または鮭や水煮のツナ魚などの魚類・大豆製品である納豆や豆乳などがおすすめです。

身長を伸ばすのはアルギニンとグリシン

タンパク質は体内で分解され、アミノ酸に変わります。そのアミノ酸は全部で20種類あり、それぞれが体内において重要な役割を持っています。それら20種類のアミノ酸の中でも、身長を伸ばすのに特に貢献してくれるのが、アルギニンとグリシンというアミノ酸です。

アルギニンは成長ホルモンを活性化させて子供の身長を伸ばします

寝る子は育つという言葉がありますが、これは医学的に証明された事実です。この「育つ」の中には筋肉が作られる・疲労や病気から回復する・記憶を定着させるなど、いろいろな意味が含まれていますが、その中には「身長が伸びる」も含まれています。

子供の身長は主に眠っている間に伸びています。これは、食事で摂取したタンパク質を原料として成長するわけなのですが、そのスイッチを入れるのが成長ホルモンの役割です。

眠っている間に脳から分泌される成長ホルモンは、骨や筋肉に対して成長の指令を出します。それをうけて、体は成長し身長も伸びているということなのです。

つまり、食事で積極的にアルギニンを摂取すれば、脳下垂体の働きが活性化する=成長ホルモンの分泌も活性化するという連鎖反応が起こる訳なのです。

そのためには、アルギニンを多く含む大豆製品・鶏の胸肉・ナッツ・ゴマ・エビなどの食材を積極的に摂取しましょう。

動物性タンパク質に含まれるグリシンは骨の主要成分と認識しましょう

グリシンは、骨の主要成分で全体の30パーセントを占めている、まさに身長を伸ばすためのアミノ酸といっても過言ではありません。

肉・魚・卵などの動物性タンパク質に多く含まれていますので、比較的摂取しやすいアミノ酸だと言えます。

しかし残念ながら、植物性のタンパク質には含まれていませんので、ダイエットなどの理由で、タンパク質は植物性から摂取すると決めてしまっている場合、グリシンの摂取は困難になります。

複数の食材をローテーションしましょう

前述のとおり、

◆食事で摂取したタンパク質は、体内で分解されアミノ酸に変化する。
◆アミノ酸は20種類存在し、それぞれに異なる役割を担っている。
◆20種類の内、どのアミノ酸に変わるのかは、摂取した食材によって決まる。
と、このようになっています。

ですので、決まった食材ばかりを摂取していたのでは、体内でのアミノ酸バランスが崩れてしまい、健康面に問題が生じます。

身長は伸ばしたい!健康も保ちつつ・・・と、それを実現するためには、多くのタンパク質食材をローテーションしながら摂取する事をおススメします。そうすれば、20種類のアミノ酸をバランスよく体内に摂取する事が可能になります。

タンパク質の摂取量が多すぎた場合のリスクとは?

このように、子供の身長を伸ばすうえで、タンパク質は必要不可欠な栄養素。ですので、必要量を毎日しっかりと摂取しましょう。

ただし、タンパク質の過剰摂取には、内臓疲労を招く・肥満の原因となる・腸内環境の乱れを招くなど、健康問題を引き起こす可能性が含まれています。

ですので、いくら身長を伸ばしたいからと言って、過剰に摂取する事は避け、毎日必要量のタンパク質を確実に摂取するのが一番です。

子供の身長を伸ばすためにはタンパク質不足を回避しましょう。

子どもの身長を伸ばすために必要となる「タンパク質の量」と「種類」についてご紹介してまいりました。

子どもの身長を伸ばす原料となるのは「タンパク質」。そして、それ以外にもあらゆる生命活動に必要とされるのもタンパク質です。

子どもの身長を伸ばすためには、体内におけるタンパク質不足を引き起こさないために、必要な量のタンパク質を毎日の食事で摂取する事が最も大切です。

そのためには、摂取するタンパク質の「量」と「種類」にこだわりつつ、バランスのとれた食事を心がけましょう。

おすすめ記事

ノビルンジャーを使った人の声が知りたい! すぐに商品の詳細が気になる方はこちら
息子の身長に困っていた母親がノビルンジャーをお子さんに飲ませた話です。参考にどうぞ! 1日たった2粒で目安で必要な栄養素の約40%も摂れるので、毎日のご飯にプラスするだけ

牛乳を飲むと身長が伸びるのはホント?ただのウワサ?

牛乳を飲むと身長が伸びるということは昔から言われています。

カルシウムが豊富だから背が伸びるとか、完全食品だから成長にいいとか、まことしやかに牛乳に対する神話がまかり通っています。

果たして牛乳を飲めば本当に身長が伸びるのでしょうか。牛乳と身長の関係について調べてみます。

牛乳だけ飲んでも身長は伸びない。

結論から言いますと、牛乳を飲めば身長が伸びるというのはウソです。

牛乳は身長を伸ばす魔法の飲み物ではありません。牛乳を飲んで身長が伸びるのであればこの世の中に背が低くて悩んでいる人はいません。

もちろん牛乳の栄養価が身長の伸びに関係ない訳ではなく、牛乳で背が伸びたという人もいますが、牛乳だけで身長が伸びるわけではありません。

もしお子様が牛乳嫌いでお悩みでしたら無理して牛乳を飲ませる必要はありません。牛乳から採れる栄養素はヨーグルトやチーズからでも採れます。

無理強いして牛乳嫌いにしてしまうよりは別のルートを探して見ましょう。

牛乳で身長が伸びるという神話はどこから?

骨=カルシウム、という説がまことしやかにささやかれており、カルシウム=牛乳というイメージが一緒になって、「牛乳を飲むと身長が伸びる」という伝説になったのだと思われます。

また、硬いもの=カルシウムというイメージを持っている人が多く、爪もカルシウムでできていると思っている人も多いですが、爪は皮膚が変化したものなので、実はケラチンというタンパク質でできています。

骨を作るのにもちろんカルシウムは必要ですが、カルシウムは骨を作るというよりも骨を強くする成分です。骨の芯を作っているのはタンパク質です。

鉄筋コンクリートに例えると、屋台骨となる鉄筋がタンパク質、鉄筋を囲むようにくるんで補強するセメントがカルシウムなのです。

牛乳が身長に与える効果の調査

やはり牛乳は身長を伸ばすのに効果があるという調査結果

一方で、ある調査では牛乳を飲んだ方が身長が伸びるという結果も出ています。

一般社団法人Jミルクによれば「牛乳摂取が学童の体格に与える影響」という発表の中で以下のような調査結果が出ています。

「牛乳摂取の期間:小学4年生から中学1年生の3年間

A群(調査対象=82人…男40人、女42人):1日当たりの牛乳摂取量500ml未満
B群(調査対象=10人…男7人、女3人):1日当たりの牛乳摂取量500ml以上

今回の我々の検討でも、牛乳摂取量が多いB群で少ないA群に比べて有意に3年間の身長の伸びが大きく(2.5cm)、肥満度については有意差は認められないがB群でより減少する傾向があることが分かった(-3%)。しかし、身長の伸びに大きな影響を及ぼす性成熟度や、両親の身長など今回は調査が行われておらず、牛乳の影響のみかどうかは今後の検討を待たねばならない。ただし、肥満度の上昇と牛乳摂取量との関連性はなく、肥満の憎悪因子とはなっていないと考えられた。」

※一般社団法人Jミルク MILK通信II ほわいと(2000年夏号より)より引用
※http://www.j-milk.jp/kenko/seicho/8d863s000000qdtg.html

この調査から、牛乳を三年間、500ml以上飲んだグループは500ml未満しか飲まなかったグループより2.5cm身長の伸びが大きかったということが読み取れます。

牛乳は飲まないよりも飲んだ方が身長の伸びに効果を与えるということが言えそうです。

ただ、調査対象人数が82:10の割合であったり、小学校4年生から中学1年生の期間であり成長度合いにとても個人差の大きい時期であったり、両親の身長などは加味されていないことも含んで読んだ方が良いでしょう。

牛乳は貴重なカルシウム源であることにかわりはありません。

成長期に問題になってくるのがやはりカルシウム不足です。骨の量は男女とも20代でピークを迎えますが、それまでにいかに骨を育てられるかで骨の健康状態が決まってしまいます。

女子栄養大学 給食・栄養管理研究室 栄養学部実践栄養学科教授 石田裕美氏は学校給食で出る牛乳から採れるカルシウムの重要性を次のように述べています。

「仮に牛乳が提供されなかったらどうなるか。協力家庭を募り、毎日の食事の栄養を細かく計算した調査を行いました(下記図表参照)。推定平均必要量(EAR)に満たない子どもは、牛乳からのカルシウムを含む場合は25.5%なのに対して、含まない場合は67.0%。この結果だけを見ても、学校給食で牛乳を提供することは非常に重要です」。

※一般社団法人Jミルク 学校給食フォーラム「今こそ考えよう!子ども達の食と学校給食の役割」レポートより引用
※http://www.j-milk.jp/tool/chousa/hokokusho/berohe000000jr7o.html

10代、つまり小中学校の給食ではほぼ毎日のように牛乳が出ますが、給食がなくなる中学校卒業以降は牛乳の摂取量が激減します。

小中学校入学前のお子さんには意識的に牛乳を飲ませてあげるとよいでしょう。また、高校生になって学校給食が終わったお子さんも意識的に牛乳の摂取を心がけるとカルシウム不足を防ぐことができます。

