身長に関するコラム

子供の身長を伸ばしてあげたい!背を伸ばすための効果的なおやつを徹底調査

子供の身長って子供の成長において大きな要因ですよね。幼稚園や保育園の頃から「あの子大きいねー」とか「前から何番目くらい?」など、身長の高さは小さなころから成長期を超えるまでついて回る話題です。

小学校に入って成長期になると成長期の早い子と遅い子ではずいぶんと身長に差がついてきますので、自分の子供が小さい方だったりするとやっぱりちょっと気になりますよね。

背を伸ばしたいというのは子供を持つパパとママのテーマでもありますよね。今回は子供の身長を伸ばすために効果的なおやつについて調べてみました。

おやつは子どもの成長に必要なもの!

子供はおやつが大好きです。このおやつ、実は子供が成長するのにとても大切なものなのです。子供はまだ体が成長していないため、ごはんをきちんと三食食べても一度にたくさん食べることができません。

また、体調や気分によって食べる量も違いますよね。それを補うのがおやつです。特に幼児期の子供はまだ消化吸収能力が発達していないため、十分に栄養を吸収することができません。なので捕食としておやつが必要になってくるわけです。

背を伸ばすのに必要な栄養素を知っていますか?

カルシウム

やはり身長を伸ばすのに不可欠なのはカルシウムです。実はカルシウムは身長を「伸ばす」栄養素ではなく、「骨を強くするため」の栄養素です。

また、新しく骨を作る機能も持っていますので大切な栄養素になります。しかし、カルシウムだけ取っていても体に吸収されにくいので他の栄養素も一緒に採ることが大切です。

カルシウムを多く含んだ食物は、牛乳やチーズなどの乳製品や、しらすや煮干しなどの小魚がよく知られています。

タンパク質

人間の体はほとんどがタンパク質でできています。筋肉、内臓、皮膚はなんとなくわかりやすいと思いますが、骨も例外ではありません。

骨はコラーゲンというタンパク質の一種でできています。まずタンパク質で骨を作って、それからカルシウムで骨を補強するというイメージです。

タンパク質は牛肉、豚肉、鶏肉などお肉はもちろん、納豆や豆腐などの大豆を使った食品から採ることができます。カルシウムを採るときはビタミンCやビタミンDを含んだ食材と一緒に食べるとカルシウムの吸収率が高くなります。

マグネシウム

マグネシウムはカルシウムと密接な関係があります。マグネシウムはカルシウムの吸収をよくする働きがあります。マグネシウムがないといくらカルシウムを取ってもきちんと体内に吸収されません。

カルシウム2:マグネシウム1が理想の採り方と言われています。豆腐などの大豆製品や魚介類などがマグネシウムを取りやすい食品です。

ビタミンD

ビタミンにもA、B、Cなどいろいろ種類がありますが、身長を伸ばすのに一番関係してくるのがビタミンDです。ビタミンDは腸からカルシウムを吸収する機能を持っています。また、タンパク質の合成にも役立つ栄養素です。

ビタミンDはもちろん食べものから吸収することもできますが、日光に当たることで体の中で合成することもできるのです。なかなか便利なビタミンです。やはり日光に当たることは体のために良いのですね。

鮟肝がビタミンDをたくさん含んでいますが、子供には食べにくいかもしれませんので、しらす干しやいくら、鮭などの魚介類などが食べやすいでしょう。

亜鉛

亜鉛は成長ホルモンを作ったり、タンパク質の合成を促進する機能を持った栄養素です。骨はタンパク質でできていますから、タンパク質をつくる役割の亜鉛が必要になってきます。

亜鉛を含んだ食物は牡蠣が有名ですね。亜鉛を採るときはタンパク質を含んだ食材と一緒に食べることでおたがいに吸収率が良くなります。

アルギニン

ネットで「身長を伸ばす サプリ」などと検索すると出てくるのがアルギニンです。アルギニンはアミノ酸の一種でスポーツドリンクなどにも含まれており、成長ホルモンの分泌を促す働きがあります。

アルギニンはサプリメントに頼らなくても、牛乳、鶏肉、ナッツなどに含まれていますので、これらの食品を食生活の中に取り入れることで摂取できます。

背を伸ばすのに効果的なおやつ厳選5品!

やっぱりチーズは栄養素の宝庫!

チーズはカルシウムとタンパク質を豊富に含んでいるので身長を伸ばすのにもってこいのおやつです。よく身長を伸ばすのには牛乳と言われていますが、牛乳とは比較にならないくらい栄養素を豊富に含んでいます。

子供にはスーパーなどで売っているプロセスチーズが食べやすいでしょう。チーズだけでは飽きてしまうので、ピザトーストにしてあげると喜びますよ。

作り方は簡単!サンドイッチ用のパンに(もちろん食パンでも可)ケチャップとマヨネーズを塗って、ロースハムを1~2枚のせます。その上にとろけるチーズをのせてオーブントースターで焼くだけ!おやつにも朝ごはんにもおすすめです。

手軽にマグネシウムが採れるバナナ!

バナナはカルシウムこそ含んでいませんが、タンパク質とマグネシウムを豊富に含んでいます。また、バナナは栄養吸収率が早く、手軽に取れるエネルギー源として有名ですよね。食物繊維もたっぷりなので健康維持にもいいおやつです。

バナナっておやつとしては簡単で、そのまま食べられるので親としては重宝する食べ物なのですが、バナナばっかり食べてるとけっこう飽きちゃうんですよね。そんな時はヨーグルトをかけたり、バナナジュースにすると目先が変わってまた食べてくれますよ。

ミネラルたっぷりナッツ類

カシューナッツ、ピーナッツ、アーモンドなどのナッツ類も身長を伸ばすためによいおやつです。ナッツ類にはカルシウムの相棒として必要不可欠なマグネシウムが含まれており、他にもカリウム、亜鉛などのミネラルが含まれています。

ただ、ナッツ類はカロリーが比較的高く、脂肪分も多く含まれていますので、食べ過ぎにはご注意ください。

タンパク質を採るにはちょっと贅沢にビーフジャーキー!

