身長に関するコラム

もっと身長を伸ばすために取り入れたい栄養素・食材・食べ方などのご紹介!

子どもの身長を伸ばすには、どうすれば良いのでしょう。身長の伸びは成長するにつれて止まってしまいます。身長を伸ばすためには、成長期のうちに対策をとることが重要になるのです。

そこで今回は成長期の子供の身長を伸ばす方法についてご紹介します。

身長についての疑問を解消させよう!

身長についての様々な疑問を解消し、身長について正しく理解していきましょう。

身長は遺伝的要因が大きいの?

遺伝が身長に与える影響は、25%程度だと言われています。つまり遺伝より、生活習慣など後天的な要因に大きく影響を受けます。

子どもの予測身長計算式

参考までに、100%遺伝すると仮定した場合の子どもの予測身長計算式をご紹介しておきます。

・男子の予測身長={父親の身長+(母親の身長+13)}÷2
・女子の予測身長={(父親の身長-13)+母親の身長}÷2

日本人の平均身長は?

日本人の30~34歳の平均身長は、男性は171.92㎝、女性は158.94㎝です。

男女の成長の違い

成長期に入る時期は、男子は11歳頃、女子は10歳頃です。これには大きく個人差があります。

高校生でも身長を伸ばすことができるのか?

身長の伸びが止まるのは、男子は16歳前後、女子は15歳前後だと言われています。個人差はあるものの、高校生でも身長の伸びは期待できます。

牛乳を飲ませれば身長は伸びる!って本当?

牛乳に含まれるカルシウムは骨を丈夫にする働きはありますが、伸ばす働きはありません。

骨端線(こつたんせん)とは?

骨端線とは、骨の両端に存在する軟骨部分です。骨端線が成長することで身長は伸びて行きます。

身長を伸ばすのに悪影響なことは?

身長を伸ばすのに悪影響になることを確認しておきましょう。

睡眠の質の悪さ

枕の高さやマットレスの硬さなどが合っていないと、睡眠の質が悪く身長の伸びにも悪影響を与えることがあります。

運動不足

運動は子どもの成長に不可欠であり、運動不足が続くと身長の伸びにも悪影響を与えます。

ストレス

脳がストレスを感じると成長ホルモンの分泌量が低下するため、身長の伸びに悪影響です。

身長を伸ばす方法とは?食べ物で違いがでてくる!?

身長の伸びには、成長ホルモンの分泌が欠かせません。成長ホルモンの分泌を促す栄養素を意識してとれば、身長の伸びが期待できます。

成長ホルモンの分泌を増やす食べ物や栄養分とは?

成長ホルモンの分泌を増やすなど、身長を伸ばすために有効な栄養素をご紹介していきます。

カルシウム

カルシウムは骨の材料になる栄養素であり、身長の伸びに不可欠です。牛乳やチーズ、小魚に多く含まれています。

マグネシウム

マグネシウムには、カルシウムの吸収を助ける働きがあります。カルシウムは単体で活動することができず、マグネシウムとペアで摂取する必要があります。大豆製品に多く含まれます。

ビタミンD

マグネシウム同様、カルシウムを骨に定着させる働きがあります。干ししいたけや魚介類に多く含まれます。

亜鉛

亜鉛は、骨の形成に欠かせないたんぱく質の合成を促す働きがあります。牡蠣や卵に多く含まれます。

ビタミンK

ビタミンKにはマグネシウム同様、骨にカルシウムを吸収させる働きがあります。ほうれん草などの青菜に多く含まれます。

リン

カルシウムと結合することで骨の形成が進むため、リンは身長の伸びに欠かせません。プロセスチーズやわかさぎに含まれます。

アルギニン

アミノ酸の一種で、脳下垂体に働きかけて成長ホルモンの分泌を増やします。鶏肉や牛乳に多く含まれます。

葉酸

葉酸は質の良い睡眠に欠かせないメラトニンを作りだします。質の良い睡眠は、成長ホルモンの分泌に欠かせません。

ビタミンC

カルシウムの吸収率をアップさせ、骨の新陳代謝を促す作用があり、身長の伸びに欠かせません。イチゴや緑黄色野菜に多く含まれます。

鉄分

鉄分はヘモグロビンの材料となります。体内の血液の巡りを良くして、骨を作るのに必要な栄養や酸素を届けます。レバーや小松菜に多く含まれます。

銅は鉄をヘモグロビンに結びつけるお手伝いをします。エビやカニに多く含まれています。

たんぱく質

たんぱく質は骨の材料となり、さらに成長ホルモンの分泌を促し、身長の伸びに必要不可欠の栄養素です。肉や魚、大豆製品に多く含まれます。

朝食に取り入れたい9つの食材

朝食に取り入れたい、子どもの成長を助ける9つの食材をご紹介します。

乳製品でカルシウムをとろう

子どもの成長にはカルシウムの摂取が重要なので、手軽に摂れる牛乳やチーズ、ヨーグルトなどの乳製品を朝食にプラスしましょう。

大豆製品でタンパク質をとろう

骨の材料になるたんぱく質は、納豆や豆腐など大豆製品を利用すると忙しい朝でも手軽にとれます。

納豆で亜鉛をとろう

亜鉛は牡蠣やうなぎに多く含まれていますが、朝食で摂ろうとすると大変です。そんなときは納豆を食べることで、手軽にとることができます。

シラス干しでマグネシウムをとろう

マグネシウムはシラス干しによって手軽に摂れます。シラス丼や豆腐に振りかけるとお手軽です。

ごまで鉄分をとろう

鉄分が豊富なレバーは子どもにはあまり好まれない食材です。鉄分を摂るには、ゴマがおすすめです。すりごまを活用して鉄分を補いましょう。

わかめでビタミンKをとろう

ビタミンKの摂取には、わかめがおすすめです。味噌汁の具や酢の物など、朝食でも手軽に取り入れていきましょう。

魚でビタミンDをとろう

ビタミンDは魚に豊富に含まれる栄養素です。朝食に焼き魚などを出してビタミンDを補うようにしてください。

野菜でビタミンCをとろう

ビタミンCは熱に弱く、加熱すると破壊されてしまいます。そこで生野菜をサラダで食べるのがおすすめです。またデザートにフルーツをとることでも摂取できます。

ミネラルウォーターでミネラルをとろう

日本人が慣れている軟水は、ミネラル分がほとんど含まれていません。朝食のお供にミネラルウォーターを用意して、カルシウムやマグネシウムを取り入れましょう。

身長を伸ばす妨げになる食べ物とは?

次に身長を伸ばす妨げになる食べ物をご紹介していきます。

お菓子

スナック菓子などの効カロリーのお菓子は肥満を招いて思春期を早めてしまい、身長の伸びを妨げる可能性もあります。

高脂肪な食べ物

ジャンクフードや揚げ物などの高脂肪な食べ物は肥満を招き、思春期を早めて身長の伸びを妨げる可能性があります。

食事方法も気を付けて!

食事方法にも気を付けなければ、身長の伸びを妨げることもあります。

姿勢は栄養素の吸収に重要

普段から姿勢よく過ごすと、成長期に必要な栄養素が体中に行き渡るようになります。食事中でも、良い姿勢を意識してキープするようにしましょう。

インスタント食品は控えよう

インスタント食品には食品添加物が多く含まれているため、カルシウムの吸収を妨げたり骨代謝を低下させたりします。できるだけ控えましょう。

食事は寝る2~3時間前に済ませよう

食事をしてすぐに寝てしまうと、消化で体が休まらず成長ホルモンの分泌に悪影響がでます。寝る前には食べないようにしましょう。

身長を伸ばす栄養を、バランスよく完璧に摂るために補助食品やサプリで補う!

身長を伸ばす栄養素を上手に摂るため、補助食品やサプリで補う方法もあります。

おすすめの補助食品やサプリ

子どもの身長を伸ばすためのおすすめの補助食品やサプリをご紹介していきます。

アスミール

成長に必要な栄養素を一通り摂取することができます。牛乳嫌いのお子さんでも飲めるココア味です。

Dr.Senobiru

身長を伸ばす効果が期待できるアルギニンを1日あたり5000mg以上摂取できます。お子様でも飲みやすいグレープフルーツ味です。

ミロ

ミロには非常にバランスよく栄養が含まれており、牛乳で割って飲むと1日に必要な栄養の4割程度を補うことができます。

カラダアルファ

身長を伸ばすための栄養素だけではなく、成長期の子どもに必要な栄養素も豊富に含まれています。

身長を伸ばすためには睡眠も重要!

身長を伸ばすためには、睡眠をしっかりとるようにしましょう。特に10時~2時までのゴールデンタイムに眠っていると、成長ホルモンをより多く分泌させることができます。

その他、身長を伸ばすために適度な運動と生活バランスも必要!

身長を伸ばすためには、適度な運動も効果的です。運動で疲労した筋肉を回復するため、成長ホルモンが多く分泌されます。

身長を伸ばす栄養素をたくさんとって、身長を伸ばそう!

成長期に子どもの身長をしっかりと伸ばすには、毎日の食事に身長を伸ばす効果が期待できる栄養素を取り入れましょう。

身長が伸ばすには、毎日の積み重ねが大切です。お子さんと一丸となって取り組んでいきましょう。

おすすめ記事

ノビルンジャーを使った人の声が知りたい! すぐに商品の詳細が気になる方はこちら
息子の身長に困っていた母親がノビルンジャーをお子さんに飲ませた話です。参考にどうぞ! 1日たった2粒で目安で必要な栄養素の約40%も摂れるので、毎日のご飯にプラスするだけ

身長を伸ばす鍵!?骨端線って何?身長を伸ばす方法とは?

骨端線の存在が身長を伸ばす鍵になるとよく言われます。身長を伸ばすには、この骨端線の成長が重要になるのです。しかし成長に欠かせない骨端線について、詳しくご存知の方は少ないのではないでしょうか?

そこで今回は骨端線がどんな物なのか確認してから、子どもの身長を伸ばす方法をご紹介していきます。

身長が伸びる仕組みと骨端線の関係とは?

まず初めに身長が伸びる仕組みを確認していきましょう。身長は骨の骨端線が成長することで伸びていきます。つまり身長を十分に伸ばすには、骨端線を活性化させることが不可欠となります。

骨端線は脳から指令を受けた脳下垂体が分泌した成長ホルモンによって活性化されます。

身長を伸ばす骨端線とは?

骨端線とは、骨の継ぎ目にある軟骨部分を指します。骨端線が活性化され、軟骨が増殖することで硬い骨になり伸びていきます。

骨端線はどこにある?

骨端線は骨の両端にあります。全身の骨に存在していますが、身長の伸びに関係する骨端線は、大腿骨や脛骨、背骨の骨などの部位です。

身長が伸びない場合は骨端線が残っているかどうかを確認して対応を

子どもの身長が伸びない場合、整形外科でレントゲンによって骨端線が残っているのか確認することができます。

しかし痛みなどの症状がない場合、レントゲン撮影は医療行為とみなされないため病院から断られる場合もあります。前もって確認してから受診しましょう。

レントゲン撮影が可能としても保険適用外なので、費用は10,000円弱と割高になることが考えられます。あくまで目安の価格なので、問い合わせの際に一緒に確認しておくと安心です。

骨端線はいつまであるの?骨端線閉鎖いつから起こる?