身長を伸ばすのに有効な5大栄養素。

身長を伸ばすのには骨の基礎を作るタンパク質が必須ですが、牛乳と同じようにタンパク質だけ採っても身長が伸びるわけではありません。

身長を伸ばすのに必要と言われている栄養素をご紹介していきます。

タンパク質

人間の体の半分を構成する栄養素です。骨の成長だけでなく、皮膚や歯など細胞のもとになる栄養素です。動物性タンパク質と植物性タンパク質の二種類があります。

動物性タンパク質は必須アミノ酸を含んでいますが採り過ぎると脂肪も採り過ぎになってしまいます。植物性タンパク質だけに頼ってもアミノ酸不足になりますので、どちらもバランスよく摂取することが必要です。

カルシウム

骨を強くするための栄養素です。タンパク質の土台の上にくっついて丈夫で硬い骨にする栄養素です。

アミノ酸

タンパク質の一種です。タンパク質はアミノ酸の集合体ですが、体内でアミノ酸に分解されてから吸収されるので、アミノ酸を採った方が効率的に体内に吸収できます。

特にアルギニンは身長を伸ばすのに欠かせないアミノ酸です。

亜鉛

タンパク質の合成をしてくれる栄養素です。骨の成長には大切な栄養素とされています。

マグネシウム

カルシウムの吸収に役立つ栄養素です。カルシウム2に対してマグネシウム1の割合で採るのが理想とされています。

身長を伸ばすために食べたい食品

タンパク質やカルシウムをむやみに食べても身長がグングン伸びるわけではありませんが、必要な栄養素が足りなければ身長は伸びません。

毎日食事をしなければならないのですから、どうせならできるだけ身長の伸びを助ける食べものを食べさせてあげるのが親の心意気ではないでしょうか。

身長を伸ばすのに必要な栄養素を持っている食材をご紹介します。

動物性タンパク質

牛肉、鶏肉、豚肉全般。マグロ、カツオ、エビ、アジなどの魚介類。牛乳、チーズなどの乳製品。

植物性タンパク質

大豆、とうふ、納豆などの豆類。

カルシウム

牛乳、プロセスチーズ、パルメザンチーズなどの乳製品。煮干し、しらす、ちりめんじゃこなどの魚介類。ゴマ、アーモンド、カシューナッツなどのナッツ類。

アミノ酸

牛肉、鶏肉、豚肉全般。魚介類、豆類など。

タンパク質を豊富に含む食材とほぼ同じです。アルギニンは豚ゼラチンに多く含まれているので、豚の角煮などがおすすめです。

亜鉛

牡蠣、レバー、納豆、ゴマ、ピーナッツなど。

マグネシウム

わかめ、ひじき、昆布、海苔などの海藻類。

カシューナッツ、アーモンド、ピーナッツなどのナッツ類。ちなみにナッツ類はカロリーが高く、また塩分を利かせているものも多いので食べ過ぎには注意してください。

こうしてみると牛乳は身長を伸ばす栄養素を豊富に含んでいることが解りますね。

身長を伸ばす成長ホルモン

栄養素の摂取も身長を伸ばすのに重要なファクターですが、子供の身長を伸ばすのに重要なのが成長ホルモンです。

成長ホルモンは体を成長させる作用とタンパク質を合成する作用があります。また、成長ホルモンは深くて質の良い睡眠をとっている時にたっぷり分泌されます。

昔から「寝る子は育つ」とよく言いますが、実際に成長ホルモンが分泌されることですくすくと育つわけです。

結局身長を伸ばすのに大切なことは3つだけ!

身長を伸ばすのに、またお子さんをすくすく元気に成長させることに親は心を砕くわけですが、実は身長を伸ばすのに必要なことは3つだけです。

それは、

1.バランスの良い食事
2.よく寝て早寝早起き
3.適度な運動

この3つです。

1のバランスの良い食事は上でご紹介したとおりです。ここでは2のよく寝て早寝早起きについてご紹介します。

よく眠るのは成長ホルモンを分泌させるのに重要なことです。そして暗くなると「メラトニン」という物質が分泌されます。

メラトニンには睡眠導入効果があるので、暗くなったら暗くして早寝する方がスムーズに睡眠をとれます。このメラトニンの元となるものが「セロトニン」です。セロトニンは精神を安定させる物質で、幸せホルモンとも呼ばれる物質です。

このセロトニンは朝から日光に当たると増えると言われています。

簡単に言うと、暗くなる→早寝する→メラトニンが出る→よく眠れる→成長ホルモンばっちり分泌される→朝になる→早起きして日光を浴びる→セロトニンが出る→メラトニンが作られる→よく眠れる、という感じの循環になります。

ですから早寝早起きは健康のためににいいわけです。昔から言われていることにはやはり根拠があるのですね。

ちなみにセロトニンの元となるのは「アミノ酸」です。ここでもやはりアミノ酸がいかに成長に必要なものかがわかりますね。

次に3の適度な運動についてご説明します。そもそも運動そのものが成長ホルモンの分泌を促しますが、運動することによって体が疲れ、寝つきもよくなります。

当然運動することでおなかも空きますので食欲も出ることになります。また運動することで骨に刺激を与えることになり、骨の成長を助ける役割があります。

この3つは子供にとっては当たり前のことのように見えますが、実際には子供に食べものの好き嫌いがあったり、テレビやyoutubeに夢中になって夜更かししたり、ゲーム好きな子は外に出て体を使って遊ぶことよりも3DSに夢中だったりします。

子供は客観的に自分を見る力がまだ発達の途中なので、親がきちんと気をつけて導いてあげることが重要になります。

牛乳は成長に役立つ食材ですが、必要なのは生活のバランス!

身長を伸ばすのに牛乳は大切な栄養素を持つ食材ですが、牛乳だけで身長が伸びるわけではありません。

ごはん、運動、睡眠の3つをバランスよくとることが大切です。もちろん愛情を注ぐのもお忘れなく。

おすすめ記事

ノビルンジャーを使った人の声が知りたい! すぐに商品の詳細が気になる方はこちら
息子の身長に困っていた母親がノビルンジャーをお子さんに飲ませた話です。参考にどうぞ! 1日たった2粒で目安で必要な栄養素の約40%も摂れるので、毎日のご飯にプラスするだけ

小学生の成長を確認するのに便利な成長曲線の使い方と読み取り方

小学生の成長を確認するのに成長曲線を使うとわかりやすい

小学生を含む子どもの成長を測る基準として、成長曲線という基準があります。

成長曲線を見れば、子どもの身長が平均的なのか、それとも低めなのかわかるというのはご存知ですか?もしそれを知っていても、成長曲線の読み取り方を知らないという方は多いかもしれませんね。

成長曲線とは何なのか、そしてそれをどう読み取って成長期の子どもの身長や成長に異常が無いか確かめるべきなのか、その方法についてまとめてみました。

小学生の平均身長と成長曲線の作り方

成長曲線は、小学生だけではなく、成長期の子どもたちに当てはまるように幅広い年齢に合わせて作られています。

特に1年に何cmも身長が伸びる子どもも居るような著しい成長期を迎える小学生においては、この成長曲線は子どもたちひとりひとりの成長を測るうえでとても重要な意味を持っています。

まずは、小学生の成長曲線を知るために、小学生それぞれの年齢における平均身長から確認していきましょう。今回は小学校入学の6歳から、6年生にあたる11歳までの1歳区切りで紹介していきます。

小学生男児の平均身長

6歳:116.5cm
7歳:122.5cm
8歳:128.1cm
9歳:133.6cm
10歳:138.8cm
11歳:145.2cm

小学生女児の平均身長

6歳:115.6cm
7歳:121.5cm
8歳:127.2cm
9歳:133.4cm
10歳:140.2cm
11歳:146.8cm

成長曲線グラフは平均身長データを基に折れ線グラフで簡単に描くことができる

以上のデータをもとに、横軸を年齢、縦軸を身長として縦に伸びるグラフを作成すると、小学生の成長曲線を描くことができます。

6歳の頂点と7歳の頂点を横線で引き、7歳の頂点と8歳の頂点を引き…という風に11歳まで続けてグラフを作成してみましょう。実際のグラフは1か月刻みのデータを使っているのでゆるやかな曲線状になるのですが、今回は簡易的なグラフなので、角ばったおおよその基準となる直線状のグラフになります。まずは手書きやExcelなどで自宅で作成してみてください。

ここで出来上がった小学生における成長曲線よりも子どもの身長が低いのであれば平均身長未満、高いのであれば平均身長以上であるということが、視覚的にすぐわかるようなグラフになっています。

成長曲線に子供の身長を書き入れて比較すると、子どもの成長の様子が視覚的にわかる

上で作成した小学生の成長曲線を描いたグラフに、子どもの身長を毎年書き入れるようにしてみましょう。そうすると、より一層平均身長と子どもの成長の様子が視覚的にわかりやすくなってきます。

ほとんど成長曲線と変わらないか、成長曲線を上回ったり下回ったりを繰り返してほぼ平均値を描いている程度ならおおよそ問題ないでしょう。

ただ、この成長曲線を見比べた結果、何年も連続で身長が伸び悩んでいることがわかったり、毎年平均身長を大きく下回ったりしているようだと、子どもの成長に問題がある可能性があるのです。

成長曲線を比較して結果が良くなかったときは標準偏差を使って低身長チェックができる

上で作成した比較グラフの結果が思わしくなかった場合は、標準偏差というものを使って数値的に平均値と比べることで、まずは自宅で簡単に低身長でないかどうかをチェックすることができます。