ビーフジャーキーはタンパク質を豊富に含んでいるので、身長を伸ばすためのおやつとしてもってこいです。でもビーフジャーキーって結構お高くてなかなか手を出しにくいもの。なので特にビーフジャーキーにこだわらなくても、タンパク質を含んだ生ハムやサラミもいいでしょう。

チーズトーストにサラミをのせて焼けば、タンパク質もカルシウムも採れて一石二鳥のおやつになります。

定番の小魚でカルシウムを採ろう!

カルシウムの代名詞のように言われる小魚は、やはり身長を伸ばすのに欠かせないおやつです。かといって小魚だけ食べていても飽きちゃいますよね。

ごはん時であればちりめんじゃこをお豆腐にのせたり、しらすおろしなどがおいしくておすすめですが、おやつの時にはスーパーなどで売っている小魚とナッツが混ざった袋入りのお菓子が手軽で便利です。

自分で作ってみたい方は、お出汁を採るときの小魚を買ってきて、砂糖、しょうゆ、みりんで軽く炒め、ピーナッツやアーモンドを入れてさらに炒めればおやつにもパパのおつまみにもなりますよ。

おまけ

マシュマロが身長を伸ばすのに効果的だという説を聞いたことありませんか?マシュマロの中にはゼラチンが含まれており、ゼラチンは体の中に入るとコラーゲンとして吸収されます。このコラーゲンは骨の元となる栄養素なのでマシュマロで背が伸びると言われているようです。

背を伸ばすためにあまり好ましくない食べもの

スナック菓子

子供も大人も大好きなスナック菓子ですが、身長を伸ばすためには食べ過ぎないほうが良いです。なにしろ炭水化物を油で揚げて、なおかつ水分を体内に保つために塩をかけてあるという高カロリー食材!

スナック菓子は背が伸びる前に肥満になってしまいがちな食べ物です。子供はみんな大好きなスナック菓子ですが、食べ過ぎに注意しましょう。

また、スナック菓子にはリン酸塩が含まれており、このリン酸塩はカルシウムを体外に排出してしまう性質を持っています。せっかく努力してカルシウムを採ってもリン酸塩が排出してしまうので元も子もなくなってしまいます。

また、これはスナック菓子に限ったことではありませんが、ご飯の前におやつを食べ過ぎて肝心の食事が食べられなくなるということが子供にはありがちです。油っ気の多いスナック菓子は空腹感を忘れさせてしまうことがありますので、ほどほどにしておくことが大切です。

ファーストフード

子供はハンバーガーなどのファーストフードが大好きですが、身長を伸ばそうと思った時にはあまり好ましい食べ物ではありません。

ハンバーガーが悪いというわけではなく、高カロリー食品であるために控えた方がいいということです。高カロリーの食べ物を食べ過ぎると肥満になってしまいます。肥満になると体の成長が止まってしまい、身長の伸びに影響すると言われています。

また、ファーストフードを食事として考えた場合、炭酸飲料、油で揚げて塩の効いたポテトなどサイドメニューも高カロリーな食べ物になりがちです。成長に必要なビタミンやミネラルが不足しがちになりますので、野菜などを一緒に食べるようにするといいですね。

まとめ

身長を伸ばすためのおやつや栄養素についてご紹介してきましたが、結局「これさえ食べておけば身長が伸びる!」という魔法の食べ物はありません。タンパク質やカルシウムをベースに様々な栄養素との組み合わせで身長は伸びるわけです。

また、栄養素も不思議なもので、大量に摂取すればいいというものでもないんですね。大量に摂取すると不必要な分は体外に排出されてしまったり、取りすぎると良くないものもあります。

カルシウムとマグネシウムのように、栄養素の組み合わせによって効果的に体内に吸収しやすくなるケースもありますので、食材の組み合わせで工夫してみるといいでしょう。

子供の晩ごはんのメニューを考えるのが面倒くさくなった時などは、料理ありきでメニューを決めるのではなく、「今日はカルシウムとマグネシウム多めの食材」「今日はタンパク質とビタミンDの日」と言ったように栄養素を含んだ食材からメニューを決めると、お料理のバリエーションも増えてくるかもしれませんよ。

おすすめ記事

ノビルンジャーを使った人の声が知りたい! すぐに商品の詳細が気になる方はこちら
息子の身長に困っていた母親がノビルンジャーをお子さんに飲ませた話です。参考にどうぞ! 1日たった2粒で目安で必要な栄養素の約40%も摂れるので、毎日のご飯にプラスするだけ

ツボを押すだけで?子供の身長が伸びる裏技とは

子供の身長をどうすれば伸ばすことができるのか知りたい親御さんはとても多いのではないでしょうか。身長を伸ばすのに効果があるといわれているのは、栄養・睡眠・運動。

栄養をたくさんとり、質の高い睡眠をとり、適度な運動をすれば身長が伸びるといわれています。また、牛乳をたくさん飲むと伸びるとも昔からいわれていますね。

子供の身長を伸ばしたいと考えている方は、その3つはすでにご存知の方もいらっしゃるでしょう。背の高さは遺伝ともいわれているので、諦めてしまった方もいるのではないでしょうか。実は、それ以外にも身長を伸ばす方法があるんですよ。