一般的に骨端線は、男の子は17~18歳、女の子は15~16歳頃に閉鎖してしまうと言われています。しかし個人差があることなので、子どもによって大きく異なることもあります。

骨端線が閉じる原因は?

骨端線は子どもしか存在せず、大人への成長過程で閉鎖してしまいます。その原因は、子どもから大人へと体を変化させる女性ホルモンのエストロゲンの影響を受けるためです。

男子の場合

思春期の終わる17歳頃に男性ホルモンのテストステロンからエストロゲンが作られることで、骨端線は閉鎖していきます。

女性の場合

女性は早い段階からエストロゲンが多く分泌されるため、15歳を過ぎた頃には骨端線は閉鎖していきます。

閉鎖した骨端線を復活・再生させることはできるのか?

骨端線が一度閉鎖してしまうと、そこから復活・再生させることはできません。そのため骨端線の存在する子ども時代に、いかに身長を伸ばしておくかが重要になります。

骨端線が損傷してしまうと、子どもの身長に影響はあるの?

身長に影響を与える可能性のある太ももや腰の上の上半身の骨は周囲の筋肉が大きいため、骨端線を損傷するほどの衝撃を受けることは滅多にありません。しかし足の骨端線を損傷した場合は身長への影響も考えられます。

骨端線の損傷の原因は?

骨端線の損傷は、骨に強い衝撃が加わることで起こります。高いところからジャンプして足をくじいたり、転んだときにひねったり、壁や物に強くぶつかったりしても、損傷することがあります。

骨端線を活性化させるには?

骨端線を活性化させるには、IGF-1と呼ばれるホルモンが不可欠となります。

成長ホルモンの作用活用

IGF-1とは、成長ホルモンを材料に肝臓で作られる成分です。つまり、骨端線を活性化させて身長を伸ばすには、まずは成長ホルモンの分泌を促す必要があります。

成長ホルモンを増加させるためには?

成長ホルモンを増加させる方法は、日常生活でできるものばかりです。難しいものではないので、ぜひ試してみてくださいね。

十分な睡眠

成長ホルモンは睡眠中に多く分泌されます。成長ホルモンを増加させるために、夜更かしは止めて十分な睡眠時間を確保しましょう。

バランスの食生活

成長期は特に栄養バランスのとれた食生活を意識しましょう。オルチニンやアルギニンなどのアミノ酸は、成長ホルモンの分泌促進に有効とされています。

適度な運動

運動で疲労した筋肉を再生・修復するため、成長ホルモンが多く分泌されます。運動の種類は、筋トレなど筋肉に負荷のかかる無酸素運動が適しています。

ストレスをとりのぞく

ストレスは、成長ホルモンの分泌を妨げることが分かっています。お子さんのストレスを取り除くよう気を配りましょう。

専用サプリメントで栄養補給

成長期の子どもは、毎日豊富な栄養を必要としています。骨端線の成長に役立つ栄養素をサプリメントで補う方法もあります。

コラーゲン(たんぱく質の一種)

骨端線の活性化には、材料となるコラーゲンが必要です。コラーゲンなどたんぱく質が不足すると、弾力性のないもろい骨が作られることになってしまいます。

カルシウム

カルシウムは、たんぱく質と共に骨を構成します。カルシウムによって丈夫な強い骨が作られます。

マグネシウム

マグネシウムには、カルシウムの吸収をサポートする働きがあります。カルシウムと一緒にマグネシウムも摂取するようにしましょう。

骨端線が残っている場合にやるべきこと

骨端線が残っている場合、まだまだ身長は伸びる可能性はあります。

これまでの生活を見直し、成長ホルモンの分泌を促す規則正しい生活へ切り替えましょう。睡眠、栄養、運動などに気を配ることが大切です。

骨端線が無い(閉じている)場合にやるべきこと

骨端線が閉鎖しても、身長を伸ばす方法があります、O脚や猫背など、体の歪みを矯正する方法です。

体のゆがみ矯正には、筋肉を鍛えたりストレッチでほぐしたりなどの方法がおすすめです。他にも整体院に通って矯正する方法もあります。

骨端線が閉鎖するまでは身長を伸ばすチャンス!

骨端線が閉鎖するまでは、身長を伸ばすチャンスです。骨端線が残っている間に活性化させ、子どもの身長を高く伸ばしましょう。

成長ホルモンを増やす方法は、子どもの健康にも良いものばかりです。身長の伸びる時期に生活習慣を見直し、ストレスを感じないで過ごせるよう、親は子どもの成長と健康をサポートしましょう!

おすすめ記事

ノビルンジャーを使った人の声が知りたい! すぐに商品の詳細が気になる方はこちら
息子の身長に困っていた母親がノビルンジャーをお子さんに飲ませた話です。参考にどうぞ! 1日たった2粒で目安で必要な栄養素の約40%も摂れるので、毎日のご飯にプラスするだけ

親子でトレーニング!子どもの運動能力アップと親の運動不足の解消に

現代は大人も子供も運動不足というご家庭が多いことでしょう。遊ぶ場所や体を動かせる場所が減ったということもありますが、勉強に仕事にと大人子供問わずみんな忙しくなってしまったのが運動不足の原因でしょう。成長期のお子さんがいる家庭は、運動する力を伸ばしてあげたいという気持ちもあって、運動不足なのは気になりますよね。

そんな運動不足を感じているご家庭は、時間を見つけて親子でトレーニングをしてみてはとうでしょうか?

今回は、子供は運動能力がアップ、大人は運動不足解消になる親子トレーニングについてまとめました。

遊び感覚で子どもの運動能力を高めるトレーニング

トレーニングというと、とてもストイックで体を極限までいじめ抜くようなものを想像しがちですが、そんなことをしていたら長続きしません。何より子供が逃げ出してしまいます。

トレーニングといってもハードなものでなく、大人も子供も楽しめる遊び感覚でやりましょう。一緒にかけっこをするにしても、大人が圧勝するのではなく、子供にハンデをあげるなりして楽しめるように工夫するといいですよ。

体幹トレーニングでを運動能力の基礎を作る

運動をするときは「体幹」がとても重要になります。体幹とは、ざっくり言うと胴体のことです。厳密にいうならば、胴体の奥深くにある「横隔膜(おうかくまく)」「腹横筋(ふくおうきん)」「多裂筋(たれつきん)」「骨盤底筋群(こつばんていきんぐん)」の4つのことを総じて体幹と言います。

この体の中心にある4つの筋肉を鍛えることによって、運動能力の基礎を作ることができます。大人は体幹を鍛えると腰痛の予防や解消になります。

体幹チェックをする

体幹トレーニングを始める前に、まずは体幹のチェックをしましょう。体幹チェックの方法は色々ありますが、やりやすいのが片足で立つという方法です。

まっすぐの姿勢で鏡の前に立ち、手は腰に添えます。そして片足を前に直角に引き上げて静止します(これを両足分、行います)。このときに、上半身がぐらついていたり、バランスを崩して足を床に付いてしまった場合は体幹が鍛える必要があるということになります。

体幹トレーニング例

体幹トレーニングを始めるには、基本的な動作をおさえておきましょう。腹筋を鍛えるフロントクランチ、プランクなどがそれに該当します。

しかし、せっかく親子でやるのですから2人で出来るものが知りたいですよね。例えば、親子で向かい合う形でうつ伏せになり、お互いの手を握ります。そして足を浮かせてまるでスカイダイビングをしているような姿勢を取ると、背筋や腹筋が鍛えられます。

「これ、結構キツいよね」なんて会話しながら楽しめるトレーニングですよ。

コーディネーショントレーニングで7つの能力を向上させる

コーディネーショントレーニングという言葉に馴染みがないという人も結構いることでしょう。体幹トレーニングや筋肉トレーニングなど、体を使ったトレーニングがありますが、コーディネーショントレーニングは体というよりも「運動神経」を鍛えるものなのです。

コーディネーショントレーニングは大人よりも子供の方が身に付きやすいと言われているので、ぜひ我が子にやらせてみましょう。

リズム能力

リズム能力とは、動作のタイミングに関する能力です。リズム感を養うとこによって、このリズム能力を伸ばすことができます。

音や目に見える指示によって、指定の動作をすることができるなどがリズム感によるものです。

変換能力

変換能力とは、状況に合わせて動作を変える能力です。例えばスポーツで対戦しているときに、相手チームの動きに合わせて相手の得点を邪魔する動作が変換能力です。

動作や展開の早いスポーツほど、この変換能力が高いと有利にできるようになります。

バランス能力

バランス能力とは、正しいバランスをとることや崩れた体勢を立て直す能力です。転びそうになっても、なんとかバランスを立て直せるなどが、バランス能力によるところです。

スポーツだけでなく、日常生活にも重要な役割をもっているのが、このバランス能力なのです。

反応能力

反応能力とは、出された合図に素早く反応する能力です。例えば徒競走なとのスタート時に、フエやピストルの合図と同時に素早くスタートが切れるかというところに反応能力が関係しています。

また、音や目に見える合図だけでなく触られたりという合図も含まれています。

連結能力

連結能力とは、スムーズに筋肉や間接などを動かすという能力です。例えば、柔道などの格闘技で投げ技をかけられたときの受け身を取るということが連結能力に繋がります。

なめらかな動きをすることによって、運動によりケガを防ぐことも出来ます。

定位能力

定位能力とは、モノがある、人がいる場所を把握することが出来る能力です。これは動いているモノや人の位置も把握が出来るということです。

鬼ごっこをはじめ、あらゆる球技にはこの定位能力が必要になります。敵や味方の位置をしっかりと把握できないと試合ができません。

識別能力

識別能力とは、スポーツ道具や用具を使ってそれを上手く操作する能力です。例えば球技系はほぼ識別能力が必要になります。

バスケットやサッカーはボール、野球はボール以外にもバットやグローブを用いてすることになります。

コーディネーショントレーニング例

親子で簡単に出来るコーディネーショントレーニングはズバリ「ジャンケン」です。ここでいうジャンケンとはただのジャンケンではなく、トレーニング用のルールがあります。

まずはお互いの片方の手を軽く握りあって、空いてるもう片方の手でジャンケンをします。そして負けたら握ってる手をサッと引き、勝ったら握ってる手を強くつかんで負けた方が逃げられようにします。

これだけで変換能力や反応能力などを遊び感覚でトレーニングすることが出来ます。

コーディネーショントレーニングを行う際に気をつけること

コーディネーショントレーニングは、親子で楽しく出来るトレーニングです。場所も取りませんし、何処でも出来るも魅力的です。

楽しんでいるうちは、色んなパターンのコーディネーショントレーニングをやることはとてもおすすめなのですが、子供が疲れてきたら切り上げましょう。トレーニングとは言っていますが、楽しむことが一番大切です。子供が楽しんで出来る時間内でトレーニングしましょう。

その他の有効なトレーニング

ここでご紹介したトレーニング以外にも、おすすめの親子トレーニングは色々あります。

なかでも人気のものはトランポリンを使ったトレーニングです。特別に難しいことをするわけでもなく、楽しくトランポリンをするだけでも全身が鍛えられるし、バランス感覚を養うことも出来ます。