標準偏差の公式=SDスコア

(現在の身長-平均身長)×XSD (X=標準偏差)

上の公式のXの部分に標準偏差(SD)という数値を当てはめて計算します。

標準偏差は平均値からのばらつきの大きさ、つまり分布の幅をあらわす数値のことで、この数値を計算することで子供の身長が同じ年齢の子どもと比べてどれくらい低いのかを、平均値から標準偏差の何倍離れているかによってあらわすことができます。

小学生男児における標準偏差の数値

6歳:4.91
7歳:5.08
8歳:5.36
9歳:5.67
10歳:6.21
11歳:7.06

小学生女児における標準偏差の数値

6歳:4.88
7歳:5.09
8歳:5.46
9歳:6.05
10歳:6.79
11歳:6.66

標準偏差の計算で-2SD以下なら低身長の疑いがあるが、伸び率によっては-1.5SDに判断値を下げる必要があります

SDスコアが-2SDより低い身長の人は全体の2.3%にあたり、いわゆる低身長と呼ばれる扱いになります。この標準偏差の計算の結果、-2SD以下ならば即低身長の疑いが強いという事になります。

また、小学生の成長曲線と子どもの成長を描いた折れ線グラフを見比べた結果、ここ2~3年での伸び率が平均未満であれば、標準偏差の低身長と判断する値を-1.5SDに引き下げてチェックしなければならない可能性が出てきます。

小学生の時期は人生の中でも大きく身長が伸びる、成長期でも重要な時期のはずなのに、この時期に身長の伸び方が数年続けて良くなく、またその身長が平均身長以下だとすると、子どもの成長を考えるうえであまり良くない状況だと考えるべきでしょう。

成長曲線は子どもたちひとりひとりの成長が適正かどうかを確認するのに有効な手段となります

子どもの身長に悩んでしまう親にとって、この成長曲線の存在というものはどうしても気になってしまうものです。そもそも、子どもの成長を測るうえで成長曲線はなぜ必要なのでしょうか。

身長や体重をはじめとした体の発達は、乳児の頃が一番大きく、その次に大きいのが思春期、つまり男児では10歳から17歳ごろ、女児で8歳から15歳ごろです。この目安はあくまでも平均的なもので、成長は個人によって差があるので、成長曲線は子どもたちひとりひとりの成長が適正かどうかを判断するために使われるものです。

特に背が高くなることは、成長の段階で本人にとっても親にとっても嬉しいものです。しかし、身長が急に伸びすぎてしまうのはその後突然成長が止まってしまう「成長異常」という状態を示している場合もあるのです。

身長が伸びたからといって一概に喜ぶのではなく、その伸び方が成長曲線に合っている事や、その後の成長が急激に悪くなったりしていないかを成長曲線と照らし合わせて確認する必要があるのです。ある時点のみでの身長の測定値だけで成長を判断してしまうと、低身長や成長の不適正による病気を見落としてしまう可能性すら考えられます。

成長曲線とそれに照らし合わせた子どもの成長グラフを描くことには、2つの意味があります。

成長曲線による成長状態の確認は、成長異常の早期発見や早期治療に有効

まず1つ目は成長異常の早期発見や、早期治療につなげることができるということです。

成長異常は、成長ホルモンや甲状腺ホルモン、または脳腫瘍などの病気が原因となり、その原因を早期に見つけてあげることで適正な対処をすることができます。発見が早いほど、病気の進行を防ぎ、子どもの身長の悩みも解消される可能性が上がります。

成長曲線による成長状態の確認をすることで、これまでの子供の適正な成長の確認が出来る

2つ目は、成長グラフを描いた時点までの子どもの成長が適正であるということの確認ができるということです。

これはあくまでもその時点までのことにすぎませんが、少なくともその時点までの子供の成長が平均値からはかけ離れておらず、正しく成長しているという判断の基準とすることができ、身長に関する悩みを解消することが可能です。

子どもが最も成長する時期は10歳から13歳ごろです

子どもの成長の過程の中では、個人差はあるものの時期によって勢いよく身長が伸びる時期が存在します。

子どもの成長過程は、4歳ごろまでの乳児期、前思春期、思春期の3段階に分けることができます。思春期とは、男児で12歳ごろ以降、女児で10歳ごろ以降のことを指します。

乳児期、前思春期、思春期では、成長に関わる要因が異なります。乳児期は栄養状態によるもの、前思春期は成長ホルモンによるもの、思春期は性ホルモンによるものと言われています。

つまり、小学生の成長においては、男児では成長ホルモン、女児でも4年生までは成長ホルモン、5年生・6年生ごろでは性ホルモンが大きく影響すると考えられています。

小学生から中学生になるまでの男女の平均身長を比較すると、この成長の過程を数値的に確認する事が可能です。小4までは男女に大きな差は無く、小5から小6では女子の方が大きくなり、中学1年でまたほとんど差は無くなります。特に男子は中2から成長のピークが訪れると言われ、その後高校3年までに約20cm伸び、女子は同じ期間で6cmのみの伸びとなります。

男児と女児では成長のピークや伸びるタイミングが違うので、成長曲線を使用することで、子どもの性別に合った身長の確認をしてあげる必要があるのです。

ちなみに、子どもの成長のピークは、男児で12~13歳、女児は10~13歳です。成長に心配がある場合、特にこの期間の伸びが悪くないかどうかを確認する必要もありそうです。

成長曲線と標準偏差の結果が良くない場合は早めに医療機関に相談しましょう

小学生の成長曲線と子どもの身長を比較したグラフと、現在の身長を使った標準偏差を算出して、どちらも良くない結果が出てしまった場合、子どもが低身長に関わる何らかの病気を持っている可能性があります。

しかし、これはあくまでも「可能性」のお話です。本当に子どもが低身長かどうなのかを判断すること、そしてその後医学的に対処していくためには、しっかりと医療機関で診断を受けて必要があれば治療をしていく必要があります。

小学生の段階で成長曲線を使った低身長チェックをする必要があるのは、もしも低身長だった場合は早めの治療を行うことで正常に身長を伸ばすことができる可能性が上がるからです。病気が原因の低身長を放置したまま大人になってしまうと、伸びる可能性があった身長も伸びなくなってしまいます。

小学生の段階で見つかる低身長の多くが、成長ホルモンを使って治療を行うものになります。この治療は成長期が終わってしまうと慎重に働きかけることができず、他の治療であっても身長を伸ばすことはほとんどできないと言われているので、小学生のうちに成長曲線と標準偏差を使って早い段階で低身長を発見してあげることがとても重要です。

もしも低身長が見つかった場合、成長期だからできる治療がたくさんあります。補助金などの制度もあるので、成長曲線と標準偏差の結果が良くなかった場合は、放置して悩まずに早めに医療機関に相談しましょう。子どものその後の成長の為にも、少しでも早い段階で治療を始めることが重要です。

成長曲線と標準偏差チェックに異常は無くても身長の伸びが気になるときは成長を見守り、食事や運動などの基本を見直しましょう

成長曲線のチェックで基準線に沿って子どもの身長が伸びていて下限を下回っておらず、標準偏差チェックでも-2SD以上をクリアしている場合、多くの場合で低身長症などの病気を伴うものではなく、個人差によるものだと考えられます。

小学生の特に前思春期の段階においては、身長は個人差が特に大きいじきでもあります。上記のチェックでとくに問題が無ければ、落ち着いてその後の成長を見守ってあげましょう。

もちろん、成長ホルモンを促すための早寝早起きをして、3食しっかりとした食事のリズムと質を保ち、適度に運動をするという、成長の基本を守ることはどんな子どもに対しても大切なことです。

成長曲線を子どもの成長と参照して確認することで、低身長の早期発見と子どもの適正な成長の確認に役立てましょう

小学生の成長曲線は、標準偏差と一緒に確認する事で、自宅でも正確かつ簡単に低身長の診断ができます。この方法を知っておくことで、低身長の早期発見と子どもの成長が適正かどうかの確認に役立てましょう。

平均身長と標準偏差は、文部科学省から毎年新しいでーたが発表されます。1~2年で大きく変化することはまずありませんが、新しいデータをチェックしながら子どもの成長と照らし合わせると安心ですね。ぜひお子さんの成長の確認に役立ててみてください。

おすすめ記事

ノビルンジャーを使った人の声が知りたい! すぐに商品の詳細が気になる方はこちら
息子の身長に困っていた母親がノビルンジャーをお子さんに飲ませた話です。参考にどうぞ! 1日たった2粒で目安で必要な栄養素の約40%も摂れるので、毎日のご飯にプラスするだけ

日本の子供の平均身長が伸びているってホント?食生活の欧米化が鍵を握る!

子供の身長を伸ばすためには?日本の子供の平均身長が伸びた理由に注目

子供は日々心身ともに成長していきますが、できる限りのサポートをしたいと思うのが親心ですよね。子供の身長について考えたとき、遺伝だから…と思って、あきらめてはいませんか?

実は、身長が伸びるかどうかは、遺伝的要因よりも環境的な要因が大きいことがわかっています。子供に環境的な要因を与えられるのは、他のだれでもない親ですよね。

日本人の平均身長は、欧米諸国に比べるとまだ低いと言えます。でも、日本の子供たちの平均身長は、戦後から約50年間伸び続けた!という、驚くべき調査結果が出ているのです。

なぜ、日本の子供の平均身長が伸びたのか?その理由を探ってみました。これから子供の身長を伸ばしたい!と思う人のための、ヒントになればと思います。

日本人の子供の平均身長の推移・戦後からこんなにも伸びている!