それは「ツボ押し」になります。ツボを押す場所は足の裏です。足の裏は第二の心臓と呼ばれているくらいたくさんのツボが密集しています。その中に、身長を伸ばすことができるツボがあるというのです。

しかし、そのツボを押せばただ身長が伸びるわけではありません。身長が伸びる作用と直結している効果があるツボを押していきます。そのようにして身長を伸ばしていこうという考え方です。

ツボ押しで注意しなければならないポイントはがあります。それは、長く押し続けてはいけないことです。一箇所の押す時間は1分前後で丁度いいです。その程度の時間でも十分に効き目があります。

ツボを押す前後には、足の裏全体を3分くらいずつ揉み解してから行うようにするとより効果的です。

自分の指で押してもいいですし、ツボ押し用の道具を使っても構いません。しっかりとツボを捉えることができれば、何を使っても大丈夫です。

少し痛いくらいの強さがベストになります。痛気持ちくらいの力加減で行うようにして下さい。

さて、いよいよ足のツボの場所を説明していきましょう。身長を伸ばしてくれる作用があるツボは3つあります。

まず1つ目は、親指の裏になります。この場所は、脳下垂体を活発にさせてくれるツボです。脳下垂体は、成長ホルモンを生産する重要な器官になります。ここの働きを活発にすれば、成長ホルモンがたくさん分泌されて身長が伸びるというわけです。

成長ホルモンの分泌は、身長を伸ばすことに関してとても重要な役割を果たしています。成長ホルモンには成長作用があり、体の成長に重要なホルモンです。

身長を伸ばす以外にも脳の発達や情緒の安定などといった、子供にとって重要な役割を果たしてくれるホルモンなので、出して損はありません。

睡眠中に良く出ると言われている成長ホルモンを自分の手で分泌させることができるので、是非ともチェックしておかなければならないツボといえるでしょう。

ちなみに、脳下垂体のツボは成長ホルモン以外にもオキシトシンという幸せホルモンと呼ばれるホルモンも分泌します。脳の疲れをとったり気分も安定させてくれるので、オキシトシンも一緒に分泌させましょう。

2つ目は、親指の下にある膨らんでいる部分になります。そこは、甲状腺ホルモンの分泌に関係していて、心臓・肝臓・脳に働きかけて身体の新陳代謝を調節してくれます。

こちらは骨の成長に関係しているホルモンなので、成長ホルモンと同様に身長を伸ばしてくれる効果が期待できるでしょう。

甲状腺ホルモンが不足してしまえば、全身の代謝機能が維持できなくなってしまい、背が伸びない以外にも記憶力の低下や倦怠感などが生まれてしまいます。ですからたくさん分泌させるようにしたいですね。

最後の3つ目は、右足の土踏まずの部分です。肝臓のツボになっています。身体の内部環境の成長維持には欠かせなくて、タンパク質などの栄養素を代謝を促すツボになります。
こちらも骨の成長を促す効果があるので、しっかりとおさえておきましょう。

紹介した3ヶ所のツボは、身長を伸ばすことを期待できるツボになりますが、それ以外にもいいことだらけなことばがりなので、お子様と親御様にとっては夢みたいなツボになります。

ちょっとした時間に押してあげれば、親子のコミュニケーションにもなりますし、直接愛情を伝えられる場になるのではないでしょうか。お風呂上りなどのリラックスした状態だとより一層の効果が期待できますよ。

注意しなければならないのは、食後すぐには控えるようにすることです。どんなマッサージもそうですが、食後に行うと血行がよくなりすぎているため、内臓の方に血液が回らなくなってしまうからです。

せっかく愛情がある行為なので、しっかりと効き目が期待できる時に行うようにしましょう。

そして成長ホルモンですが、思春期には身長を伸ばす役割がありますが、これは思春期だけではなく一生涯にわたって様々な役割を果たしてくれます。

疲労感の解消・やる気、集中力の増加・筋肉の維持・脂肪分解や糖新生の促進・コラーゲン繊維形成・骨の強化・免疫システムの刺激など多岐にわたっています。

しかし、人にとって非常に大切なホルモンになりますが、成長ホルモンには副作用もあるといわれています。それは分泌が多すぎる場合になります。どんな症状が起きるのかというと、筋肉のけいれん・甲状腺機能亢進症・ネフローゼ症候群・糖尿病などです。

また、がん細胞の成長も促してしまう作用もあります。ですので、分泌のさせすぎにも注意が必要になります。

簡単な摂取できてしまう成長ホルモンのサプリも発売されていますが、お子様にはサプリなどよりもツボ押しの方が安全であるといえます。

副作用のつながりでいうと、甲状腺ホルモンも過剰に増加すると手足が震えたり、動悸が起きたりするので気をつけましょう。何事も過剰は危険と隣り合わせになります。

子供が低身長の場合、原因がいくつかあります。ホルモンや染色体の異常・小さく生まれたことが関係しているもの・骨、軟骨の異常・主要臓器の異常・心理社会的原因・病気とは考えにくいものなどです。

身長を伸ばす方法をお調べの方には、低身長で悩まれている方も多いかと思います。そういった場合にも、ツボ押しはお母様がすぐにはじめることができる対策の一つになるのではないでしょうか。

ツボは体中にたくさんあり、その場所場所で様々な内容のツボがあります。足裏だけではなく全身にあります。その中で足裏の3つのツボはわかりやすい場所にありますし、押しやすい場所になっています。

是非、日常生活にツボ押しを取り入れてみてください。もちろん一緒に栄養・睡眠・運動も注意していくようにして下さい。

ツボ押しとはそもそも東洋医学の考え方になります。身体には気の流れがあって、その気が滞ってしまうツボを刺激することによって身体に変化が起きるといわれています。

機が流れると、内臓の働きが良くなり、自然治癒力が高まって病気を治せるようになるいいます。

2000年以上前から中国ではツボの療法が行われています。中国から東洋医学として日本に伝わってきています。2006年にはWHOでツボの位置が統一化されて有効性が認められています。