大人も童心にかえって子供と一緒に楽しんでみましょう。一見弾んでいるだけなのですが、心地よい疲労感がありますよ。

運動能力を高めることがその後の学力アップにも繋がる

親子でトレーニングすることによって子供の運動能力が上がると、出来ることが多くなりますよね。遅かったかけっこがトレーニングによってフォームが矯正されて格段に早くなった、続かなかった縄跳びが100回出きるようになったなど、「出来なかったことが出来るようになる」という達成感を噛み締めることが出来ます。

この達成感は、運動だけだなく勉強面にもいい影響を及ぼすことがあります。努力が報われるということを身をもって体験しているので、これまで苦手だった勉強にも立ち向かうことが出来るようになります。

トレーニングを楽しんで継続的に続けることで効果が出る

トレーニングは、楽しむことがとても大切です。体が動かすことが目的なので、もちろんしっかりと運動したいのですが楽しくないと続けることはできません。

子供の運動能力を上げて、大人の運動不足を解消するには週に数回は親子でトレーニングすることが理想的です。

子どもを盛り上げるために親が気を付けること

子供は気分が乗らなかったらテコでも動かない子もいます。「トレーニングするぞ!」と強制するのはご法度です。親子トレーニングで大事なのは楽しむことです。楽しいと子供は自然とついてきますよ。

また、難しいトレーニングを子供が出来なくても焦らせたり叱ったりしてはいけません。それでは子供がせっかくチャレンジているのにやる気をなくしてしまいます。

出来るようになるまで待つくらいの姿勢で、のんびり楽しくトレーニングできるように気を付けましょう。

トレーニングを通じて子どもの運動能力アップと親子のコミュニケーションを図ることができる

親子でトレーニングをするということのポイントは「親も一緒に楽しむ」「親子のコミュニケーションをとる」ということです。

トレーニングしているうちに、つい力が入り熱くなって子供の指導ばかりに気がいってしまう親御さんもいるでしょう。しかし、せっかくの親子タイムなのですから、子供と会話でもしながら親も一緒に体を動かして楽しみましょう。

親は体を動かすことによって運動不足解消して子供は運動能力の向上、何より親子の時間が楽しめるという一石二鳥な親子トレーニングはとてもおすすめですよ。

おすすめ記事

ノビルンジャーを使った人の声が知りたい! すぐに商品の詳細が気になる方はこちら
息子の身長に困っていた母親がノビルンジャーをお子さんに飲ませた話です。参考にどうぞ! 1日たった2粒で目安で必要な栄養素の約40%も摂れるので、毎日のご飯にプラスするだけ

子供の身長を伸ばしたい!親が気を付けてあげたい食事など

子供が成長期になると、親としては身長の伸びが気になりますよね。個人差があるものとはわかっていても周りに発育のいいお子さんがいると「うちの子って、身長の伸びが悪いような…」と気になってしまうものです。

親として子供の身長を伸ばすために何か出来ないものかと悩む親御さんは、まずは食事について考えてみてはどうでしょうか?毎日の食事の内容によって、子供の身長の伸びをフォローしてあげられることもあるのです。

今回は、子供の身長の伸びを助けるための食事や栄養についてお話していきます。

子供の身長と食事は深く関係している

子供の身長の伸びと食事の内容は深く関係しています。「我が家はたくさん食べさせているので、身長の伸びは心配していない」というご家庭もあるかもしれませんが、食事の量ではなく食事の内容、すなわち栄養バランスが重要です。

もちろん、極端に食事量が少ないのは問題ですは、たくさん食べさせている場合でも栄養バランスが偏っていては体重ばかりが増えて身長の伸びが悪い場合があります。

今どきの子供の食事事情はどうなっている?

今どきの子供は、ファーストフードなどのジャンクフードを食事として摂ることも多く、栄養が偏っている子供がとても多いです。味が濃く、子供が好きなメニューが多いのでよく好んで選ばれていますが、添加物がたくさん含まれていてよくありません。

また、朝食を食べない子供がとても多くなりました。塾で帰りが遅かったり、テレビ鑑賞やゲームをしていて夜更かしをしてしまい、寝坊して朝食を食べる時間が取れないなんてことが多いようです。

子供の成長にはバランスのとれた食生活が必要

成長期の子供には、きちんと栄養バランスがとれた食事が必要です。健康的に育つためにも身長を伸ばすためにも、まずは栄養が大切なのです。

「野菜たっぷりの食事を!」と意気込む親御さんもいますが、野菜だけがすべてではありません。肉や魚、果物などまんべんなく摂取してバランスよく栄養をとりましょう。

また、1日3食欠かさずにしっかり食べることも大切です。1日のエネルギー源は朝食です。3食をしっかり食べる習慣を身につけましょう。

子供の身長を伸ばすために必要な栄養素

子供の身長を伸ばすために必要なのは栄養バランスのとれた食事ですが、特に注意して摂取しておきたい栄養素というものがあります。

たんぱく質

たんぱく質は、骨や筋肉、臓器など体を作る素となる栄養素です。身長を伸ばすためにはこのたんぱく質が不可欠です。

また、たんぱく質は成長ホルモンの分泌を促進する働きがあります。体をしっかりと作ってくれる上に成長ホルモンの分泌まで促進するという優れものの栄養素です。

カルシウム+マグネシウム

カルシウムと言えば、骨に重要な栄養素であることが広く知られていると思います。しかし、身長を伸ばすためにはカルシウムを摂取するだけでは足らないのです。

カルシウムを摂取するときは、マグネシウムもセットでとるようにしましょう。マグネシウムは骨を強化する働きがあります。カルシウムで骨を作り、マグネシウムでその骨を強化すると身長アップにもつながりますよ。

ビタミンC・ビタミンD・ビタミンK

ビタミンも身長アップに欠かせない栄養素です。ビタミンの中でも知名度が高いビタミンCは、骨の強化に必要なコラーゲンの生成を助ける働きがあります。

ビタミンDは、身長アップに不可欠なカルシウムの吸収を助ける働きがあります。食事による摂取だけでなく、太陽の光を浴びることによって体内で合成することができるビタミンです。

ビタミンKは、ビタミンD同様にカルシウムの吸収を助けます。

亜鉛

亜鉛はたんぱく質の合成を助ける働きのある栄養素です。たんぱく質は身長アップに不可欠な栄養なので、それを合成する亜鉛も欠かせない栄養ということになります。

また、亜鉛は成長ホルモンの分泌を促進する効果があります。

こんな食事ばかりでは成長の妨げに

子供はお菓子が大好きですよね。お菓子をたくさん食べ過ぎてご飯が食べられないなんてこともよくあるでしょう。お菓子には栄養が少なく、これでお腹が膨れてご飯が食べられないとなると成長に大切な栄養がとることが出来ません。せっかく親が頑張ってもこれではいけませんよね。

また、インスタント食品ばかりの食事もいけません。インスタント食品には添加物などが多いので子供に限らず大人の体にもよくありません。

子供が健やかに育つ食事とは、栄養バランスを考慮した親の手作りの食事です。インスタント食品ばかり、肉などの子供が好物ばかりなどならないように気を付けてあげましょう。

食事だけで栄養を補えないと感じたら補助食品を活用してみる

毎日の食事で栄養をまんべんなく摂り続けるのはとても大変なことです。毎日栄養のことばっかり考えているとパンクしてしまうので、補助食品を上手に活用してみるもの1つの手段です。

Dr.Senobiru(ドクターセノビル)

身長アップをサポートするサプリとして有名なDr.Senobiru。使用している人もたくさんいます。成長や身長アップに欠かせないアルギニンが主成分となっています。

子供のアルギニンの摂取については色々言われてきましたが、Dr.Senobiruは日本で製造して安全に作られているので安心して飲ませられるものです。

アスミール

子供の健やかな成長を促すための栄養補助ドリンクのアスミール。あらゆるメディアで取り上げられていてご存知の方も多いことでしょう。アルギニンと亜鉛がたくさん配合されており、身長アップが期待できます。

ココア味で飲みやすいのも人気の理由です。

のびのびスムージー

のびのびスムージーはたくさんのビタミンを豊富に含むスムージータイプの栄養補助ドリンクです。野菜嫌いのお子さんだと、野菜から得られるビタミンが不足しているのではと不安になるでしょうが、のびのびスムージーはビタミン不足をファローします。

ココア味なので、子供も喜んでのんでくれますよ。

食事と同じくらい「睡眠」も大切

子供の成長には、食事のほかに睡眠も同じくらい大切です。

子供の成長ホルモンは、夜中の眠っているときに体内で分泌されます。特に夜の22時から翌2時の間に成長ホルモンは大量に分泌されるので、それまでには熟睡しておきたいところです。睡眠によって身長アップが望める…まさに「寝る子は育つ」とはこの事ですね。

成長ホルモンを十分に分泌させるためにも、21時には布団に入って眠れる環境を作っておくといいでしょう。

身長アップには親の食事の努力が不可欠

身長アップにはバランスのとれた食事が大切です。ただでさえ子供が飽きずに食べてくれる食事のメニュー作りや食事の準備は大変なのに、そこに栄養バランスをしっかり考えるとなると親は本当に大変ですよね。

しかし、子供の健やかな成長には、子供の体の事のよく考えて作られた親の愛情がこもった食事がとても重要なのです。時には栄養補助食品やサプリの力を借りながら、子供の成長をサポートしていきましょう!

おすすめ記事

ノビルンジャーを使った人の声が知りたい! すぐに商品の詳細が気になる方はこちら
息子の身長に困っていた母親がノビルンジャーをお子さんに飲ませた話です。参考にどうぞ! 1日たった2粒で目安で必要な栄養素の約40%も摂れるので、毎日のご飯にプラスするだけ

身長が伸びる夏!その要因が分かれば季節に関わらず身長は伸ばせる

子供の身長の伸びは、親にとって気になるものですよね。高身長とは行かなくても、人並みの身長にはなってほしいと思うものです。

そんな悩みの種である子供の身長が、劇的に伸びる季節があるのをご存じでしょうか?それは、ズバリ「夏」なので。「季節と身長って関係あるの?」「何故、夏には身長が伸びるの?」など、不思議に思う人はたくさんいることでしょう。

今回は夏に身長が伸びる理由を調べたのでお伝えしていきます。

夏に身長が伸びるのには、夏ならではの生活習慣が関係している

夏休みになると、忙しい学校生活から解放されて、外で遊んだり、たくさん眠ったりする時間が多くなりますよね。こんな生活が身長を伸ばすいい機会になっているのです。

何故夏がに身長を伸ばすのにいいのかというと、大きな要因は「太陽の光」と「睡眠」です。外で遊ぶことによって太陽の光を浴びて、夜にはしっかりと睡眠をとれる環境にあるからなのです。夏休みだと、いつも学校などで忙しい子供でも時間にちょっと余裕ができるのでたっぷり遊ぶこともゆっくり眠ることもできますものね。

しかし、なぜ太陽の光と睡眠が身長アップによいのか気になりますよね。このことをちょっと詳しく見ていきたいと思います。

紫外線を浴びる量が増えることで骨の育成に必要な「ビタミンD」の生成が促される

夏は太陽の季節です。照りつける太陽の光は紫外線を含んでいます。この紫外線こそ、身長を伸ばすために不可欠なビタミンDを体内で生成するのに必要なものだったのです。

ビタミンDは、骨を形成する働きをもつカルシウムの吸収を助けるのです。身長と骨の形成や成長は深く関係しているので、骨が丈夫になれば身長も伸びやすくなるのです。

そしてこのビタミンDは、食事から摂取するだけでなく、紫外線に当たることによって体内で生成できるのが大きなポイントです。夏休みは紫外線が多いし、外でも遊ぶのでビタミンDの生成にはピッタリです。