日本人の子供の身長が伸びている!というのは、ただの噂ではなく、総務省の統計データの数字からも明らかです。戦後1950年から2000年までの50年間で、子供の平均身長は5歳男子で6.3cm、10歳男子で12㎝、15歳男子で13.8cmも伸びています。

男子
5歳 10歳 15歳
1950年 104.4 127.1 154.8
1955年 106.0 129.6 158.5
1960年 107.4 131.6 161.2
1965年 108.7 133.6 163.6
1970年 109.6 135.3 164.3
1975年 109.7 136.4 166.1
1980年 110.3 137.3 167.0
1985年 110.6 137.7 167.5
1990年 110.9 138.6 167.9
1995年 111.0 138.9 168.5
2000年 110.7 139.1 168.6
2005年 110.7 139.0 168.4
2010年 110.7 138.8 168.2
2015年 110.4 138.9 168.3

参考URL:総務省統計局

一方で、2000年以降は、どの年齢においても、身長が伸び悩んでいることがわかります。これらの統計から考えられることは、その年代による食生活や環境の変化などが、子供の身長の伸びに、大きくかかわっているということです。

日本人の子供の平均身長が伸びている理由は?食の欧米化が影響していた!

では、どうして日本の子供の身長は戦後から約50年の間、伸び続けたのでしょうか?戦後の日本は、欧米文化の影響を大きく受け、日本の若者は欧米ファッションや欧米音楽に憧れました。そして、欧米の食文化は、あっという間に日本人の食生活に溶け込んでいったのです。

米や野菜や魚が中心だった日本の食文化は一転して、日本人はパンや肉、チーズなどの乳製品を多く摂取するようになりました。この食生活の変化こそが、日本の子供の平均身長を伸ばした大きな理由だと考えられます。

なぜなら、肉や乳製品に含まれる動物性タンパク質は、子供の身長を伸ばすために必要な栄養を、たくさん含んでいるからです。

食の欧米化については、肥満などの問題も深刻なので、賛否両論あると思います。でも、身長に焦点を当ててみると、日本人の子供の平均身長は、食の欧米化によってプラスに作用したことは間違いないでしょう。

栄養と運動のバランス・子供の身長を伸ばすために

では、動物性タンパク質さえ充分に取っていれば、身長は伸びるのか?というと、そうとは言えません。戦後、伸び続けていた日本人の子供の平均身長は、2000年以降ずっと伸び悩んでいます。この理由として考えられるのが、運動量の減少です。

時代の流れとともに、子供はゲームなど室内で遊ぶことが多くなり、現在ではコンピューターやi-Pad、スマホなどに夢中になる子供が増えています。同時に、中毒性のあるものですから、運動不足だけでなく睡眠不足になる子供もいるでしょう。

そのため、栄養的には身長が伸びる要素を持っているのに、運動不足や睡眠不足により、身長が伸び悩んでいる...と、考えられます。このことからも、栄養だけでなく、適度な運動や充分な睡眠も、子供の身長を伸ばすためには大切な要素と言えるでしょう。

身長を伸ばすために必要な栄養素・動物性タンパク質の摂取

私たちが毎日摂取している食べ物には、さまざまな栄養素が含まれています。その中でも、もっとも大切なのが『三大栄養素』と呼ばれるタンパク質、炭水化物、脂質です。

そして、子供の成長に欠かせない栄養素がタンパク質。体の組織を作る上で、大事な役割を果たします。また、タンパク質には2種類あることをご存じでしょうか?肉や魚、乳製品、卵などの動物性タンバク質と、大豆などの植物性タンバク質があります。

身長を伸ばすために積極的に摂取したいのは、動物性タンパク質です。昔から肉やチーズをよく食べてきた欧米人。身長が高いのもなるほど!とうなずけますよね。

子供たちの好きなチーズバーガーも、実は動物性タンバク質がたくさん含まれているのです。ただし、過剰摂取は肥満の原因にもなりますので、バランスが必要になってきます。

チーズは子供の身長を伸ばすための栄養素がいっぱい!

世界的に見て平均身長が高い欧米人は、チーズをよく食べることでも知られています。でも、実際に食べる量を見たら、日本人は驚くでしょう。たとえばイタリア人は、生ハムとチーズ、ワインとチーズ、ピザやパスタにもチーズ、デザートにチーズというように、1日にかなりの量のチーズを食べます。

そう考えると、チーズが欧米人の身長の高さと深く関係していることも、想像がつきますよね。チーズには、動物性タンパク質の他に、カルシウムも多く含まれています。

日本でカルシウムと言えば、まっさきに思い浮かぶのが牛乳です。昔から、牛乳をたくさん飲むと背が伸びる!と言われて育った人も多いはず。

でも、チーズにはなんと!牛乳の10倍ものカルシウムが凝縮されているのです。さらに吸収率もよいのがポイント。これからは子供に、牛乳飲みなさい!ではなく、チーズ食べなさい!と言うべきかもしれませんね。

食生活を見直そう!子供の身長を伸ばすためにできること

日本の子供の身長が、戦後からグングン伸びてきた背景には、食生活の欧米化が大きく影響していたことがわかりましたね。親が子供の身長を伸ばすためにできることとしては、食生活の見直しです。動物性タンパク質を多く含んだ肉・魚・卵や乳製品をバランスよく取りましょう。

そして、適度な運動と充分な睡眠が取れる環境作りも大切です。遺伝だからとあきらめずに、子供の身長を伸ばすために、できる限りのサポート体制を整えましょう!

おすすめ記事

ノビルンジャーを使った人の声が知りたい! すぐに商品の詳細が気になる方はこちら
息子の身長に困っていた母親がノビルンジャーをお子さんに飲ませた話です。参考にどうぞ! 1日たった2粒で目安で必要な栄養素の約40%も摂れるので、毎日のご飯にプラスするだけ

子どもの身長は遺伝だけでは決まらない?!

「子どもの身長は遺伝だけで決まってしまうの?」両親ともに、あるいはどちらか一方の身長が低い場合、このテーマ気になりますよね。実は、子供の身長は遺伝だけでは決まる訳ではありません。生まれた後の生活スタイルが大きく影響しているのです。

「子供にはすくすくと育って欲しい。」これが子を思う親の切なる願いですよね。その「すくすく」の中に含まれる「子供の身長」、これも一つのテーマとなります。

両親とも、あるいは両親のどちらかが身長が低い場合、それが子供に遺伝するのかと気になります。ここでは、それに対する答えとして、身近にある具体的なケースの観察結果・専門家の意見・子供の将来の身長予測・子供の身長を伸ばすために親がすべきことなどについてご紹介いたします。

周囲から聞こえてくる子育て情報には、不確かな「俗説」が紛れ込んでいます

うちの子小さいかも。そんな風に不安を感じている時、「うちの子身長がなかなか伸びないの。私も夫も身長が低いからかな?」ふと聞こえるこんな会話が気になった事はありませんか?

特に、そこで語られている条件が自分たち両親にも当てはまっている場合、「うちもそうかも」なんて考え、不安が強くなってしまいますよね。

逆に、「両親二人とも身長が低いのだけれど、子供は身長が高くなったの。不思議よね」と、こんなケースを知って驚いたり、希望を感じた事ありませんか?

このように、子供の身長を気にしている親には、周囲の会話が気になり、本当のところはどうなのだろう?と、真実を知りたくなるものです。

実は、子育てに関する情報の中には、根拠のない俗説が多く紛れ込んでいるのです。「すべてが嘘」という訳ではないのですが、疑わしい情報があるのも事実。

「昔から言われているから」とか、「だれでも知っている事だから」と、信じて疑わない人が案外多く、それが広く語り継がれているのです。

では、今回の親の身長は子供に遺伝するという説は「根拠のない俗説」なのか、あるいは「真実に基づいた真説」なのでしょうか?

身近なケースでは親子の身長の関連性は以外と少なかった

まずは最も身近なケースである私自身の環境を観察してみました。

私の父は男性にしては身長が低い方で、本人曰く身長165cm。昔からそう聞かされていましたが、どう見てももっと低いはず。なにせ、身長158cmの母と並んでもほとんど違いがないのですから。

そんな両親から、三姉妹の末っ子として生まれた私。私達姉妹は、顔はよく似ているのですが、身長はそれぞれバラバラです。

母と全く同じ身長で158cmの長女、母よりもわずかに小さい157cmの私。そして注目すべきは次女で、165cmと突出して身長が高く、私との差は実に8cmと大きな違いがあります。

次に夫のケースなのですが、不思議とここでも同じ事がおきているのです。夫の両親の身長は、172cmと昔にしては高身長の義父、148cmとかなり小さめの義母。その両親から生まれた夫は177cmと高身長と言っても良いレベルまで伸びています。ちなみに義兄は172cmと義父さんと同じ身長なのだとか。

もう一つ興味深いケースをご紹介します。

両親ともに身長165cm。父親は男性としてはやや身長が低く、母親は身長が高い。この両親から生まれた3人兄弟。長男の身長は172cm、次男は169cmといずれも父親よりも身長が高くなりました。なのに長女は150cmと小柄な女の子です。

これ以外にも、親の身長を子供が超えているケースは、私の身近では少なくありません。逆に、親の身長が高くても、子供の身長は平均的、あるいは身長が低いなんてケースも少なからず見受けられます。

子供の身長は遺伝だけとは限らない

このように、両親のどちらかと全く同じ身長のケースを見れば影響を受けていると感じますし、両親よりもはるかに高身長になった、あるいは逆のケースを見ると、遺伝は関係していない?と思えます。

いったいどっちが正解なのでしょうか?