足ツボを行うのであれば、足の裏にはいろいろなツボがたくさんあるので、一度痛い場所を探してみてはいかがでしょうか。身長を伸ばす以外にも体を健康にすることができるようになります。

そして、お子さんにだけでなく、たまには自分にもツボ押しをしてみる時間を作ってみましょう。親が疲れていたら子育てに支障が出てしまいます。

手軽で簡単な足ツボで自分の健康も改善していきましょう。足の裏には全身の反射区がすべて集まっているので、痛みを感じる部分を重点的に行ってみてください。

ツボですが押すだけではなくて、その部分にお灸をすることでより効果をアップさせることができます。せんねん灸など薬局で簡単に手に入れることができます。

お灸はもぐさをツボの上において燃やして、その熱の刺激で体調を整える方法になります。家で簡単に使用できるので非常に便利です。

お子さんは敏感なため、お灸の効き目が大人よりもあります。ここぞという時に使用するならいいですが、毎回は刺激が強すぎるのでやめましょう。

火を使いますがお灸自体は熱くはありません。でも心配なようでしたら、火の使わないタイプもありますので探してみて下さい。

使用するときには、水とチャッカマンも一緒に用意しておきましょう。水性マジックを使ってツボの場所にマークをつけておけば、スムーズにお灸をおくことができますよ。

火を使うので注意が必要ですし、後処理用の水は事前に用意しておくことが得策です。お灸の注意点、長く置きすぎないことです。また同じ箇所にいくつものせてしまうのもだるくなってしまう可能性があるので止めましょう。

そして、熱く感じた場合は低温やけどの危険もありますので、すぐに中止したほうがいいでしょう。ツボ押しと同じで、食後は避けましょう。また、運動やお風呂の前後も避けるようにしましょう。

身長を伸ばすツボの話から成長ホルモンなどの話をしていきました。直接的には身長が伸びるツボはありませんが、間接的に身長を伸ばすことができるツボは足の裏に3つあります。

成長ホルモンを促す脳下垂体のツボ・甲状腺ホルモンを促す甲状腺のツボ・タンパル質などの栄養素の代謝を促すツボの3種類です。

それぞれが分泌して増えることにより、身長を伸ばす効果を期待することができます。足の裏のツボを押すだけなので、すぐにでも行うことができますし道具がなくてもどこでも行えます。

身長が伸びるだけではなく、いろいろなプラスの効果もお子様にとって期待できるので、夢みたいなツボになります。親指と親指の下の膨らんだ部分と、右足の土踏まずです。

これらの3箇所をできるだけ毎日刺激をして、是非お子様の身長を伸ばしてあげましょう。もちろん、ツボ押しと一緒に栄養・睡眠・運動も一緒に気をつけるようにしてみて下さい。

親子の素敵な時間になりますし、ツボを押しながらゆっくりと会話も楽しむことができるので、お互い大事な時間となっていくのではないでしょうか。

気合を入れすぎず、楽しみながら行って、効果を期待していけたら素敵ですね。是非身長を伸ばしてあげたい親御さんは実践してみて下さい。

おすすめ記事

ノビルンジャーを使った人の声が知りたい! すぐに商品の詳細が気になる方はこちら
息子の身長に困っていた母親がノビルンジャーをお子さんに飲ませた話です。参考にどうぞ! 1日たった2粒で目安で必要な栄養素の約40%も摂れるので、毎日のご飯にプラスするだけ

子どもの身長を伸ばしたい!知っておきたいアルギニンサプリの効果

成長期に子どもの身長が思うように伸びないと親としてはとても気になりますね。

お友達はぐんぐん背が伸びているのにどうして自分の子は背が伸びないのだろう…と悩んでしまいます。

子どもの身長を伸ばす効果があると話題のアルギニンサプリ。

果たして本当に効果があるのでしょうか。成長期の子どもに飲ませて大丈夫なのか、副作用はないのか、などアルギニンサプリについて知りたい親御さんへ、その効果と注意点を解説します。

子どもの身長が伸びるしくみとは

小学校高学年から高校生の時期は成長期と呼ばれ、子どもの身長が伸びる重要な期間です。特に中学生、高校生の時期にはぐんぐん成長する子どもが目立ちます。

身長の伸び方は親の遺伝によるものといわれることもありますが、最新の研究報告では、身長の伸びについての遺伝の影響は20%程度とされていて、決め手となるのは残りの8割で成長期の生活習慣にあるということです。

身長180㎝を超える子どもの両親が、それほど大きくはなかったという話はよくあることです。

子どもの身長が伸びるために必要な成長ホルモンは191個のアミノ酸からできています。

この成長ホルモンが、中学生・高校生の時期にやってくる成長期に多く分泌されて、軟骨細胞が分裂し増殖を繰り返すことで骨が伸び、身長が伸びます。したがって、この時期の成長ホルモンが十分に分泌されなければ身長を伸ばすことができません。

成長ホルモンは運動後や睡眠中に分泌されるので、身長を伸ばすためには成長ホルモンの分泌を促す日常生活を送ることが大切です。

成長ホルモンの分泌に必要なこと

成長期には成長ホルモンが分泌され、一生のうちで最も身長が伸びます。この時期にどれだけ身長が伸びるかによって子どもの身長はある程度決まってしまいますので、成長ホルモンを十分に分泌される生活を送りたいものです。