しかし、現代では紫外線は「日焼けしすぎるのが心配」「日射病が怖い」といって外で遊ばせるのを極端に避ける親御さんもいます。確かにこの2つは心配なものですが、日焼け止め対策をしっかりとり、帽子と十分な水分を持たせることによって防ぐことができます。

太陽光に当たる時間が増えることでよい睡眠が得られる

太陽の光に当たる時間が増えるとよい睡眠が得られると聞いて、ピンとこない人もいるでしょう。太陽の光を浴びると、体内でセロトニンというホルモンの分泌が促されます。そのセロトニンが「メラトニン」というホルモンを作り出しているのですが、それがよい睡眠の秘密なのです。

メラトニンとは睡眠に関係するホルモンで、メラトニンが作られることによって質の良い睡眠をすることができるのです。成長ホルモンの分泌は夜寝ている時にされるので、その時にはグッスリと気持ちのよい眠りにつけているのが理想です。

睡眠によって身長を伸ばすために必要な「成長ホルモン」の分泌が増える

成長ホルモンは運動している時と夜眠っている時に分泌されます。成長ホルモンは身長アップには欠かせないものです。

成長ホルモンは、夜22時から翌2時の間のゴールデンタイムと呼ばれている時間帯に大量に分泌されますので、その時間帯は熟睡しておくのがベストです。

成長期の子供はテレビにゲームに勉強にで、夜更かししてしまう子が多いですが出来れば21時までには眠れる体制を作っておくのが身長を伸ばすことにつながります。

夏に身長が伸びる要因を再現すれば、他の季節でも身長は伸びる

身長が伸びる要因が太陽の光だということがわかれば、夏以外の季節でも身長を伸ばすチャンスを見つけることが出来ますよね。太陽の光は季節を問わずに降り注いでいるので、どの季節でも身長を伸ばすことは可能です。

日中はしっかり太陽の光を浴びて、セロトニンやメラトニンを体内で生成するといいですよ。また、「寒いと身長が縮む」なんてウワサを耳にしますが、これは間違っていて、身長の伸びは気温には左右されません。

太陽の光を浴びた夜は早めに布団に入って。成長ホルモンのゴールデンタイムまでには質の良い眠りについておきましょう。

太陽光の下で運動をする

どうせ太陽の光を浴びるために外に出るのなら、運動をするのがおすすめです。運動によっても成長ホルモンは分泌されるので一石二鳥です。

バスケットボールや縄跳びなど、骨がタテに刺激を受けて身長アップにつながる運動をするといいですよ。

十分な睡眠、質のよい睡眠を確保する

身長アップには十分な睡眠が不可欠です。成長ホルモンが大量に分泌される時間帯までに熟睡しておきたいのはもちろんですが、ゆったりと心穏やかに眠れる睡眠の質の良さも大切です。

日中に太陽の光をしっかと浴びて、就寝の2時間前までには夕飯やお風呂を済ませておき、1時間前にはテレビ鑑賞やスマホ操作を控えると質の良い睡眠をとることができます。

栄養豊富な食生活を心がける

栄養満点の食生活は、健康だけでなく身長アップにもつながります。栄養の摂取によって身長アップが期待できるのは成長期だけです。大人になるといくら栄養を気にしても身長は簡単には伸びません。

成長期は食事によって身長を伸ばすチャンスなので、しっかりと食事から栄養をとりましょう。

ストレスのない毎日を送らせる

今どきの子供は、勉強や人間関係で大人が思っている以上にストレスを抱えています。ストレスは肉体的にも精神的にもよくありませんが、身長の伸びにも深く関係してきます。

アロマを焚いて精神的にリラックスできる環境を作ってあげたり、マメにコミュニケーションをとって子供の悩みを聞いたりしてあげて、ストレスを軽くしてあげるようにしましょう。

身長が伸びるタイミングを逃さないようにする

成長期の子供が、身長を伸ばせるタイミングといえば「運動時」と「睡眠時」です。この2つのときに成長ホルモンが分泌されて身長アップにつながります。このタイミングをいかに充実させて身長を効率よく伸ばしてあげられるかを考えてあげましょう。

無理のない程度に体を伸ばす運動をさせて、質のよい睡眠をとらせるようにしてあげてください。

もっと広い目で見ると、成長期中は常に身長を伸ばすチャンスになっています。栄養面でしっかりとサポートしてあげてください。大人になったときに「あの時期、もっと気にしていれば…」と親子ともに後悔しないように頑張りましょう。

身長アップには「成長期」に身長を伸ばす生活習慣を心がけることが重要

いかがだったでしょうか?身長アップは太陽の光が重要であることがよくわかりましたよね。この事がわかれば、夏に限らずほかの季節でも身長を伸ばすことができます。

日中は太陽の光を浴びて、夜は早く寝るという健康的で規則正しい生活を送ることが身長アップにいい影響があります。

また、これのほかにも適度な運動やバランスのとれた食事も身長を伸ばすためにはとても重要なことです。成長期の子供の身長をしっかり伸ばしてあげるためにも、親はしっかりと生活を見守って、栄養のある食事を作ってあげましょう。

おすすめ記事

ノビルンジャーを使った人の声が知りたい! すぐに商品の詳細が気になる方はこちら
息子の身長に困っていた母親がノビルンジャーをお子さんに飲ませた話です。参考にどうぞ! 1日たった2粒で目安で必要な栄養素の約40%も摂れるので、毎日のご飯にプラスするだけ

身長を伸ばすのに必要な栄養素って?成長期に効率的に摂取しよう

子供の身長の伸びは親にとって関心が強いですよね。一番身長の伸びが期待できる成長期に伸びがイマイチだと心配になりますし、どうにか伸びてほしいと思っている人も多いでしょう。

身長の伸びは個人の性質によるところも強いですが、日常生活の過ごし方によっても影響してきます。特に食事内容は大切で「身長アップに必要な栄養はちゃんと取っているか」ということは重要です。

今回は、身長を伸ばすために必要な栄養素や、身長アップに必要なことなどをご紹介します!

身長の伸びに大きく関係する栄養素とは

体にいい栄養素はたくさんありますが、そのなかでも身長アップにつながる栄養素も数多く存在しています。

身長アップを目指すなら、まずは身長に有効な栄養素を食事に取り入れていきましょう。

カルシウム

骨を丈夫にするというカルシウム。自身も親に「カルシウムをしっかり摂りなさい!」と言われてたことがあるでしょう。

カルシウムは健康な骨を作り、成長させる働きがあります。「骨と身長の伸び、なんの関係が?」と思う人もいるでしょうが、骨が成長すると身長アップを期待することができます。

カルシウムを多く含む食材

カルシウムは毎日摂取したい栄養素です。「カルシウムといえば牛乳!」というイメージがありますが、実は日本人は体質的に牛乳からカルシウムは摂取しにくいのです。カルシウムを効率良く摂るときは、牛乳以外のもので摂取することを考えましょう。

カルシウムを多く含む食材は、煮干しやひじき、小松菜などです。和食中心のメニューにすれば取り入れやすいものばかりですね。

タンパク質

タンパク質とは、体や骨、筋肉、臓器などの全身を作る大切な栄養素です。それに加えてタンパク質は成長ホルモンの分泌を促進する働きがあるので、身長アップには欠かせない栄養素です。

また、タンパク質の1つであるコラーゲンは、身長アップに欠かせないものです。

たんぱく質を多く含む食材

タンパク質を多く含む食材といえば、肉類や魚介類、卵などがあります。豆類にも豊富に含まれています。

どれも毎日の食事に取り入れやすく調理がしやすい食材ですが、摂取しすぎるとあっという間にカロリーオーバーになってしまうので注意が必要です。

マグネシウム

マグネシウムは、身長アップに重要なタンパク質を合成する働きのある栄養素です。また、骨の健康維持にもひと役買うので骨を作るカルシウムを一緒に摂取するといいでしょう。

マグネシウムは、身長を伸ばすための大事な縁の下の力持ちな栄養なのです。

マグネシウムを多く含む食材

マグネシウムは、海藻類や魚介類のほかにも、ナッツ類に豊富に含まれています。アーモンドやカシューナッツをおやつに食べるといいでしょう。

また、大豆製品である木綿豆腐にもマグネシウムが豊富に含まれているので、お味噌汁に入れるなどして積極的に摂取しましょう。

亜鉛

亜鉛は、子供の健やかな成長に欠かせない働きをする栄養素です。体内で新しい細胞を作るときにはこの亜鉛が重要な役割を果たすのです。

また、亜鉛は汗などでどんどん体外に排出されていってしまうので注意しましょう。

亜鉛を多く含む食材

亜鉛が豊富に含まれる食材は、牡蠣やレバーなどのほかには納豆や肉類(赤身に牛肉など)があります。毎日摂りたい栄養素ですが、毎日牡蠣やレバーを食べるのは大変ですよね。

毎朝納豆を食べたり、夕飯に赤身の牛肉を食べるなどして無理のない程度に食事に取り入れてましょう。

また、クエン酸やビタミンCと一緒に摂取すると亜鉛の吸収率が高まりますよ。

アルギニン

アルギニンとは、身長アップにはなくてはならない成長ホルモンの分泌を促す栄養素です。身長サプリでも「アルギニン配合」であることを推している商品がとても多いです。

また、同じアミノ酸の1つであるオルニチンと一緒に摂取すると相乗効果が期待できます。

アルギニンを多く含む食材

アルギニンは、肉類や魚介類、大豆製品、ナッツ類などに豊富に含まれています。鶏肉(むね肉)は、子供でも好きな子が多いし、調理もしやすいので比較的使いやすいアルギニンの含まれる食材です。

また、高野豆腐にもたくさんのアルギニンが含まれています。同じくアルギニンが含まれた鰹節を使って、美味しい高野豆腐の煮物を作ってあげてみてはどうでしょうか。

ビタミン類他

ビタミン類も身長アップに貢献するものがたくさんあります。

ビタミンはどれも健康に役立つものばかりですが、身長アップに必要なビタミンをしっかり覚えて食事やおやつに取り入れていきましょう。

ビタミンD

ビタミンDは、ビタミン類の中でも特に身長の伸びに関係しています。身長を伸ばすために必要なカルシウムの吸収を助ける働きがあるのです。

ビタミンDが含まれる食材は、魚介類やキノコ類などです。キクラゲにはたくさんのビタミンDが含まれていますよ。

ビタミンK

ほかのビタミン類に比べたらあまり聞きなれないビタミンKですが、ビタミンD同様にカルシウムの吸収を助ける働きがあります。

ビタミンKが含まれる食材は、ひきわり納豆、パセリやシソなどの香草類です。香草類が苦手な子供は、ぜひ納豆を食べてビタミンKを摂取しましょう。

ビタミンC

お肌や免疫力向上にいいイメージのあるビタミンCですが、身長アップにもいい働きをします。身長アップに必要なコラーゲンを生成してくれます。

ビタミンCが含まれる食材は、レモンやイチゴなどの柑橘類やピーマンやブロッコリーなどの野菜です。

葉酸やビタミンB12、ビタミンB6

葉酸は摂取するとビタミンB12を作り出し、摂取することによって質の良い睡眠を得ることができます。また、この2つはコラーゲンを丈夫に結合させる働きもあります。

ほかには、ビタミンB6はアルギニンの合成に役に立つ栄養素なのでこちらもしっかりと摂取しておきたいとことです。

葉酸やビタミンB6が含まれている食材はレバーなどです。

銅やマンガン、ビタミンC

銅、マンガン、ビタミンCは、たんぱく質を生成する働きがあります。身長アップにはタンパク質は欠かせませんので、欠かさずに摂取しましょう。

身長が伸びるメカニズムを知って、日常生活を通して身長アップを!