子どもの身長を決めるのは、遺伝よりも生活スタイルの影響が多い

「両親の身長が子供に遺伝するかしないのか」について、専門家の方がどのように考えているのかを知るために数冊の本を読んでみました。すると、そこには例外なく、「子供の身長は遺伝だけでは決まらない」と書かれていました。

確かに、遺伝的要素が子供の身長に与える影響は少なからずあるものの、それは限定的。それよりも、生まれた後の生活スタイルが大きく影響を与えるという事なのです。

私が手にとった数冊の本には、どれにも同じような意味合いの事が書かれていて、それらは医師・大学教授・脳科学・血液学など、いくつもの専門分野の方々によって執筆されていました。このように、異なる分野の専門家の方々が同じ意見を持っているというのは、私達悩める親にとっては頼もしい限りです。

子供の身長を伸ばす生活スタイルのポイントとは

それらの内容をまとめると、遺伝的な影響は限定的で、それ以外の「栄養」「運動」「生活環境」といった、子供の普段の生活スタイルの方が圧倒的に大きく影響しているという事でした。つまり、子供の身長は、その生活を与えている親次第とも言えるのです。

子供の身長を少しでも伸ばしたいと願うならば、親がしっかりとした知識を持って、「子供の身長を伸ばす生活スタイル」を取り入れる事が重要。そうすれば、子供の身長が高くなる可能性が増すのです。

逆に、そうとはせず自然に任せてしまった場合、両親ともに高身長というアドバンテージを持って生まれた子供でさえ、平均的な身長だったり、あるいはそれよりも低くなることもあるのです。

子どもの身長を伸ばすのは、勉強やスポーツと同じことと捉える

「その後の努力や環境次第で決まる」こう考えると、子供の身長を伸ばすというのは、勉強やスポーツの上達にとてもよく似ていると実感します。

たとえば、勉強ができる子供に育てたいと思うならば、「本をしっかり読もうね」となり、その方向に導きます。

あるいは、子供がサッカー選手になりたい!というならば、一緒にいっぱいボールを蹴ったり、サッカーチームに入れるなどのサポートをすると思います。

子供の身長を伸ばすためには、「本」や「ボールを蹴る事」に匹敵する要素を、親がいかに与えてあげられるか?という事になるのです。

過剰な期待をするよりもチャレンジ精神が大切

こうして努力した場合、目標通りの高い成果を得られる場合もあれば、まずまずの成果を得る事も、あるいは思うような成果には結びつかないなんて事もあるかもしれません。

チャレンジする以上、得られる成果に期待するのは当然。ですが、成果にこだわり過ぎて生活がギスギスしてしまっては何もなりませんし、そのストレスが体に影響を与え、せっかくの努力をムダにしてしまう事も。

ですので、少し肩の力を抜いて、「チャレンジしてみる」くらいの気持ちで取り組むのがちょうどよいのかもしれませんね。

子どもの将来の予測身長を計算してみましょう

まずは、親としてはある程度子供の身長を予測しておきたいものですよね。そこで、ここでは昔から使われている計算方法をご紹介します。日本体育協会などでも使われている信頼性の高い計算方法ですので、参考になさってください。

男の子の計算式:(父親の身長+母親の身長+13)÷2+2

女の子の計算式:(父親の身長+母親の身長-13)÷2+2

※最後の+2は、専門家の中でもつけないという意見もあります。

では、ここでA君を例に、+2をつける場合とつけない場合で予測してみましょう。

父親身長170cm、母親身長155cmの男の子の場合、上記計算式通りならば、
(170+155+13)÷2+2=171cmとなりますし、+2をつけない場合には169cmとなります。

この計算方法により、A君の将来の予測身長は169cm~171cmという事になります。

子供の身長を伸ばすために親にできる事は食事・睡眠・運動のサポート

ここで間違えてはいけないのが、予測身長はあくまで目安としての数字で、実際にはそれを大きく超える事もありますし、逆に下回る場合も。

前述のとおり、お子様の身長を決めるのは、生活スタイルが大きく影響します。

ここでは、身長を伸ばす要素である「栄養」「運動」「生活環境」についてご紹介します。

子どもの身長を伸ばすために必要な栄養素タンパク質+全体の栄養バランス

私たちの体は、食べたもので出来ています。つまり、食べたものが体の材料となり、あらゆる細胞・器官を作り、成長・再生させているのです。

身長を伸ばすという目的があるのですから、そのために必要な栄養素を積極的に摂取させてあげましょう。

牛乳に含まれるカルシウムは身長を伸ばす栄養素ではない

身長を伸ばすために取るべき食材=「牛乳」。これが昔からの一般的な考え方ですが、残念ながら牛乳の主成分はカルシウム。このカルシウムの役割は骨を強く丈夫にすることで、骨を伸ばす役割は持っていません。つまり、子供の身長を伸ばすために牛乳を飲む=カルシウムを摂取するだけでは身長は伸びないのです。

「牛乳神話」は親の愛情から生まれた優しい俗説でした

ではどうして、このような牛乳神話ともいえる俗説が生まれたのか?ですが、一説によると、ずっと昔いまほど食べ物が豊富ではなかった時代に、子供を丈夫に育てたいとの考えから生まれた説だとされています。

「牛乳」といえば「カルシウム」、一般的にはこう考えますが、実は牛乳には他にも人間が生きる上で必要な栄養素である必須アミノ酸・亜鉛・マグネシウムなども豊富に含んでいる、栄養豊かな食材なのです。

ですので、食べ物がさほど豊富ではなかった時代には、牛乳はとても貴重な栄養源で、「子供にしっかりと栄養を取らせて大きく成長させたい」という親の願いから、牛乳をしっかりと飲ませる=成長を促すという考えが定着しました。それがやがて成長を促すから、身長を伸ばすと少し間違って伝わってしまったのではないでしょうか。

それが今なお親から子へ、子から孫へ伝承されたことで、牛乳=身長を伸ばすと、このようなイメージが残ったままになっているのでしょう。学校給食に必ず牛乳が登場する事なども、この説の裏付けとして受け止められているのかもしれませんね。

このように、間違った俗説であったとしても、子供の成長を思う親の愛が込められている、ちょっと素敵なお話しでした。

身長を伸ばすために摂るべき栄養素はタンパク質!!

カルシウムは骨を丈夫にする栄養成分ですので、摂取は必須。しかし、ここでの子供の身長を伸ばすといった目的には合致していません。

本題の「骨を伸ばす役割」を果たしているのが、実はタンパク質。ですので、子供の身長を伸ばしたいと願うならば、良質のたんぱく質を毎日必要量摂取する事が大切なのです。

ご存じですか?タンパク質が身長を伸ばし、カルシウムが骨を硬くする真実

骨全体におけるタンパク質が占める割合は30%程度。その他のほとんどがカルシウムだと考えると、身長を伸ばすのは本当にタンパク質なの?と疑問に感じる場合も。しかし、注目すべきはその量ではなく役割なのです。

骨を一本の丈夫なコンクリートの柱に例えるならば、タンパク質が鉄筋部分で、カルシウムはそれを覆い強度を保つコンクリート。ですので、タンパク質により作られる鉄筋を伸ばさなければ、どんなにカルシウムをとったところで、子供の身長を伸ばすことは出来ないという訳なのです。

タンパク質が不足すると身長は伸び悩む

このタンパク質は体を構成する要素として水分に次いで2番目の多さで、骨の成長だけではなく、筋肉・皮膚・髪の毛・脳の活動・血液・ホルモンの分泌など、体の生命活動に広く深くかかわっています。

しかも体内において、生命を維持する活動が何よりも優先されますので、摂取量が不足してしまった場合には、身長を伸ばす分まで十分に回らない事も十分あり得るのです。

ですので、子供の身長を伸ばしたいと願うならば、良質のたんぱく質を多く含む食材を、必要量摂取させてあげましょう。

健康な体を作るには栄養バランスが何より大切

いくら子供の身長を伸ばしたいとはいえ、タンパク質ばかりを気にしていては健康な体は作れません。栄養バランスが取れていてこその食事です。ですので、タンパク質は積極的に摂取しつつ、栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

そのために、本格的な栄養計算などで算出すれば一番良いのですが、それはプロの仕事。なかなか一般家庭でできる事ではありません。そこで、まず取り組んでいただきたいのが、昔ながらの「1日30品目の食材を摂取する」という方法です。なんだそれだけ?と思うかもしれませんが、これがやってみると案外大変。簡単なことではありません。普段の食生活がいかに栄養バランスが取れていないかに気づくことができます。

栄養バランスの良い食事を摂るには1日30品目を目標に

30品目を達成するためにあれこれ工夫したのですが、あまり力んでしまっては続かない。ですので、シンプルなルールを決めて実行しました。

私のルール

30品目をとるために、朝は5品目・昼は10品目・夜は15品目。これだけの簡単なルールを決め実行しました。

朝は案外カンタン

たとえば昨日。卵サンド+ココア牛乳。卵サンドには卵・バター・マヨネーズ・パン・きゅうりなどの野菜を入れれば、それだけでもう5品目。牛乳とココアパウダーで2品目。これだけで7品目クリアとなります。具材の卵をツナやミートソースに変えてもOK。