成長期に必要な生活習慣は、栄養バランスのとれた食事を摂ること、質の良い睡眠をとること、適度に運動することの3つです。

これらは子どもだけでなく、健康的な生活をおくるためにはあたりまえと言っていいほどの生活習慣ですが、家族みんなが忙しく過ごす現在では容易とは言えなくなってきています。

夫婦共働きの家庭が多い現在、毎日の料理に時間をかけることが出来ない、帰宅すればすぐに夕食の時間で作っている暇がない、親が疲れていてそれぞれで食事を摂っているなど、いろいろな事情があります。

そんな中でも、手間をかけずにバランスを考えたメニューにする、早寝早起きを習慣づけるなど、この時期の生活習慣が子どもの成長に重要な期間であることを意識して、親子で心がけることが大切です。

また、この時期の生活習慣は身に付きやすく、大人になってからの生活にも大きく影響するので良い習慣を心がけたいものです。

身長の伸びに大切な栄養素

食事から摂る栄養分で重要な5つの栄養素は、身長を伸ばすために大切な役割を持ちます。

・たんぱく質… 骨と筋肉の原料となる
・ミネラル … 身体の機能を維持し、調整する
・ビタミン … カルシウムの吸収や骨への沈着を補助する
・炭水化物 … 筋肉と脳のエネルギー源となる
・脂質   … 体内でエネルギー源となる

以前は、牛乳を飲めば背が伸びる、カルシウムをたくさん摂ると良いといわれてきました。もちろん、カルシウムは重要な成分ですがそれだけでは身長を伸ばす役割を果たせません。

主にこれら5つの栄養素が密接に関係し、それぞれの働きにより機能します。ひとつでも不足すると成長ホルモンの分泌が損なわれたり、身体の組織の生成ができなくなるなどの支障をきたします。

例として、糖質が不足すると筋肉のエネルギー源として代わりにたんぱく質が使われます。たんぱく質は成長ホルモンの分泌に重要なので不足することになり、成長ホルモンの分泌が十分にできないという悪循環になってしまいます。

好き嫌いや同じ食材ばかりを使う食事ではなく、5つの栄養素をバランスよく摂れる食事を心がけましょう。

身長を伸ばすアルギニンの効果

アルギニンはアミノ酸の一種で、成長ホルモンの分泌を促す効果があります。成長ホルモンの分泌により骨が成長して身長が伸びるので、アルギニンは身長を伸ばすための重要な役割を担っています。

たんぱく質は体内で分解されてアミノ酸になります。アルギニンを含むたんぱく質には、豆腐などの大豆類や豚などの肉類、エビやマグロなどの魚介類などがありますが、アルギニンという栄養素を意識して食事から摂るのは難しいものです。

身長を伸ばしたい時期に重要な栄養素、アルギニンをどのように摂取すればよいのでしょうか。

おすすめのアルギニンサプリ

成長ホルモンの分泌を促す効果があるアルギニンは、サプリメントでも摂ることができます。成人になればアルギニンを体内で作り出すことができますが、成長期の子どもはその力が弱く体内でのアルギニンの合成が不十分なので、食事から摂取する必要があります。

アルギニンの1日当たり必要摂取量は、最低で「体重×0.1g~0.12g」と言われていて、食事で摂ろうとすると鶏肉や豚肉、納豆などを大量に食べなくてはならなくなります。

アルギニンをサプリメントで摂ることは効果的であるということです。

Dr.Senobiru

身長サプリメントの中でアルギニンの配合量が最も多いサプリで、1袋に2500mgのアルギニンが配合されています。

思春期前の小学校高学年の時期には、まだアルギニンを合成することができず食事で必要量を摂ることは困難なので、サプリとして摂るのが効果的です。Dr.Senobiruには、骨の伸長をサポートするボーンペップも配合されているのでさらに効果が期待できます。

雑誌やテレビなどで紹介され、管理栄養士の推薦もある話題のサプリです。定期コースで申し込めば50%オフの9,800円(税込)で、60日間の返金保証もついています。

成長期応援サプリメントDr.Senobiru
http://senobiru-shop.jp/user_data/lp01.php?adcd=foriabsa1po

せのびーる

まずは手軽に試したいという人におすすめのサプリが「せのびーる」です。アルギニンの配合量は100mgでDr.Senobiruと比べると少ないですが、成長ホルモンの分泌を正常化するはたらきを持つ独自の成分、米ぬか多糖体(RBS)を配合しています。

ほかにカルシウムや鉄分など4種類のミネラルと7種類のビタミン、アルギニンを含む4種のアミノ酸を配合した成長応援食品です。

初めは500円でお試しができ、お菓子感覚のタブレットタイプのサプリ(ココア味)なので食べやすいのが特徴です。

医薬品なども研究・開発する大和ヘルス社が自社開発で生産し、徹底した品質管理のもとさまざまなテストを合格し、安全品質の認証を取得している安心して利用できるサプリメントです。

現在、500円で7日間のお試しができるモニターを募集しています。

成長応援食品 せのびーる
https://cp.3a-life.com/14se_pc

のびのびスムージー

アルギニンの配合量は少なめですが、睡眠の質を高めて成長ホルモンの分泌をサポートするクワンソウを配合した「のびのびスムージー」は、アルギニンのほかにもたんぱく質を合成するアミノ酸を多く配合しています。また、アルギンを合成し吸収をサポートするビタミンB6も配合しています。

野菜嫌いなどでビタミンの不足が心配な子どもにもおすすめで、ビタミンやミネラルも豊富に含まれているので、身長を伸ばすための栄養がとりやすいサプリです。

内容量は225gで30回分、約15日分で7,380円です。

のびのびスムージー
http://kenkouichiba.com/item/nobinobi/re.html?pid=re_4

アルギニンサプリの注意点

成長ホルモンの分泌をサポートするアルギニンサプリですが、サプリはあくまで補助的なサポートをするものです。バランスの良い食事をすることが基本ですから、サプリだけに頼るような考え方はやめましょう。