身長アップのための近道は、身長が伸びるメカニズムをよく理解しておくということです。まずは「どうやって身長が伸びていくのか」ということを知っておきましょう。

成長期の子供は「成長ホルモン」の分泌によって身長を伸ばすことができます。成長ホルモンは、基本的には寝ている時と運動をしている時に分泌されます。

そのほかにも、日常の食事から分泌のサポートをすることができます。身長アップにいい栄養素を摂って、十分な睡眠や適度な運動をすることによって、身長は伸びていくのです。

適切な食事と栄養

身長アップなどの健やかな成長のためには、食事による栄養摂取は1番大切なことです。毎日の食事からバランスよく栄養をとることによって、身長は着実に伸びていきます。

しかし、たくさん食べればいいというものではないので、そこは注意しておきましょう。

身長アップサプリメント

毎日の食事を頑張って作っていても、どうしても不足してしまう栄養素というものはあります。努力しても補えない部分は、サプリメントなどの力を借りるといいですよ。

しかし「サプリ飲んでるから安心!」というわけではありません。サプリはあくまで補助的なものなので、主な栄養摂取は食事からとるように心がけましょう。

十分な質の良い睡眠を摂ろう

成長期の子供の身長を伸ばすためには、十分な質の良い睡眠をとることも大切です。成長ホルモンは、夜中の22時から翌2時の間に大量に分泌されます。その時間にはグッスリと眠りについておきたいところです。

質の良い睡眠をとるためには、就寝の2時間前までには食事と入浴を済ませておくといいですよ。

適度な運動をする

今どきの子供は勉強で忙しかったり、家でゲームをしたりなどで外で遊ぶことが少なくなってきました。ですが、身長アップのためには適度な運動は不可欠です。

特に骨がタテに刺激が加わるようなスポーツや遊び(バスケットボールやバレーボール、縄跳びなど)は、身長アップに効果的です。

ストレスを溜めない

何事もストレスは良くないように、身長アップにもよくありません。

ストレスが溜まると、食欲不振や睡眠障害などに陥ることがあり、成長ホルモン分泌に必要なことが十分に出来ないことがあります。また、ストレスによって成長ホルモンの分泌自体がストップするということもあります。

身長を伸ばすタイミングを逃さないようにする

成長期とは、多少の男女差はありますが、だいたい10歳から16歳くらいまでのことをいいます。また、「骨端線」というものがなくなったら医学的には成長期は終了だといわれています。

成長期が終わると身長は伸びづらくなるので、身長アップを望むなら骨端線がなくなるまでに身長アップのためのできる限りのことをやりましょう。

身長を伸ばすためには、成長期に必要な栄養素を十分にバランスよく摂取することが重要

成長期の子供の身長を伸ばすためには「栄養バランスのとれた食事」「十分で質の良い睡眠」「適度な運動」が大切で、特に食事は気を付けたいものであるということがお分かりいただけたかなと思います。

身長アップにいいという栄養素は、必然的に健康や成長にもつながるものばかりなので、日常的に摂取できるようにしましょう。

また、食事では補いきれない栄養素がある場合はサプリメントなどの栄養補助食品を上手に取り入れていきましょう。その際は、子供にあったサプリメントを親がしっかりと選んであげてくださいね。

おすすめ記事

ノビルンジャーを使った人の声が知りたい! すぐに商品の詳細が気になる方はこちら
息子の身長に困っていた母親がノビルンジャーをお子さんに飲ませた話です。参考にどうぞ! 1日たった2粒で目安で必要な栄養素の約40%も摂れるので、毎日のご飯にプラスするだけ

子供の身長は遺伝?遺伝ではない?両親が小さくても大きく育つ可能性ってあり?

こんにちは、身長145cmのチビママライターです。
ママが小さいもので、子供にも遺伝しないかと中々に心配している所なのですが、今回はそんな身長のお話をしていきましょう。

まず最初のお話は身長は遺伝なのか、遺伝ではないのか、という事です。
私の家族は両親・祖父・祖母はもちろん、親戚中見渡しても小粒ぞろいで子供のころから「身長は遺伝するもの、小さい事は仕方のない事」と思っていました。
しかし最近になって発覚したのですが、旦那さんは家族みんな小さい中で一人だけ大きいのだそうです。
なるほど、そうなると100%遺伝ではない事が証明されました。となればどれくらいの割合で遺伝するのでしょうか?
それは何と80%だそうです。これはマサチューセッツ工科大学とハーバードの研究者が発表した最新の研究結果だそうです。
つまり、20%は遺伝以外の要因で、両親がどんなに小さくとも子供の身長は伸びる可能性があるという事です。

では、80%が遺伝であるとして、父親と母親どちらに似ることが多いのでしょうか?
「顔が似ているほうに身長も似る」とよくいわれますね。
しかし実際は男の子でも女の子でも母親の影響の方が受けやすいのだそうです。
顔の作りを決める遺伝子と身長を決める遺伝子は全くの別物なのだそうですよ。

そして、両親の身長から子供の身長を計算する方法がこちらです。
ちなみにこちらは両親から100%遺伝すると考えた場合の計算式です。

●男の子の場合 (父親の身長+母親の身長+13)÷2+2
●女の子の場合 (父親の身長+母親の身長ー13)÷2+2

実際は私自身も旦那さんも結果とは違う身長になっているので遺伝以外のだ外的要因によって誤差はあるようですね。

遺伝以外の要因は何があるのでしょうか?
ここまでで80%は遺伝、それも母親の影響を受けやすいとお話ししました。
そうなると、うちの坊やは将来身長のことで苦労するかもしれないなー、という色が濃くなってきました。
しかし、諦めるのはまだ早いですね!
なんといっても20%の可能性で高身長になる可能背があるのです!
問題は、その20%の要因は何なのか?という事です。
それは、睡眠・運動・栄養・愛情など、つまり普段の生活環境なのだそうです。
同じ民族でも過酷な環境で生活をしている人々は身長が低いそうですし、栄養管理を徹底しているオランダでは平均身長が世界一なのだそうです。

成長に必要な栄養はカルシウム・マグネシウム・亜鉛・タンパク質です。
それらをしっかりと採り、成長ホルモンの多く分泌される夜によく眠る事、そして周りの大人たちが愛情をたっぷりと注ぐ事で子供の身長は大きく伸びる可能性があるのです。

おすすめ記事

ノビルンジャーを使った人の声が知りたい! すぐに商品の詳細が気になる方はこちら
息子の身長に困っていた母親がノビルンジャーをお子さんに飲ませた話です。参考にどうぞ! 1日たった2粒で目安で必要な栄養素の約40%も摂れるので、毎日のご飯にプラスするだけ

知りたい!子どもの成長期の身長の伸び率を確認する

身体測定の時期、運動会・授業参観などのイベントごとの時、ふとした時に我が子の身長が気になる時はありませんか?

「うちの子、2歳も年下の子とあまり変わらない!」
「最初に身長ばかりぐんぐん伸びて、途中から伸びなくなってしまったら・・・?」
「◯◯ちゃんはあんなに身長が伸びたのに、うちの子はあんまり大きくなっていないかも・・・」

気になり出したら、学校やスーパー、道ゆく子どもの姿を目にするとついつい我が子と比較してなんとなく不安にかられたり・・・

かくいう筆者にも、2人の子どもがいるのですが、男女で差があるのか、男の子の方は平均して毎年身長が伸びているの対して、女の子の方はゆるやかな伸び。
病院の検診で、「もう少ししたら低身長の検査を受けた方がいいかもね」と言われ、流石に焦りました。

でも・・・「そもそも成長期っていつ?」「成長期の身長ってどのくらい伸びるのがフツウなの?」「伸びなくても大丈夫なの?」など、なんとなく知っているけれど正確なところが分からない、そんな「成長期の身長」について説明していきたいと思います。

日本人の平均身長

まずは日本人の平均身長についてです。
学校保健統計のデータによると、2016年(平成28年)時点で17歳の平均身長は男性170.7cm、女性157.8cmです。
1994年(平成6年度)から2001年(平成13年度)あたりをピークに、以降横ばいとなっています。
なんとなく、今の子は発育がいいというイメージを持っていた方も多いのではないのでしょうか?実は、約20年近く平均身長は変わっていないんですね。
実際、祖父母世代(昭和36年度)、父母世代(昭和61年度)、子世代を比較すると父母世代と子世代間より、祖父母世代と父母世代での増加が大きいというデータが出ています。
かつて栄養が不足していた時代から、一定の栄養が採れる食生活になってきたことがわかります。

身長が伸びるってどういうこと?

つづいて、身長が伸びる仕組みについてです。
身長が伸びる、という事は骨がそのままの形で大きくなる訳ではありません。
「骨端腺(こったんせん)」という、成長期特有の骨が硬くなる前の柔らかい状態の軟骨組織が伸びて、骨化がおこり、骨は長軸方向に伸びていく。それが、「身長が伸びる」ということにつながります。

子どもの骨と大人の骨のレントゲン写真を比較すると、子どもの骨の方には「骨端腺(こったんせん)」と呼ばれる骨と骨との繋ぎ目の軟骨部分があるのが分かります。
この骨端線、成長期が終わる頃にはなくなって(ふさがって)しまうので、一定の時期になると成長が止まる、という訳です。

身長が伸びるのはいつ?

「深い眠りのときにたくさん分泌される成長ホルモンが、骨の成長を促します。」
(引用:BBC NEWS | Health | 骨は夜に成長する)

つまり、睡眠中に身長が伸びる、ということ。
この睡眠については後ほど詳しく解説していきます。

遺伝について

さて、「身長=遺伝」、というイメージを持つ方も多いはず。
実際、筆者も病院で子どもの低身長が疑われた際、お医者さんから「お父さんとお母さんの身長は?」と質問されました。
遺伝で、子どもに身長の影響があるのは約25%〜30%と言われています。
それ以外は、「睡眠・運動・食事(栄養)」の3つが大切な要素。
つまり、遺伝以外の約3/4は家庭での環境や自身の努力で身長を伸ばせる可能性があるんです。

成長期はいつ?