忙しく、朝が菓子パンなどになる日もありますが、そんな時でも大丈夫。菓子パン+フルーツ2種類+きな粉牛乳。これだけで5品目になります。

夜も全然大丈夫

うどんや丼などの一品料理メニューの日、メインの量を減らして、小鉢メニューで調整するなどの工夫が必要だった以外は問題なくクリアしました。

たとえば昨日、具たくさん味噌汁+三食どんぶり+サラダ。一見して品目が少なく感じるメニューですが、むしろ目標よりも多く摂取出来ています。

三食丼には卵・豚ミンチ・むき身の枝豆とごはんで4品目。この品目の少なさを具だくさん味噌汁でカバーします。鮭・大根・にんじん・ねぎ・玉ねぎ・えのき・キャベツ・味噌で8品目。既に12品目達成していますので、後はサラダで微調整です。ちくわ・かまぼこ・きゅうり・レタス・マヨネーズ・ゴマで6品目。全部で18品目となりました。

お昼が一番大変

この取り組みを初めて一番苦労したのがお昼。平日は園や学校給食のお世話になっていますが、休日ともなるとそうはいきません。でも、夕食ほど手をかけたくないのが本音。ですので、品目が多く取れてカンタンに作れるメニュー、「ランチプレート」で克服しました。

たとえばちょっと前の土曜日。おにぎり+味噌汁+ハムエッグ+魚肉ソーセージのサラダ+前日の残り物の肉豆腐。

おにぎりには具材は入れませんが、のりとごまを使いますので全部で3品目。味噌汁はシンプルなわかめとおあげとねぎで4品目。ハムエッグで2品目。サラダには魚肉ソーセージ・コーン・ブロッコリー・チーズ・マヨネーズで5品目。品目的には既に14品目クリアですので、後1つでOKなのですが、ボリュームが足りない感じ。なので前日の残り物の肉豆腐をちょこっと足すと、牛肉・豆腐・玉ねぎ・お麩・白ネギで5品目。合計19品目となります。

という事で、この日の合計は44品目となりました。一部ダブっている食材もありますので、多めの品目を摂取しておけば安心です。

慣れるまでは大変でしたが、このようにちょっとの工夫を行えば、30品目をとる事は可能になります。良質なたんぱく質の摂取を中心に、いろいろな食材を取り入れて、バランスの良い食生活を心がけてみて下さい。

子どもの身長を伸ばすためには、睡眠の力をフル活用

睡眠には、疲労の回復・記憶の定着・免疫力の向上・そして体を成長させるという主に4役割があります。人間にとって睡眠は重要なのがうなずけますよね。

子どもの身長を伸ばすのは、眠っている間に分泌される成長ホルモン

子供の身長が伸びるのは、4番目の「体を成長させる」という働きが深くかかわっています。子供が眠っている間に、体を成長させる「成長ホルモン」が脳から分泌されます。こうして分泌された成長ホルモンは、骨や筋肉に作用して、成長を促すように指令を出します。こうして出された指令をうけて、あらかじめ食事で摂取しておいたタンパク質を材料として体は成長するのです。

子どもの身長を伸ばすには、良質の睡眠を十分にとる事が大切

ただし、ただ眠れば良いというものではなく、良質の睡眠を十分な時間とる事で、体は成長します。

子供にとって良い睡眠とは?

まず、子供にとって良い睡眠とは、毎日決まった時間にお布団に入る・入眠までの時間が早い・朝までぐっすり眠れる・毎朝同じ時間に自然に目覚める・すっきり目覚める事が出来るなど、これらの条件を満たしているならば、良質の睡眠がとれているといえます。

十分な時間とは?

そして、十分な時間ですが、これは子供の年齢によって異なります。生後1年未満なら12~16時間程度、幼児なら10~15時間程度、小学生なら9~12時間程度、それ以降の18歳までなら8~10時間などと言われています。
※専門家によって意見が異なる場合があります。

乱れた生活習慣が子供の睡眠の質を低下させています

生活習慣の乱れやストレスによって、睡眠の質が低下する事があります。そうなると、成長ホルモンの分泌に問題が生じ、体の成長の妨げになる事があります。

睡眠の質が低下する条件には、日中の活動量が少ない・朝寝坊や長時間の昼寝・生活リズムの乱れ・遅い時間の飲食・高い温度での入浴布団に入る直前までテレビやパソコンなどの画面を見ていたなどが考えられます。

このように、ちょっとした生活習慣の影響が、睡眠の質低下を招いてしまいます。あまり神経質になるのも考え物ですが、出来る限り良質の睡眠習慣を身につけましょう。

子どもの身長を伸ばすための運動は、楽しみながら続けること

次の要素として、運動を取り入れてみましょう。運動には成長ホルモンの分泌を促す・代謝の向上・筋力アップなど、体の成長にとって良い条件を整える働きがあります。ですので、コンスタントに長く続ける事が最も大切な条件になります。

ただし、ここにも気を付けなければいけない俗説が紛れ込んでいますので注意が必要です。「バレーやバスケットなどで身長が伸びる」とか、「体操をすると身長が伸びない」などがその代表的な「俗説」で、いずれにしても医学的な根拠はありません。

また、幼い時から過度な運動をして、急激に筋肉を付けてしまった場合には、身長の伸びが速めに止まってしまうという専門家の意見もあります。そうなると親としては「何を目指せればいいの?」という悩ましい問題を抱える事に。

そんな時には、過度な運動ではなく適度な運動を選び、一つのスポーツ種目にこだわらず、楽しく体を動かせることをさせてみる。そんな長く続けられる方法を選んでみて下さい。

子どもの身長を伸ばすための運動は、楽しむことと続ける事が重要

ここまでお読みいただいたという事は、きっと子供の身長を伸ばすためにどうするべきか?と、まじめに考えておられるのでしょう。とても素敵な親御さんですね。

子どもの成長は親の喜びであり責任です。しかし、その親でにも、かなえてあげられる事とそうではない事があります。とくに子供の体の事となると、思うようにならない事があるのも事実です。

世の中には、ある一定以上の身長でなければ出来ない仕事やスポーツなどがあります。それに、身長が高いと確かにカッコ良い!!これは事実です。

しかし、それがすべてではなく、それ以外の要素を求められることの方が圧倒的に多いのです。つまり身長が高いのは、学力・運動能力・体力・コミュニケーション能力・視力・聴力などと同じで、いくつも求められる条件の中のたった一つにすぎません。

身長を伸ばすことにあまりに熱心になりすぎると、気付かない内に子供や自分にプレシャーやストレスを与えてしまいます。それが親子の間の愛情問題に発展してしまっては意味がありません。

「ダメでもOK!可能性があるのだからチャレンジしてみる。」それくらい、ちょっとリラックスした感じで取り組んでみて下さい。

おすすめ記事

ノビルンジャーを使った人の声が知りたい! すぐに商品の詳細が気になる方はこちら
息子の身長に困っていた母親がノビルンジャーをお子さんに飲ませた話です。参考にどうぞ! 1日たった2粒で目安で必要な栄養素の約40%も摂れるので、毎日のご飯にプラスするだけ

成長痛があるうちは身長が伸びる?痛みの原因と対処法

成長期は一人ひとり異なります。中学生でぐんと伸びる子もいれば、高校生で急成長する子もいます。周りのお友達がどんどん大きくなるのに、うちの子は伸びていない、そんなお悩みもお持ちでしょう。

また、この時期には足の痛みを訴えるお子様もいらっしゃいます。成長期に起こりやすい痛みのため「成長痛」と言われています。

成長期に起きるため、身長の伸びと関係があると考えている方もいらっしゃるでしょう。

ここでは、成長痛が起こる理由、痛みの対処法、成長痛と身体の成長の関係性などについてご紹介します。

【成長痛とは】

成長痛という言葉を一度は聞いたことがあると思います。

成長期に急激に身長が伸びることにより、成長に追い付かなくなった膝などに負担がかかり、痛みを感じるものだと多くの方が認識されているのではないでしょうか。

痛みが起こる時間は主に夜間が多く、すぐに痛みが治まることもあれば、長時間痛みが続くこともあります。

痛みを感じる部位も、膝やふくらはぎなどお子様によって異なります。しかし、この成長痛には医学的根拠はなく、痛みの原因については諸説考えられています。

まずはこの痛みが起こるいくつかの原因についてみていきましょう。

①骨と筋肉の関係

まず一つ目に、骨と筋肉の関係が考えられています。

骨と筋肉は必ずしも同じタイミングで成長するわけではありません。成長期には、筋肉よりも先に骨が伸びます。

骨の成長に比べて筋肉の成長が追い付かず、骨が筋肉によって圧迫されることによって痛みが生じるというものです。骨の成長が落ち着くころには痛みもなくなると考えられています。

②骨端軟骨の成長

骨端軟骨とは、骨の両端にある骨と骨のつなぎ目にある軟骨を指します。この骨端軟骨が成長することによって骨が全体的に伸び、体の成長につながります。

運動などによって軟骨部分に負荷がかかり、炎症が起きることで痛みを感じるというものです。大人になる頃には、軟骨部分は硬い骨になります。

この状態になると骨は伸びなくなり、骨の成長が終わります。骨の成長が終わることで痛みもなくなっていきます。

③オスグット

成長期に起こりやすい成長痛は、そのままにしておいても良くなるだろうと考えている方もいると思いますが、中には病気が潜んでいることもあります。

その病気の一つがオスグットです。オスグッドとは、主にスポーツなどの激しい運動をすることによって起こる膝の関節痛です。

膝のさらの下が膨らむ、押すと痛みを感じる、部分的な発熱、運動時の痛みなどが代表的な症状です。

成長時期と重なることから、成長痛と間違える方も多いですが、スポーツをする時に痛みを感じることが多く、休んでいると痛みが生じにくいため、そのような場合は病気を疑うといいでしょう。