また、副作用にも注意が必要です。食事では一日の摂取目安量を摂るのは難しいアルギニンですが、サプリで摂る場合は過剰摂取に注意しなければなりません。

毎日5g以上のアルギニンを摂取すると副作用が表れ、下痢になる場合があります。アルギニンは強アルカリ性質をもっているため、過剰摂取すると胃腸に負担をかけてしまいます。

ほかの副作用では血管の拡張による頭痛や、成長ホルモンの過剰分泌による巨人症(手や足などが肥大する病気)などがあります。

アルギニンの適切な摂取量は3gから6gほどとされています。知識をもって効率よくアルギニンサプリを利用しましょう。

まとめ

最近の子どもたちは、塾や習い事など日々のスケジュールで忙しく過ごすことが多くなっています。そんな毎日の中で食事だけでバランスを摂ることが難しい時にサプリを利用する、野菜が不足気味であればビタミンが豊富なサプリで補うなど有効利用するのが望ましいでしょう。

アルギニンサプリを利用する目的は、成長ホルモンの分泌量を増やすことです。アルギニンサプリを効率よく摂るには、成長ホルモンの分泌が盛んになる就寝前が最適なタイミングです。子どもの成長をサポートするアルギニンサプリをよく知って、効果的に利用したいものです。

おすすめ記事

ノビルンジャーを使った人の声が知りたい! すぐに商品の詳細が気になる方はこちら
息子の身長に困っていた母親がノビルンジャーをお子さんに飲ませた話です。参考にどうぞ! 1日たった2粒で目安で必要な栄養素の約40%も摂れるので、毎日のご飯にプラスするだけ

身長を伸ばしたいならオレンジジュース?その噂って本当なの?

日本の成人の平均身長は、男性が約171cm、女性は約158cmといわれています。子供の場合は、年齢別に身長と体重の成長水位をグラフにした成長曲線があり、目安とされる最低ラインの下へはみ出たり、目安内に収まっていても下の方を推移していたりすると「低身長かも?」と不安になる親御さんも多いといわれています。

そのような子供想う親の間でオレンジジュースを飲むと身長が伸びるという噂があります。オレンジジュースは、オレンジ本来の自然な甘みと酸味が魅力で、果汁100%なら砂糖が含まれていないと思う人も多く、子供から健康志向の大人にも人気の高い飲み物といわれています。

しかし、本当にオレンジジュースに身長を伸ばす効果があるのでしょうか。オレンジジュースにと身長にまつわる噂について詳しくご紹介します。

オレンジジュースには身長を伸ばす直接的な効果は見込めない

オレンジジュースを飲むと“身長が伸びる”という噂があります。特に、空腹時は身体の成長を促す成長ホルモンが分泌されやすいことから、運動後などのオレンジジュースを飲むのがよいと言う人もいるといわれています。スポーツの後に積極的にオレンジジュースを飲ませる親もいるそうです。

オレンジにはビタミンやミネラルが豊富で健康的なイメージが強く、胎児の成長に不可欠とされる葉酸も含まれています。そのことから、ジュースになっても身体によい栄養素が多く、身長をはじめとする身体の発育によい効果をもたらすのではないかと考える人が少なくないといわれています。

オレンジジュースを飲めば身長が伸びるという噂が流れるようになったのは、そのようなオレンジのイメージや栄養が関係していると考えられます。しかし、実際にはオレンジジュースには身長を伸ばす“直接的な効果は期待できない”といわれています。

世間一般のジュースは「ジュース」ではないことがある

スーパーマーケットやコンビニエンスストアなど、いたるところで販売されている“オレンジジュース”ですが、市販のオレンジジュースには「ジュース」でないものがあります。世間一般でいう「ジュース」は、さまざまな種類の飲み物を指しているケースがほとんどです。

しかし、JAS法(農林物資の規格化と消費者が商品を購入する際の品質に関する表示を義務付けた法律)では、「ジュース=果汁100%」とされており、果汁100%未満の飲み物は「清涼飲料水」や「果汁入り飲料」と表示するよう義務づけされていることから、「ジュース」とは表示されていません。

法律で定められたジュースの主な分類

いつも飲んでいるオレンジジュースが法律で決められたジュースかを見分けるときは、ジュースと飲料の定義を知っておくとよいでしょう。気になる人は、パッケージの品質表示欄をチェックしてみてください。

ジュース

果汁100%が1種類の飲み物

ミックスジュース

果汁100%2種類以上が混ざった飲み物

野菜ミックスジュース

果汁100%と野菜汁100%の混合で果汁の割合が50%以上の飲み物

果汁入り飲料

果汁10%以上100%未満の飲み物

オレンジジュースに含まれている様々な栄養と効果

身体によさそうなイメージを抱かれやすいオレンジジュースですが、主な栄養成分はビタミンC、葉酸、カリウムなどです。ビタミンCは、抗酸化物質のひとつでコラーゲンの生成をサポートしたり、鉄分の吸収を促進させたりする効果が期待できます。

オレンジ中1個あたり70mgのビタミンCが含まれており、オレンジジュースにでもコップ1杯程度(約180ml)あたり93mgのビタミンCが摂取できるといわれています。葉酸は、妊娠中や授乳中に必要とされる栄養素で、胎児の発育に欠かせない水溶性のビタミンの一種です。貧血の予防にも有効といわれています。

また、カリウムには筋肉の機能を調節する効果があるといわれています。ただ、ビタミンCや葉酸、カリウムの効果からもわかる通り、いずれも身長の伸びに直接結びつく効果は期待できません。