身長は、常に同じペースで伸びる訳ではありません。
子どもの代謝状態やホルモンの出方、生活環境によって個人差はありますが、いわゆる「成長期」と言われる時期にめざましいスピードで成長していきます。
では、実際に「成長期」とはいつなのでしょう。
「成長期」とは、一般的に新生児から2歳までの間と小学校高学年から中学生の思春期を迎える「第二次性徴期」の頃、年齢でいうと、女の子=10〜12歳、男の子=12〜14歳の頃をさします。
その中でも、「成長スパート期」という、成長速度がピークに達する年齢は、男の子が13歳、女の子が11歳だと言われています。ピーク以降、成長はゆるやかになり次第に身長の伸びは止まります。

成長期の伸び率

成長期がいつ頃か分かったところで、身長の伸び率はどうでしょうか。
新生児の身長は約50cmです。
そこから1歳までに約1/2の約25cmが伸び、約87cm。
2〜4歳までにその半分の約12cm。それ以降は約6cmずつ伸びていきます。
そして、第二次性徴期。
男の子は、12歳頃になると2年間くらいは約8〜9cm。その後、成長スピードは落ち、17歳前後で身長の伸びは止まります。
女の子は、男の子よりも早い10歳頃から同じく2年間くらいの間、約7〜8cmのペースで成長していきます。二次成長期に入る時期も早い分、15歳前後で成長が止まります。
とはいえ、個人差が大きいので、焦らなくても大丈夫。男性は25歳前後、女性は22歳前後まで骨端線があるケースがあるようで、筆者自身も成人後の健康診断でわずかに身長が伸びています。

それでは、成長期の時期と伸び率が分かったところで、前述した遺伝以外の要素についてです。

成長期に大事なこと1~睡眠~

人間の三代欲の1つで、切っても切り離せないのが睡眠。
「早く寝ないと大きくなれないよ!」なんて言われた事はありませんか?
その言葉はあながち間違いではなく、睡眠と成長には密接な関係があります。
睡眠中に身長が伸びる、というのは「成長ホルモンが骨の成長を促す」から。
では、この成長ホルモンはどのタイミングで分泌されるのでしょうか?
成長ホルモンがもっとも多く分泌されるのは、眠り始めから3時間くらいの間に訪れる最も深い眠りの第4段階の時。

理想的な睡眠時間は、小学生であれば約9時間、中学生以上であれば7時間以上と言われていますが、上記の通りやみくもに長時間寝れば良いわけではありません。
質のよい睡眠をとることが成長には不可欠なのです。

実際に、そんな睡眠の質をあげるための方法です。

(1)寝る前に脳に刺激を与えない
・寝る直前にテレビやスマホなどの画面を見ない
・夕方の遅い時間や夜に運動をしない

(2)寝る前に血糖値を上げない
・夕食やおやつは寝る2時間前までに

(3)寝る前に1度体温を上げる(上がった体温が下がって行く時に副交換神経が働きます)
・寝る1時間前くらいに入浴する
・シャワーだけで済ませず湯船にゆっくり浸かる」
(引用:高光製薬株式会社)
など、ちょっとの工夫でできる事がたくさんあるので、一度試してみてください。

成長期に大事なこと2~運動~

やはり、適度な運動は大切です。
バスケットや縄跳びなど、身長が伸びる!と言われるスポーツがありますが、医学的には根拠はないそう。
ただ、運動をすることで成長ホルモンが分泌されるので、筋肉を使う運動が重要であると言う事は間違いありません。
運動をすることで食欲が出て食事をする、ほどよく疲れるため寝つきが良くなる、と成長期に大切な「睡眠・運動・食事(栄養)」の良い循環が生まれるのです。

成長期にやっちゃダメって本当?

余談ですが、成長期に筋トレや激しいスポーツはダメ!なんてことを聞いた事はありませんか?実際のところ、どうなのか調べてみました。

『成長期の骨は柔らかいです。この時期に激しい運動をすると、骨の成長に悪影響を与える可能性が高いです。』
(引用:福岡らくらく整体院)

『この時期は成長により骨が急激に伸長し、関節周囲の筋肉、靱帯が引っ張られ、運動をしていなくてもこれら軟部組織に過伸展力が加わっています。成長期の子供は大人と違い関節周囲の骨には骨端線という脆弱な組織があります。そこに付着する軟部組織の過伸展力は骨端線離開という骨の障害を引き起こすこともあります。』
(引用:清水スポーツ整形外科)

と、やはり激しい運動は良くない、ということがわかります。
負担をかけすぎずに、適度な運動をさせたいですね。

成長期に大事なこと3~食事(栄養)~

最後に食事、つまり栄養です。
牛乳を飲む、軟骨を食べる、牛肉を食べる、サプリメント・・・多数ありますが、一番大事なのはこれも「バランスのよい」食事です。

「背が伸びるための栄養としては、タンパク質が重要ですので、食事の中のタンパク質の割合を多く摂るように心がけてください。ビタミンやカルシウムなどもバランスよく取る必要は有ります。しかし、カルシウムは骨を強くしますが、骨を伸ばす働きはありません。牛乳はカルシウム源としては理想的ですが、タンパク質という面では不十分ですので、やはり肉・魚・納豆・豆腐などから摂ることが必要です。」
(引用:たなか成長クリニック)

と、あるように、身長だけでなく、健康面から考えても栄養バランスの取れた食事を心がけたいものです。

こうしてみると、遺伝以外で可能性のある三大要素「睡眠・運動・食事(栄養)」に必要なのは総じて「質の良い・バランスのよいもの」という事がわかります。
無理せずご家庭のペースでできることやってみるのが良いですね。

それでもやっぱり気になる・・・

そんなに焦らなくても大丈夫。
まずは家庭の中でできる事を1つずつやってみませんか?
ママの感情の機微を察知する子どもの能力はすごいです。
ママとして、「大丈夫!」と、どーんと構えて笑顔でいてあげてくださいね。
それでも、色々やってみたけれど、どうしても不安だったり、やっぱり成長の伸びが悪い・・・そんな時には一度近くの医療機関へ相談するのも良いでしょう。

まとめ

「成長期の身長」についてお分かりいただけたでしょうか?
大切なのは「バランスのよい生活」を送るということ。
これは成長期のお子さんだけでなく、大人にとっても大切です。
しっかり成長できるよう家庭でうまく付き合っていきたいものですね。

おすすめ記事

ノビルンジャーを使った人の声が知りたい! すぐに商品の詳細が気になる方はこちら
息子の身長に困っていた母親がノビルンジャーをお子さんに飲ませた話です。参考にどうぞ! 1日たった2粒で目安で必要な栄養素の約40%も摂れるので、毎日のご飯にプラスするだけ

鉄棒にぶら下がると身長が伸びる!?子供の身長を伸ばす方法をご紹介!

鉄棒にぶら下がるだけで、身長が伸びるのは本当?

鉄棒にぶら下がるだけで身長が伸びるのは本当なのでしょうか。巷では、よく伸長器などの器具が販売されていますが、実際の効果はどうなのでしょう。

単刀直入にいうと、鉄棒にぶら下がるだけで身長が伸びることはありません。もし、鉄棒にぶら下がって身長が高くなったように感じたら、それは一時的に外力によって関節間が引き伸ばされているだけです。しばらくすれば、重力によって元の身長へと戻ってしまいます。

身長を伸ばす方法はある!

鉄棒にぶら下がっても子供の身長は伸びません。しかし、諦める必要はありません。身長を伸ばす方法はあります。

身長を伸ばす、つまり身体を成長させるのは、鉄棒にぶら下がるなどの外力ではなく、栄養やホルモン、ストレス、環境などといった内因性の要因です。これらによって身長は調節されたり促進されたりしています。

この内因性の要因に働きかけることが、身長を伸ばす大きな一歩となります。ここでは、この内因性の要因により身長を伸ばすには、どのようにアプローチしていけばよいのか、身長を伸ばすポイントをご紹介していきます。

身長を伸ばす一番大切な特効薬は「睡眠」

身長を伸ばす一番効果のある方法は睡眠をしっかりととることです。
なんだそんな簡単なことかと思うかもしれませんが、実際に正しく睡眠をとっている子供はどのくらいいるでしょう。ゲームやスマートフォンなど、夜遅くまでいじって遊んではいませんか?または塾の帰宅時間が夜遅い時間になっていませんか?そういった子供達は知らず知らずのうちに、自ら身長が伸びる可能性を妨げています。

実際に、低身長に悩み、病院に診療を受けにきた子供のうち、睡眠をしっかりととる生活に変えただけで、急激に身長が伸びたという事例がたくさんあります。ホルモン検査などを受けても異常がないなら、夜型の生活による成長の阻害を疑ってみましょう。
事実、夜型の生活を改善し、睡眠をしっかりととった子供達は、平均して1年で10センチほど身長が伸びたというデータがあります。

熟睡中にこそ、身長を伸ばす成長ホルモンが多量に分泌!

身長を伸ばすには、なにはともあれ睡眠をしっかりととることですが、なぜ、こんなにも睡眠が身長に影響を及ぼすのでしょう。

それは、熟睡中に、成長期に骨を伸ばすために必要なホルモン「成長ホルモン」が多量に分泌されるからです。成長ホルモンの約三分の二が、熟睡中に分泌されていると言われています。この成長ホルモンは軟骨に働きかけて骨へと成長させて背を伸ばします。

午後11時~午前2時は熟睡しよう

この成長ホルモンですが、一定の決まった時間に多量に分泌します。それは午後11時~午前2時。この時間帯にしっかりと熟睡すれば、自然に成長ホルモンが多量に分泌されます。午後11時に熟睡している状態でいるには、午後9時には布団に入っておく必要があります。午後11時には熟睡できるように、午後9時には寝るようにしましょう。

また、子供の睡眠時間は、幼稚園の年長なら10時間、小学生なら9時間、中学生なら8時間は必要です。必要な睡眠時間をしっかりととらなければ、身長は伸び悩みます。必要な睡眠をしっかりととって、身長を伸ばす努力をしましょう。

また、子供の昼寝についてですが、理想は午後2時までに20分程度です。夕寝は夜更かしの原因となるのでやめさせ、その代わり早めに寝かせるようにしましょう。

栄養豊富な生活が大切!睡眠の次に大切なのは栄養

身長を伸ばすために、睡眠の次に大切なのは栄養です。栄養と一口にいっても、様々ありますが、どんな栄養素が大切なのでしょう。答えは、全ての栄養素が大切です。さまざまな栄養素をまんべんなく食べることこそ、身長の伸びへと繋がっていきます。何か一つの栄養をとると身長が伸びるということはありません。なるべく様々な栄養を摂取することよう心がけましょう。以下は、身長を伸ばすために必要な基本となる食事です。

身長を伸ばすための基本となる食事

1.主食(ご飯・パン・麺)
2.おかず(肉・魚・卵・大豆)
3.野菜(海藻・きのこも含む)
4.果物
5.乳製品(牛乳・ヨーグルト・チーズ)

とは言っても、身長を伸ばすために栄養を効率よく摂取するポイントはあります。次に身長を伸ばすための効率の良い栄養の取り方をご紹介します。

骨となる材料「カルシウム」と「タンパク質」を効率良くとるポイント

身長を伸ばすために必要な骨の伸び。この骨の成長を促すのが、カルシウムとタンパク質です。しかし、前述したように、身長を伸ばすには、カルシウムとタンパク質だけ、たくさんとればよいという訳ではありません。他にも様々な栄養素をとってこそ、カルシウムとタンパク質の栄養素が活躍してくるのです。カルシウムとタンパク質を効率良く摂取するにはコツがあります。

まず、カルシウムと一緒にとってほしいのが、ビタミンDとクエン酸。カルシウムは体に吸収されにくい栄養素なため、ビタミンDやクエン酸とともに摂取することで身体への吸収を助けます。

カルシウムの豊富な食材

大豆食品(納豆・豆腐・枝豆)、海藻(ひじき・わかめ・めかぶ)、野菜(モロヘイヤ・ほうれん草・小松菜)、乳製品(牛乳・ヨーグルト・チーズ)

ビタミンDの豊富な食材

鮭・きのこ類

クエン酸の豊富な食材

柑橘系の果物、梅干し、酢

次にタンパク質ですが、タンパク質は大豆製品をともに摂取することで筋肉や骨の合成が効率よく行なわれます。

タンパク質の豊富な食材

鶏肉・豚肉・牛肉

様々な栄養をまんべんなく摂取しながら、カルシウムやタンパク質のとり方をほんの少し意識するだけで、栄養面から身長の伸びへとアプローチすることができます。

野菜嫌いは身長に悪影響を及ぼす

野菜も身長を伸ばすのに必要な栄養素が含まれています。野菜に含まれるビタミンやミネラルには、細胞や組織の合成をすることで体の成長を促す働きがあります。ビタミンやミネラルも身長を伸ばすために必要な栄養素です。つまり、野菜嫌いな人は、このビタミンやミネラルが十分にとれていない可能性があるため、身長が伸び悩む場合もあります。身長を伸ばすために、なるべく野菜がとれるように出来る限りのことを尽くしてみましょう。

身長が伸びやすいのは、ぽっちゃり体型!