これも成長が終わることで良くなりますが、気になる方は医療機関での診察をおすすめします。

④その他の病気

成長痛と間違える可能性のある痛みは、他にもいくつか病気の可能性があります。

発症数は少ないですが、骨の癌である骨肉腫の場合もあります。筋肉痛と似ている痛みがあるため、見逃してしまいがちですが、痛みの継続、発熱などの場合は早めに医療機関に相談してください。

また、大腿骨の上端部が壊死するペルデス病もあります。股関節の痛みが続き、こちらも成長痛と間違いやすいです。

数時間で症状が治まる成長痛とは異なり痛みが継続するため、お子様の様子をしっかりと観察した上で、気になる場合は早めに専門家に相談することをおすすめします。

⑤疲労

足の痛みが体の成長に関係するものだけとは限りません。日中に行ったスポーツや活動からくる全身の疲れや、慣れていないスポーツを急激に行ったことによる筋肉の疲労が夜間に痛みとなって表れることもあります。

大人では痛みの違いについて説明できますが、お子様の場合、それが成長痛によるものなのか、疲れからくるものなのかうまく言葉にすることができないことが多いです。

お子様がその日何をしていたのか、思い当たる原因がある場合は、疲労からきていることもありますので少し様子をみましょう。

⑥心理的要因

成長痛は環境の変化におけるストレスや不安、親とのコミュニケーション不足など、心の不安定な状態から痛みとして表れることもあります。

日中の動いている時よりも、家でゆっくりとしている時間に痛みを訴えることが多いのが特徴です。お子様が気にかけて欲しくて痛みを訴えることもありますので、成長痛だからとそのままにするのではなく、しっかりと受け止めてあげてください。

【対処法】

成長痛はいずれ治まるものだからと、そのままにしてしまうとお子様はずっと痛みで苦しむことになります。

お子様の痛みを少しでも楽にしてあげるための対処法についてまとめました。

①ストレッチ

成長痛で足に痛みを感じた場合は、骨の成長に筋肉が追いつくように筋肉の柔軟性を増す必要があります。痛みを感じる部位を伸ばすようにトレッチでケアしてあげましょう。

運動をする際にはすぐに始めるのではなく、必ずストレッチなどのウォーミングアップから始めてください。

スポーツの後には、クールダウンも兼ねたストレッチやアイシングも効果があります。

②母の手からやすらぎを

心因性の成長痛の場合、お母さんとのスキンシップや痛みのある部分を優しくさするだけでも心が安らぎ、痛みの緩和につながることがあります。

痛いから病院に連れて行くのではなく、まずはお子様と向き合ってゆっくりと過ごしてあげることも大切です。

③病気を疑う時には

夜間だけの痛みではなく、日中にも痛みを感じる、なかなか痛みが緩和しない、発熱などの症状がある場合は病気を疑うことも必要です。

成長痛だからすぐに良くなるとそのままにするのではなく、気になる時には医療機関で医師の診断を受けてください。病気の場合は、早期発見がカギになります。

後遺症などを起こさないためにも、早めの対応が大切です。

【成長痛と身長の関係性】

成長痛が起こるということは、心と体それぞれが少なからず成長期であることの表れだと考えられます。しかし、成長痛が起こるから身長が大きく伸びるとは限りません。

少しの成長でも痛みを感じる子もいれば、一年で大きく伸びても痛みを感じない子もいます。成長痛だから伸びる、成長痛がないから伸びないと判断するのではなく、お母様ができる範囲のサポートで成長を見守ることが大切です。

【身長を伸ばすためにできること】

誰しもわが子には大きく育ってほしいと願うものです。

成長痛などに期待をして自然に伸びるのを待つのではなく、身長を伸ばすために成長期にできるサポートをまとめました。

①身長を伸ばすために必要なホルモン

体が成長するために必要な骨の成長は、成長ホルモンが大きく関係しています。成長ホルモンが分泌されることによって、骨の両端にある軟骨部分が伸びます。

これにより骨が成長し、身長を伸ばしていくのです。骨の成長を考えた時に、いかに成長ホルモンを多く生産させて骨の成長を促すかがポイントになります。

②成長ホルモンの生成時期

成長ホルモンは常に生産されているわけでなく、主に睡眠中に多く分泌されています。しかし、ただ寝ればいいというわけではありません。

十分な睡眠時間を確保するとともに、0時を挟んだ前後2時間に睡眠を取るのがいいとされています。また、成長ホルモンは体の成長を促すだけでなく、疲労回復や代謝にも影響を及ぼします。

睡眠不足は成長ホルモンの生成を阻害するだけでなく、疲れが取れない、肌の調子が悪いなどの弊害もあります。まずは十分な睡眠を心がけましょう。

③成長ホルモンを増やすために

成長ホルモンは睡眠などによって自然に増やす方法だけでなく、食事によっても増やすことができます。

成長ホルモンはタンパク質が不足することで生成が上手になされないことがあります。まずはタンパク質を多く摂取することを心がけましょう。

運動などでも増やすことができます。ウォーキングなどの有酸素運動ではなく、短時間に強い負荷をかける無酸素運動をすることによって発生する乳酸が成長ホルモンを増やすために必要だといわれています。

④成長の手助けになる栄養素

せっかく成長ホルモンの分泌が増えて、成長できる環境を整えてあげても、骨を形成する栄養素が足りていなければ、成長につなげることは難しいです。そのため、栄養面でのサポートも必要になります。

身長と大きく関連している骨の成長には、カルシウムが必要だということはご存知でしょう。しかし、カルシウムだけでは吸収率が低いため、カルシウムを含む食材を積極的に摂取するだけでは十分な量には満たないのが現実です。

カルシウムの吸収を助けるのはマグネシウムです。マグネシウムを合わせて取ることで、効率よくカルシウムを吸収することができます。

バランスの良い食事を心がけるだけでなく、食事だけでは補えないと不安に思う時には、サプリメントや栄養機能食品を併用するといいでしょう。

【まとめ】

成長痛でお子様が苦しむ姿を見るのはつらく、何とかしてあげたいと思うのが母親だと思います。成長痛かもしれないと思ったときには、お子様の様子をチェックしてください。

・痛みを訴える部位
・痛みが起こる時間帯
・すぐに痛みが治まるか、継続しているか
・発熱など他の症状がないか

成長痛だからすぐに良くなると我慢させるのではなく、上記のチェック項目が成長痛の特徴に当てはまるのか確認してください。

ご自身で判断できない場合や成長痛の特徴に当てはまらない場合は、すぐに医療機関に相談してください。

また、成長痛があるからと言って、身長が必ずしも伸びるとは限りません。痛みがあるからそのうち伸びてくるはずだと過度な期待はせずに、お母様だからこそできるサポートでお子様の成長を見守ってあげてください。

おすすめ記事

ノビルンジャーを使った人の声が知りたい! すぐに商品の詳細が気になる方はこちら
息子の身長に困っていた母親がノビルンジャーをお子さんに飲ませた話です。参考にどうぞ! 1日たった2粒で目安で必要な栄養素の約40%も摂れるので、毎日のご飯にプラスするだけ

足が大きいと身長が高くなるは迷信!身長の伸びは骨の成長が鍵だった

「足が大きいと、身長が高くなる」なんて話を耳にしたことはありませんか?誰が最初に言い出したのかはわかりませんが、昔からこのような話は結構出回ってましたよね。実はこの話、迷信だったのです。足が大きいから身長が高くなるというような根拠はまったくないのです。

しかし、実際に身長の高い人に足のサイズを聞くとこの話しのとおり足が大きかったりしますよね。「迷信じゃないのでは…」と思うかもしれませんが、これちょっと意味が違うのです。

今回は、「身長が伸びる」ということは、何が関係しているのかということにまとめました。

身長が伸びることに関係があるのは「足の大きさ」ではなく、「骨の成長」

足が大きいと身長が高くなるという誤解が有名になっていますが、足のサイズと身長の高さの関係性については医学的にも根拠はないのです。そして、実際に身長の高さに影響しているのは「足の大きさ」ではなく「骨の成長」なのです。身長の伸びに欠かせないのは、どの体のパーツよりも骨なのです。

身長が伸びるためには「骨の成長」のほかにも重要な成長期に分泌される「成長ホルモン」というものが必要になりますが、足の大きさは全く問題にはならないのです。

「身長が伸びる」、「足が大きくなる」=骨が成長している

身長が伸びるということは骨が成長しているということになりますが、それと同時に足の大きさも成長しています。これによって、足の大きさによって身長が高いことが確定するのではなく、身長の伸びも足の大きさも同時進行で大きくなっていくということがよくわかりますね。

この2つの成長に大きく関わっているのは、やはり「骨の成長」です。骨は、「骨端線」という部分の細胞分裂を繰り返すことによって成長します(伸びます)。そうすることによって、身長だけでなく足の大きさも成長していくのです。