オレンジジュースで間接的に身長を伸ばす効果は期待できる

ビタミンCは、美容や健康によいとされる栄養のひとつですが、身長の伸びにつながる直接的な栄養成分は含まれていないといわれています。しかし、「オレンジジュースが身長の伸びに全く関係ない」というわけではありません。

身長が伸びるメカニズム

身長は、骨が年齢に応じて成長することで背が伸びるといわれています。特に、乳幼児から高校生くらいまでは骨と骨を連結している軟骨の「骨端線(こったんせん)」が柔らかくなっており、伸びやすいことから骨が成長しやすい状態といわれています。

ただ、加齢とともに軟骨は固まっていくといわれています。大人になると身長が伸びにくいのはそのためです。また、骨の成長にはホルモンの働きが深く関係しており、重要とされる3つのホルモンが効果的に働いていることが大切です。

骨の成長に必要なホルモン

成長ホルモン

脳の下垂体から分泌される成長ホルモンは、骨の成長を促すだけでなく筋肉を作る働きがあるといわれており、身長を伸ばすうえでとても重要なホルモンといわれています。

甲状腺ホルモン

名前からもわかる通り、甲状腺から分泌される骨の形成に関わるホルモンで、カルシウムを骨にしっかりと定着させる働きがあると考えられています。

性ホルモン

骨の成熟に関係する性ホルモンは、身長の成長や停止に関わるホルモンとされています。

ただ、骨だけ成長しても身体は大きくならないといわれています。骨の周りにある肉の成長も身長の伸びには不可欠といえるでしょう。

オレンジジュースは間接的に背を伸ばす!

身長を伸ばすうえで骨の成長が重要なカギを握っていると考えられています。その骨の成長の中でもポイントとなるのが、材料となるコラーゲンです。しかし、コラーゲンは食品に含まれる量もわずかで、必要な量を食事だけで補うには限界があるといわれています。

実際、コラーゲンが含まれるサプリメントやドリンクなども多く登場しています。これは、食事だけでは摂取しきれないという背景があるためといわれています。

コラーゲンの豊富な食材といえば、鶏の皮や軟骨、牛すじやフカヒレなどがあげられますが、それらを食事で積極的に摂取しても、タンパク質の一種であるコラーゲンは体内で別の物質に分解されるといわれています。

つまり、いくらコラーゲンを摂取しても体内でコラーゲンに再合成できなければ骨の材料にならないため、コラーゲンの効果を得るためにはある栄養素も一緒に摂る必要があるといわれています。そのある栄養素が「ビタミンC」です。

ビタミンCには、コラーゲンの生成を促す働きがあり、コラーゲンの合成をサポートする働きもあるといわれています。オレンジジュースにはそのビタミンCが多く含まれており、骨の材料となるコラーゲンの生成を促す効果があることから、オレンジジュースには“間接的”に 身長を伸ばす効果が期待できます。

オレンジジュースは適量を守ることが大切

骨の材料になるコラーゲンの生成を助けるため、オレンジジュースでビタミンCを摂取するのはひとつの方法にすぎません。オレンジジュースばかり飲んでいては、逆に健康を損ねる可能性があるためです。

オレンジジュースは、糖分が多い飲み物といわれており、飲み過ぎることで虫歯の原因になることがあります。オレンジジュースでビタミンCを補う場合は適量を守り、飲んだ後はしっかりと歯磨きをさせましょう。

身長の伸びにはバランスのとれた栄養や生活も大切

骨の材料とされるコラーゲンを食事などで摂取し、コラーゲンの生成を促すビタミンCをオレンジジュースで補うだけでは、身長を伸ばすために必要とされる栄養はほとんど摂れません。身長を伸ばしたいなら、コラーゲンやビタミンC以外にも次の栄養をバランスよく摂取する必要があるでしょう。

身長を伸ばすのに必要な栄養素

「身長を伸ばしたいならカルシウムをしっかり摂りなさい」といわれたことがある人も多いのではないでしょうか。しかし、カルシウムは骨を丈夫にする栄養素とされており、「身長=カルシウム」には直結しないといわれています。

ただ、作られた骨を丈夫にするためには必要な栄養素なので、摂取したカルシウムをしっかりと骨に定着させることが大切です。ビタミンDには、そのカルシウムの吸収をサポートする働きが期待できるため、カルシウムを摂る際はビタミンDも一緒に摂るようにしましょう。

また、骨の成長には、「成長・甲状腺・性」の3つのホルモンが効果的に働いていることも重要とされています。中でも「成長ホルモン」は、身体を大きくする命令を出すホルモンといわれているため、分泌を促すアミノ酸を撮もしっかりと摂りましょう。

身長の伸びは骨だけではなく肉の成長も欠かせません。肉となるタンパク質もしっかりと摂りたいものです。身長を伸ばすためにはさまざまな栄養が欠かせないため、バランスのよい食事を心がけることも大切です。

身長が伸びない生活習慣の改善は重要

成長期は、栄養だけを補っていても身長が思うように伸びないといわれています。栄養を骨にしっかりと届け、成長に必要なホルモンが分泌されるためには、規則正しい生活習慣も大事といわれています。夜更かしによる睡眠不足、運動不足は成長ホルモンの分泌不足をまねくため生活習慣を見直しましょう。

睡眠

成長ホルモンは寝ている間に分泌されやすい傾向にあるため、深く質の高い睡眠が重要といわれています。成長期の子供が十分な睡眠時間が確保できるよう、早寝早起きを習慣化させましょう。また、ストレスも睡眠の妨げとなり、身長を伸ばすことを邪魔すると考えられています。