太りすぎと痩せすぎは、身長が伸ばしづらい体型です。太りすぎは、栄養をしっかりと摂取できていても、身長の伸びに悪影響が出てきます。また、痩せすぎも栄養の摂取がしっかりと行われていないため、身長が伸び悩む傾向にあります。

体脂肪をつくる脂肪細胞は、健康を保つための善玉ホルモンを作り出していますが、肥満になると、脂肪細胞が膨らみ、膨らんだ脂肪細胞からは体に害のある悪玉ホルモンが出ていることが分かっています。そして、この悪玉ホルモンの中には、身長を伸ばすのに必要な成長ホルモンの分泌を妨げるものが含まれています。そのため、肥満児は身長が伸び悩む可能性を秘めています。多少、太めなくらいなら問題はありません。身長の伸びにも影響はありません。肥満児とは、体を動かすのも辛いという過度な肥満を指します。

また、痩せすぎの児童も身長の伸びに悪影響を及ぼします。体が痩せすぎの状態とは、必要な栄養が足りず、飢餓状態であることです。体が飢餓状態では、身長を伸ばすところではありません。まずは、命が大切であるため、体は生命の活動を維持するのに精一杯。全ての働きは生命活動を維持することだけに向けられます。

痩せすぎの状態、つまり、成長期に極端に体脂肪率が低い状態では身長を伸ばすことはできません。よって、成長期のダイエット、拒食症、体脂肪率を極端に減らすスポーツなどは、身長を伸ばす妨げになります。程よい体脂肪率があってこそ、体は成長するもの。身長を伸ばすには、ある程度、体脂肪率のある少しぽっちゃりしているくらいが伸びやすいです。

血流アップで身長を伸ばそう

身長の伸びを左右するのは運動ではなく、血行を良くすること

よく、バスケットボールやバレーボールをすると身長が伸びるという話を聞いたことがあります。これらのスポーツは、本当に背を伸ばしてくれるのでしょうか。

医学的な見地からいうと、スポーツの種類によって身長が伸びることはありません。また、運動をしたからといって、それが必ずしも身長を左右するわけではありません。しかし、運動をすることで血行がよくなり、体の栄養が滞ることなく体の隅々へと運ばれて、体の成長を促進してくれるので、そういった意味では身長を伸ばすのに有効です。運動というよりも、体の血流を良くすることが身長の伸びに繋がります。シャワーで済ませず、しっかりと湯船に浸る習慣を身につけ、血の巡りを良くするのもいいでしょう。

筋肉をつけると身長がアップしやすい

運動で筋肉を増やすと、血流がアップします。血流がアップすると、細胞の働きが活発になり、身長を伸ばす成長軟骨の増殖へと繋がります。

たまに、筋肉をつけすぎると背が伸びにくくなるという話を耳にしますが、これも医学的な根拠のない話です。統計学的なデータもまったくありません。筋肉は伸びるものなので、筋肉をつけたからといって、それが成長しようとする骨を押さえつけることはありません。筋肉の発達は、身長を伸ばしたい子供達に悪い影響を及ぼすことはありません。

諦めないで!身長の決め手は遺伝だけでは決まらない

子供の身長が両親の身長に影響される割合は90%。しかし、あきらめる必要はありません。両親がともに小さいからと悲観するのはまだ早いです。

日本体育協会では、両親の身長から子供の身長を予測する計算式を出しています。

男児の場合:(父の身長+母の身長+13.0)÷2+2.0

女児の場合:(父の身長+母の身長-13.0)÷2+2.0

日本体育協会では、この計算式で出される身長の数センチ前後で、子供の最終身長は収まるだろうと予測しており、この範囲内で収まるケースが一般的ですが、実際には、この最終身長よりも身長が高くなるケースもあれば低くなるケースもあります。つまり、遺伝で身長の全てが決まるとは言い切れないのです。

身長を伸ばすには寝るのが一番!

身長を伸ばすには、十分な睡眠・栄養・血行を促進する適度な運動が大切です。しかし、成長期に十分な睡眠・栄養・血行を促進する適度な運動をとってきた児童は果たしてどれくらいいるのでしょう。

特に睡眠は身長を伸ばすのに有効な手段です。忙しい現代社会では、子供でさえも、夜遅くまでの塾通いや共働きの両親に付き添って夜更かしになりやすいなど、睡眠時間に悪影響が出やすいので、睡眠時間を確保するために生活を見直してほしいところです。

睡眠時間がしっかりととれなければ、身長の伸びに大切な栄養もしっかりととることができません。睡眠不足では、食欲がわかず、朝食をしっかりととることができないからです。人間の身体は、早めに起きて少し体を動かさないと食欲がわかないようにできています。しっかりと寝ることで、一日の活動の源になる朝食をとることができ、朝食をとることで運動する意欲がわくのです。

睡眠は身長の伸びを最も左右するものといっても過言ではありません!睡眠次第で、今後の身長の伸びが変わる可能性が大いにあります。寝る子は育つは真実です。子供の身長を最大限引き伸ばしたいなら、必要な睡眠時間をしっかりととらせましょう。

鉄棒にぶら下がるだけで、身長が伸びるのは本当?

鉄棒にぶら下がるだけで身長が伸びるのは本当なのでしょうか。巷では、よく伸長器などの器具が販売されていますが、実際の効果はどうなのでしょう。

単刀直入にいうと、鉄棒にぶら下がるだけで身長が伸びることはありません。もし、鉄棒にぶら下がって身長が高くなったように感じたら、それは一時的に外力によって関節間が引き伸ばされているだけです。しばらくすれば、重力によって元の身長へと戻ってしまいます。

身長を伸ばす方法はある!

鉄棒にぶら下がっても子供の身長は伸びません。しかし、諦める必要はありません。身長を伸ばす方法はあります。

身長を伸ばす、つまり身体を成長させるのは、鉄棒にぶら下がるなどの外力ではなく、栄養やホルモン、ストレス、環境などといった内因性の要因です。これらによって身長は調節されたり促進されたりしています。

この内因性の要因に働きかけることが、身長を伸ばす大きな一歩となります。ここでは、この内因性の要因により身長を伸ばすには、どのようにアプローチしていけばよいのか、身長を伸ばすポイントをご紹介していきます。

身長を伸ばす一番大切な特効薬は「睡眠」

身長を伸ばす一番効果のある方法は睡眠をしっかりととることです。
なんだそんな簡単なことかと思うかもしれませんが、実際に正しく睡眠をとっている子供はどのくらいいるでしょう。ゲームやスマートフォンなど、夜遅くまでいじって遊んではいませんか?または塾の帰宅時間が夜遅い時間になっていませんか?そういった子供達は知らず知らずのうちに、自ら身長が伸びる可能性を妨げています。

実際に、低身長に悩み、病院に診療を受けにきた子供のうち、睡眠をしっかりととる生活に変えただけで、急激に身長が伸びたという事例がたくさんあります。ホルモン検査などを受けても異常がないなら、夜型の生活による成長の阻害を疑ってみましょう。
事実、夜型の生活を改善し、睡眠をしっかりととった子供達は、平均して1年で10センチほど身長が伸びたというデータがあります。

熟睡中にこそ、身長を伸ばす成長ホルモンが多量に分泌!

身長を伸ばすには、なにはともあれ睡眠をしっかりととることですが、なぜ、こんなにも睡眠が身長に影響を及ぼすのでしょう。

それは、熟睡中に、成長期に骨を伸ばすために必要なホルモン「成長ホルモン」が多量に分泌されるからです。成長ホルモンの約三分の二が、熟睡中に分泌されていると言われています。この成長ホルモンは軟骨に働きかけて骨へと成長させて背を伸ばします。

午後11時~午前2時は熟睡しよう

この成長ホルモンですが、一定の決まった時間に多量に分泌します。それは午後11時~午前2時。この時間帯にしっかりと熟睡すれば、自然に成長ホルモンが多量に分泌されます。午後11時に熟睡している状態でいるには、午後9時には布団に入っておく必要があります。午後11時には熟睡できるように、午後9時には寝るようにしましょう。

また、子供の睡眠時間は、幼稚園の年長なら10時間、小学生なら9時間、中学生なら8時間は必要です。必要な睡眠時間をしっかりととらなければ、身長は伸び悩みます。必要な睡眠をしっかりととって、身長を伸ばす努力をしましょう。

また、子供の昼寝についてですが、理想は午後2時までに20分程度です。夕寝は夜更かしの原因となるのでやめさせ、その代わり早めに寝かせるようにしましょう。

栄養豊富な生活が大切!睡眠の次に大切なのは栄養

身長を伸ばすために、睡眠の次に大切なのは栄養です。栄養と一口にいっても、様々ありますが、どんな栄養素が大切なのでしょう。答えは、全ての栄養素が大切です。さまざまな栄養素をまんべんなく食べることこそ、身長の伸びへと繋がっていきます。何か一つの栄養をとると身長が伸びるということはありません。なるべく様々な栄養を摂取することよう心がけましょう。以下は、身長を伸ばすために必要な基本となる食事です。

身長を伸ばすための基本となる食事

1.主食(ご飯・パン・麺)
2.おかず(肉・魚・卵・大豆)
3.野菜(海藻・きのこも含む)
4.果物
5.乳製品(牛乳・ヨーグルト・チーズ)

とは言っても、身長を伸ばすために栄養を効率よく摂取するポイントはあります。次に身長を伸ばすための効率の良い栄養の取り方をご紹介します。

骨となる材料「カルシウム」と「タンパク質」を効率良くとるポイント

身長を伸ばすために必要な骨の伸び。この骨の成長を促すのが、カルシウムとタンパク質です。しかし、前述したように、身長を伸ばすには、カルシウムとタンパク質だけ、たくさんとればよいという訳ではありません。他にも様々な栄養素をとってこそ、カルシウムとタンパク質の栄養素が活躍してくるのです。カルシウムとタンパク質を効率良く摂取するにはコツがあります。

まず、カルシウムと一緒にとってほしいのが、ビタミンDとクエン酸。カルシウムは体に吸収されにくい栄養素なため、ビタミンDやクエン酸とともに摂取することで身体への吸収を助けます。

カルシウムの豊富な食材

大豆食品(納豆・豆腐・枝豆)、海藻(ひじき・わかめ・めかぶ)、野菜(モロヘイヤ・ほうれん草・小松菜)、乳製品(牛乳・ヨーグルト・チーズ)

ビタミンDの豊富な食材

鮭・きのこ類

クエン酸の豊富な食材

柑橘系の果物、梅干し、酢

次にタンパク質ですが、タンパク質は大豆製品をともに摂取することで筋肉や骨の合成が効率よく行なわれます。

タンパク質の豊富な食材

鶏肉・豚肉・牛肉

様々な栄養をまんべんなく摂取しながら、カルシウムやタンパク質のとり方をほんの少し意識するだけで、栄養面から身長の伸びへとアプローチすることができます。

野菜嫌いは身長に悪影響を及ぼす

野菜も身長を伸ばすのに必要な栄養素が含まれています。野菜に含まれるビタミンやミネラルには、細胞や組織の合成をすることで体の成長を促す働きがあります。ビタミンやミネラルも身長を伸ばすために必要な栄養素です。つまり、野菜嫌いな人は、このビタミンやミネラルが十分にとれていない可能性があるため、身長が伸び悩む場合もあります。身長を伸ばすために、なるべく野菜がとれるように出来る限りのことを尽くしてみましょう。

身長が伸びやすいのは、ぽっちゃり体型!