骨が成長できる環境を整えれば「足の大きさ」に関わらず身長は伸ばせる

骨の成長には骨端線の細胞分裂が必要ですが、その細胞分裂をスピーディーにさせるためには「成長ホルモン」が不可欠となります。よって、身長を伸ばそうと思えば骨の成長に有効なことである「成長ホルモンの分泌を促す」という努力をしましょう。

成長ホルモンは成長期の子供の身長アップが期待できる絶好のタイミングです。足の大きさ云々で身長の伸びを気にするよりも、成長ホルモンの分泌促進にいいことを実践していくほうが有意義ですよ。

「足が大きいから身長が高い」のではなく「身長が高いから足が大きい」

「足が大きいから身長が高くなる」という迷信が広がったのが、全く意味不明なことではありません。それは、結果として身長の高い人に足が大きい人が多かったからそのような誤解が生まれたんだとうなということが予想できます。「にわとりが先か、卵が先か」のような感じですね。

この迷信をちゃんとした形にするならば「身長の高い人は足が大きい」ということになります。高くなった身長を支えるために、足が必要に迫られて大きくなったという人が多いでしょう。

ちなみに、この迷信は日本限定の迷信だそうです。「足が小さいから、身長は伸びない」など悲観して最初から諦せずに、ちゃんと正しい身長を伸ばす対策をとりましょう。

「身長の高さ」と「足の大きさ」のバランスが重要

足の大きさと身長が高くなることの関係性に根拠がないといっても、足は大切なパーツであることに変わりはありません。成長期でどんどん大きくなる体を、足はしっかりと地面を踏みしめて支えてくれているのです。

健やかな成長をするためには、足の大きさや健康は必要なものなのです。足が小さいままだと、大きくなっていく体を支えることができないので、体に合わせた足の成長はとても大切なことなのです。

子どもの成長に合わせた靴を選ぶ

靴は、子供の成長に合わせてマメに選ぶことをおすすめします。成長期の子供は身長だけでなく、足のサイズもどんどん大きくなって変わっていきます。靴のサイズが足の大きさに合ってないと、骨が歪んでしまう原因になります。

骨が歪むと身長の伸びが悪くなるのはもちろん、体調にも影響することがあります。

足に刺激を与える

今どきの子供は、昔に比べると外で遊ぶ事や長距離を歩くことも少なくなりました。そのことによって、足の裏は刺激を受けることは少なくなってきています。

刺激が少ないと、扁平足や外反母趾などの足のトラブルが起こるリスクが高くなり、身長の伸びや成長にも影響してきます。そうならないためにも、適度に運動して足トラブルを予防しましょう。

足の大きさではなく、骨の成長を促す生活環境を整えることで身長は伸びる

いかがだったでしょうか?身長を伸ばしてあげたいのに、我が子の足が小さいと悩んでいた親御さんにとっては「足の大きさが大きいから身長が高くなる」という話が迷信であったことは朗報でしょう。

身長を伸ばすには、足の大きさではなく骨の成長が何より重要になります。骨の成長には、栄養バランスのとれた食生活や十分な睡眠、適度な運動が必要です、大きな手や足は必要ないのです。

成長期は、子供の身長が大幅に伸びるチャンスの時期です。正しい身長アップの方法を理解して、我が子の身長を伸ばしてあげましょう。

おすすめ記事

ノビルンジャーを使った人の声が知りたい! すぐに商品の詳細が気になる方はこちら
息子の身長に困っていた母親がノビルンジャーをお子さんに飲ませた話です。参考にどうぞ! 1日たった2粒で目安で必要な栄養素の約40%も摂れるので、毎日のご飯にプラスするだけ

身体能力の限界は本当の限界ではなかった!潜在能力を引出し限界を超える

ハードな運動や、力量以上のプレイを続けていると途端に「もう限界だ!」と参ってしまうことってよくありますよね。体力が続かなかったり、体の何処かに限界を感じたりするとギブアップしてしまいます。

このようにギブアップしてしまうのは「自分の限界はここまでだな」と頭で判断して無意識にストッパーがかかっているからなのですが、実はこの自分が感じている限界は本当の限界ではなかったのです。まだまだ潜在能力が隠されているとすれば、出来るだけ伸ばしたいものですよね。

今回は、身体能力の限界を超えて潜在能力を引き出す方法をご紹介します。

身体能力の限界は自分が作った限界。限界を超えて身体能力を上げる方法

肉体の限界が来ると、どう頑張っても踏ん張れないという人もいるでしょう。それは自分が作り上げた限界に支配されているからなのです。この自分が作った限界を壊さない限りこれ以上の成長はなしえません。

「これ以上やると肉体が壊れてしまう!」とおびえてしまうかもしれませんが、実は肉体はまだまだ余力を残しているし、まだまだ上へ行くことができるのです。このおびえを乗り越えて限界を超えていってこそ、真の身体能力にたどり着くことができます。

「限界」と感じるのは身体ではなくて脳だった

人間は自分の体にかかる負荷に対して「もうこれ以上は体がもたない!」と限界を感じて判断しますよね。実はこれは、体が限界を感じているのではなく、脳が限界だと感じて「限界だ」という命令を出していたのです。脳からこの限界命令が出された時の肉体は、本当はまだまだ余力を残している状態で、この時はおよそ2割から3割程度の力しか出していないのです。

ですが、脳が「疲れた」「限界だ」と感じたため肉体はほぼ強制的に活動をストップせざる得ない状況になります。脳が「限界だ」の命令を出さなければ、肉体は実はまだまだ活動可能だったのです。

肉体がまだまだ余裕なのに脳がこのような命令を出すのにはワケがあります。限界を超えた無理な活動をすることによって肉体は損傷したりしないように脳は「リミッター」としての役割があるからなのです。

脳が決めた「限界」を超えるには

脳が肉体の安全を思ってかなり甘めのリミッター役をしていることはお分かりいただけたと思います。しかし、このまま脳が感じる限界に制されていてはいつまでたっても潜在能力を引き出すことは出来ません。潜在能力を引き出すためには、限界を超えていかなけれないけないのです。

限界を超える方法をしては、「常識を疑う」という方法があります。「常識的に考えて、こんな練習量はできない」という今まで持っていた常識を一度疑って考えてみましょう。「何故、常識的に考えてできないのか」ということを考えると、この常識なんて自分の限界を超えないためのストッパーでしかなかったことに気付きますよ。

この枠を乗り越えることによって、これまで自分を縛っていたものがなくなるので思う存分に力を発揮できることがあります。

セルフトーキング方法

限界を超えてる方法の1つに「セルフトーキング方法」というものがあります。これはいわゆる「自己暗示」をかけて限界に挑むものです。

「しんどい、限界だ」と感じ始めたときに「まだまだ余裕!」「いつまでも練習できる気がする!」「楽しいからずっとやっていたい!」など、限界で折れてしまいそうな心を自分で励ますのです。

シャウト方法

試合中のここ一番の時に、突然「シャア!」「ウォー!」など叫びだす選手がいますよね。あれは「シャウト方法」と言われる限界を超える方法です。これは見ている分には気合を入れているように見えますが、実は脳のリミッターを外す役割があったのです。

トレーニング中でどうしても辛くとき、この方法をとると限界を超えられるかもしれませんよ。

イメージトレーニング方法

限界は自分で作っていることがほとんどです。「どう頑張ってもここまでしか出来なかったから、ここが限界」「自分の実力だと、限界はここまで」など脳の思い込みが限界となって立ちはだかっています。

そんね自分の思い込みを壊していくのが「イメージトレーニング方法」です。プロのスポーツ選手がよくやっているので有名な方法ですよね。成功イメージを思い描き、自分の限界を超えていく方法です。

身体能力とは何を指すのか

身体能力とは、テクニックなどに頼らない純粋な身体的能力のことを言います。筋力や瞬発力、敏捷性、平衡性、柔軟性などが身体能力になります。身体能力は生まれ持って恵まれている人もおり、率直に運動能力ということもあります。これらは運動神経とは別物の能力です。

限界を超えていくには、先ほどご紹介したトレーニング方法のほかにも、まずこの身体能力を強化していくのが近道です。

ベースになる「身体能力」を少しでも高くしてくために

限界を超えていくためにはベースとなる肉体、すなわち身体能力を少しでも高めておく必要があります。脳は「今の身体能力の限界」を設定していますので、その身体能力を高めると脳の限界を感じるベースも高くなります。

身体能力を強化するためには、栄養バランスのとれた食事や十分な睡眠が重要です。幼いことからの積み重ねによって身体能力はより高まっていきます。

また、適度な運動も身体能力の向上につながります。骨にタテ方向の刺激を与えるような運動をすると身長が伸びるだけでなく、骨も丈夫になりますよ。

身体能力の限界を超えるためには脳で限界を作らないこと

いかがだったでしょうか。脳で限界を作らないことが潜在能力を引き出すベストな方法ですが、これまで自分の上限として信じていた脳の判断を超えていくというのはなかなか難しいですよね。

ですが、この脳の思い込みの呪縛から逃れないとまだ見ぬ新しい世界へは飛び出していけません。自分の肉体の持っている潜在能力を信じて、今持っている「限界」を捨ててみましょう。そうすることによって、これまで以上のパフォーマンスや真の実力を発揮することができますよ。

おすすめ記事

ノビルンジャーを使った人の声が知りたい! すぐに商品の詳細が気になる方はこちら
息子の身長に困っていた母親がノビルンジャーをお子さんに飲ませた話です。参考にどうぞ! 1日たった2粒で目安で必要な栄養素の約40%も摂れるので、毎日のご飯にプラスするだけ