太りすぎと痩せすぎは、身長が伸ばしづらい体型です。太りすぎは、栄養をしっかりと摂取できていても、身長の伸びに悪影響が出てきます。また、痩せすぎも栄養の摂取がしっかりと行われていないため、身長が伸び悩む傾向にあります。

体脂肪をつくる脂肪細胞は、健康を保つための善玉ホルモンを作り出していますが、肥満になると、脂肪細胞が膨らみ、膨らんだ脂肪細胞からは体に害のある悪玉ホルモンが出ていることが分かっています。そして、この悪玉ホルモンの中には、身長を伸ばすのに必要な成長ホルモンの分泌を妨げるものが含まれています。そのため、肥満児は身長が伸び悩む可能性を秘めています。多少、太めなくらいなら問題はありません。身長の伸びにも影響はありません。肥満児とは、体を動かすのも辛いという過度な肥満を指します。

また、痩せすぎの児童も身長の伸びに悪影響を及ぼします。体が痩せすぎの状態とは、必要な栄養が足りず、飢餓状態であることです。体が飢餓状態では、身長を伸ばすところではありません。まずは、命が大切であるため、体は生命の活動を維持するのに精一杯。全ての働きは生命活動を維持することだけに向けられます。

痩せすぎの状態、つまり、成長期に極端に体脂肪率が低い状態では身長を伸ばすことはできません。よって、成長期のダイエット、拒食症、体脂肪率を極端に減らすスポーツなどは、身長を伸ばす妨げになります。程よい体脂肪率があってこそ、体は成長するもの。身長を伸ばすには、ある程度、体脂肪率のある少しぽっちゃりしているくらいが伸びやすいです。

血流アップで身長を伸ばそう

身長の伸びを左右するのは運動ではなく、血行を良くすること

よく、バスケットボールやバレーボールをすると身長が伸びるという話を聞いたことがあります。これらのスポーツは、本当に背を伸ばしてくれるのでしょうか。

医学的な見地からいうと、スポーツの種類によって身長が伸びることはありません。また、運動をしたからといって、それが必ずしも身長を左右するわけではありません。しかし、運動をすることで血行がよくなり、体の栄養が滞ることなく体の隅々へと運ばれて、体の成長を促進してくれるので、そういった意味では身長を伸ばすのに有効です。運動というよりも、体の血流を良くすることが身長の伸びに繋がります。シャワーで済ませず、しっかりと湯船に浸る習慣を身につけ、血の巡りを良くするのもいいでしょう。

筋肉をつけると身長がアップしやすい

運動で筋肉を増やすと、血流がアップします。血流がアップすると、細胞の働きが活発になり、身長を伸ばす成長軟骨の増殖へと繋がります。

たまに、筋肉をつけすぎると背が伸びにくくなるという話を耳にしますが、これも医学的な根拠のない話です。統計学的なデータもまったくありません。筋肉は伸びるものなので、筋肉をつけたからといって、それが成長しようとする骨を押さえつけることはありません。筋肉の発達は、身長を伸ばしたい子供達に悪い影響を及ぼすことはありません。

諦めないで!身長の決め手は遺伝だけでは決まらない

子供の身長が両親の身長に影響される割合は90%。しかし、あきらめる必要はありません。両親がともに小さいからと悲観するのはまだ早いです。

日本体育協会では、両親の身長から子供の身長を予測する計算式を出しています。

男児の場合:(父の身長+母の身長+13.0)÷2+2.0

女児の場合:(父の身長+母の身長-13.0)÷2+2.0

日本体育協会では、この計算式で出される身長の数センチ前後で、子供の最終身長は収まるだろうと予測しており、この範囲内で収まるケースが一般的ですが、実際には、この最終身長よりも身長が高くなるケースもあれば低くなるケースもあります。つまり、遺伝で身長の全てが決まるとは言い切れないのです。

身長を伸ばすには寝るのが一番!

身長を伸ばすには、十分な睡眠・栄養・血行を促進する適度な運動が大切です。しかし、成長期に十分な睡眠・栄養・血行を促進する適度な運動をとってきた児童は果たしてどれくらいいるのでしょう。

特に睡眠は身長を伸ばすのに有効な手段です。忙しい現代社会では、子供でさえも、夜遅くまでの塾通いや共働きの両親に付き添って夜更かしになりやすいなど、睡眠時間に悪影響が出やすいので、睡眠時間を確保するために生活を見直してほしいところです。

睡眠時間がしっかりととれなければ、身長の伸びに大切な栄養もしっかりととることができません。睡眠不足では、食欲がわかず、朝食をしっかりととることができないからです。人間の身体は、早めに起きて少し体を動かさないと食欲がわかないようにできています。しっかりと寝ることで、一日の活動の源になる朝食をとることができ、朝食をとることで運動する意欲がわくのです。

睡眠は身長の伸びを最も左右するものといっても過言ではありません!睡眠次第で、今後の身長の伸びが変わる可能性が大いにあります。寝る子は育つは真実です。子供の身長を最大限引き伸ばしたいなら、必要な睡眠時間をしっかりととらせましょう。

おすすめ記事

ノビルンジャーを使った人の声が知りたい! すぐに商品の詳細が気になる方はこちら
息子の身長に困っていた母親がノビルンジャーをお子さんに飲ませた話です。参考にどうぞ! 1日たった2粒で目安で必要な栄養素の約40%も摂れるので、毎日のご飯にプラスするだけ

オルニチンで身長が伸びる!? サプリは効果があるのか!?

1.今話題のオルニチン
2.オルニチンとは一体なに?
3.オルニチンは、本当に子供の身長を伸ばすのか?
4.どのようにオルニチンを摂取すれば良いの?
5.「オルニチン」摂取において、気をつける点
6.おすすめのサプリメント
7.まとめ

今話題の「オルニチン」

ここ最近、低身長に悩む親御さんが以前に比べ増加傾向にあるそうです。
そんな親御さん達は、身長を伸ばすために効果がある栄養素を調べていると、「オルニチン」という栄養素を目にする事が多いかと思います。
オルニチンは、数ある栄養素の中でも成長期の子供の身長を伸ばすことに特に効果があると話題になっている栄養素です。
では、この「オルニチン」とは一体どんな物なのでしょうか?

「オルニチン」とは一体なに?

我が子の低身長に悩み、色々と調べたことがきっかけで目にする事の多いオルニチン。
普段生活している時には、ほとんど耳にしない単語かと思います。

実は、オルニチンとはアミノ酸の一種で、尿素回路を構成する物質として体内で活躍している栄養素です。
アミノ酸は数多く存在する成分ですが、その中でもオルニチンは肝臓の働きを助ける効能を持っているとされています。
そんなオルニチンですが、本当に身長を伸ばすことができるのでしょうか?
次は、オルニチンが身長を伸ばすために重要な栄養素であることのメカニズムをご紹介します。

「オルニチン」は、本当に子供の身長を伸ばすのか?

これまででご説明した通り、オルニチンはアミノ酸の一種で、肝臓の働きを助ける効能を持っています。
しかし、それ以外にも免疫力向上、筋肉増強といった効能も持っているのです。この筋肉増強の効能が、実は成長ホルモンの分泌を手助けしているということが研究の結果証明されているのです!

オルニチン摂取によって成長ホルモンの分泌が施されると、その影響で骨の形成が促進されます。つまりこの骨の形成こそが、身長を伸ばすことにつながっているのです。
このようなメカニズムから、オルニチンは子供の身長を伸ばすために効果的な栄養素であることがわかりますね。

どのように「オルニチン」を摂取すれば良いの?

身長を伸ばすために効果的な栄養素オルニチン。
では、どのように摂取するのが効率的なのでしょうか?
実際にオルニチンが多く含まれている代表的な食べ物は、「しじみ、マグロ、ひらめ、チーズ、パン」等が代表的です。しかし、これらの食材を毎日意識的に多く摂取するのは、なかなか難しいですよね……。

ですが、ご安心ください。
最近は子供向けサプリメントとして、オルニチンを含んだサプリメントが開発されているのです。
サプリメントなら偏った食事にならず、気軽に摂取できるので嬉しいですね。
適量を摂取して、健康的に子供の成長をサポートしてあげましょう!

「オルニチン」摂取において、気をつける点

では、実際にオルニチンを摂取するにあたって、事前に知っておくべき注意点はあるのでしょうか?
それは摂取量です!オルニチンに限らず全ての栄養素に言えることですが、どんな栄養素でも過剰摂取は体にとって負担となる可能性があるので注意が必要です。

摂取量さえ守れば、オルニチンは摂取することによる副作用などは特に報告されておらず、安心して摂取して頂ける栄養素と言えます。

おすすめのサプリメント

子供向けのオルニチンを含むサプリメントとしては、栄養機能食品である「ノビルン」という製品があります。
こちらのノビルンには、アルギニンやオルニチン、シトルリンといったアミノ酸、そしてカルシウムやマグネシウム、たんぱく質、ビタミンD、ビタミンK、ビタミンB6といった栄養素がバランスよく含まれています。
さらに、日本国内認定工場で製造されているため、品質や安全性も安心して使用できます。

まとめ

今回は子供の身長にお悩みの親御さんへ向けて、身長を伸ばす効能がある「オルニチン」と、そんなオルニチンを含む子供向けサプリ「ノビルン」をご紹介しました。
サプリメントは子供向けの栄養補助食品として開発されているので、摂取量をきちんと守れば安心して利用できます。

子供の骨の成長や身長を伸ばすために必要不可欠な「オルニチン」を正しく摂取して、子供の成長をサポートしてあげましょう!

おすすめ記事

ノビルンジャーを使った人の声が知りたい! すぐに商品の詳細が気になる方はこちら
息子の身長に困っていた母親がノビルンジャーをお子さんに飲ませた話です。参考にどうぞ! 1日たった2粒で目安で必要な栄養素の約40%も摂れるので、毎日のご飯にプラスするだけ