また、ストレスが溜まると脳が興奮状態になりやすくホルモンの分泌も乱れがちです。宿題や習い事などでストレスを溜めこんでしまう子供も多いといわれているので、うまくストレスが発散できるような環境を作り、質の高い睡眠へ導いてあげましょう。

運動

無理をしない程度の運動は筋肉の発達などを促す効果が期待できます。しかし、「遊び=室内ゲーム」という子供が多く、動かないでいると使われない筋肉などは衰えていくといわれています。

だからといって、過度な運動で筋肉や骨に負担をかけてしまうと骨の成長の妨げとなる可能性があります。身長を健康的に伸ばしていくのであれば、適度な運動をさせるようにしましょう。

チョコレートドリンクも身長を伸ばす効果が期待できる

オレンジジュースが、身長の伸びにつながる間接的な効果が期待できる飲み物とご紹介しましたが、ほかにも間接的な効果が期待できる飲み物があります。それがチョコレートドリンクです。

チョコレートには、成長ホルモンの分泌を促すアルギニンという成分が豊富とされており、摂取することで骨の成長をサポートできると考えられています。

ただ、チョコレートの糖質が気になる人もいるでしょう。

そういう人は、糖質が比較的少ないとされるダークチョコレートのチョコレートドリンクがおすすめです。甘めなチョコレートよりは、ダークチョコレートの方が気になる糖質を軽減できるといわれています。

まとめ

子供の将来を案じて、噂でもオレンジジュースを試してみようと思う親御さんは少なくありません。ただ「オレンジジュースを飲むだけで身長が伸びる」という噂を鵜呑みにするのは危険です。

食事や生活スタイルを見直し、基本は身体づくりにあるのだということを忘れないようにしながら、栄養補給のひとつとしてオレンジジュースをうまく活用することをおすすめします。

おすすめ記事

ノビルンジャーを使った人の声が知りたい! すぐに商品の詳細が気になる方はこちら
息子の身長に困っていた母親がノビルンジャーをお子さんに飲ませた話です。参考にどうぞ! 1日たった2粒で目安で必要な栄養素の約40%も摂れるので、毎日のご飯にプラスするだけ

健康的に安全に!子供の身長を伸ばす食材はチーズで決まり?

子育て中の方は自分の子供が将来的に身長が高くなるのかどうか、気掛かりだという方が多くいらっしゃいます。

遺伝子的に両親が身長が標準よりも低いと、何とかして少しでも身長を伸ばすことは出来ないだろうか、もしそうでなくても健康的に子供の身長を出来るだけ高くしたいと願っている方々はたくさんいます。

昔から言われますよね、「牛乳をたくさん飲んだら背が伸びるよ」と。この言葉に信憑性があるのか、あるとすればどのような意味なのか、ないのでしたらどんな食材を選ぶべきなのかを健康的にかつ安全な目線で解説していきます。

ここでは、タイトルにもありますチーズに着目してみていきますので、ぜひ参考にしてくださいね。牛乳だけでなく、チーズを食材に選ぶと子供の身長を伸ばすことになるのかどうか、しっかりと詳しく解説していきます。

子供の身長を伸ばす食材といえばチーズをおすすめします

冒頭でも触れましたが、子供の身長を伸ばそうと昔から「牛乳を飲みなさい」と言われています。これは、牛乳には身長を伸ばすには必要不可欠な栄養素が多く含まれていると信じられてきたからです。

と同時に牛乳=乳製品ですので、牛乳以外にもヨーグルトやチーズなども選ばれてきた背景がここにあります。では、子供の身長を伸ばすために必要不可欠な栄養素とは一体どのようなものなのでしょうか。

身長を伸ばすためにはまずタンパク質

子供の口に入れるものですので、しっかりと確認をしてみましょう。まず、子供の身長を伸ばすために必要な栄養素を一つ挙げるとしたら何を挙げますか?牛乳に多く含まれているカルシウムだと答えた方は、もう一度よく考えてみましょう。

昭和の時代には多くの大人は「カルシウムをとれば身長が伸びるぞ」と言っていましたが、カルシウムは骨を強くすることの出来る栄養素ですから、実は身長とはあまり関係がないことが分かっています。

もちろん、身長が伸びるとその分、骨の強度の高いことが望ましいと言えますが、これからの成長期に身長を伸ばしたいという方は、カルシウムだけでは結果が付いてこないことを理解しておきましょう。

実は身長を伸ばしてくれる栄養素はタンパク質なのです。これが基本中の基本となりますよ。牛乳からはカルシウムだけが摂取できるわけでもなく、タンパク質も採れますが200mlで6.8gのタンパク質を摂取することができます。

タンパク質はチーズに多く含まれている

では、ここで注目しているチーズについてはどうでしょうか。チーズは元は牛乳ではありますが、牛乳を10分の1まで凝縮されて作られています。その分、タンパク質の量も多くなると思いますよね。

チーズにも様々な種類がありますがタンパク質を多く含んでいることで有名なゴーダチーズでは50gあたり12.9gと牛乳と比べると身長を伸ばす食材として優秀だと言えます。

ちなみにチーズにはカルシウムも340mg含まれていますので、身長を伸ばしつつ骨も強くしてくれる優れものだと重宝しそうですね。また、亜鉛も牛乳には100gに対して0.4mgのところ、チーズ100gでは5mgも含まれています。

亜鉛はあまり知られていませんが、身長を伸ばす際に必要となる骨の成長に影響を与えます。

亜鉛が不足してしまうことで、タンパク質の合成がうまく進まないことで成長ホルモンの分泌が少なくなり、骨が伸びない、つまり身長を伸ばすことができないことに繋がってしまいますので亜鉛が豊富に含まれているチーズはここでも素晴らしい栄養素の持ち主であると言えるのです。

チーズとヨーグルトでは断然チーズがおすすめ

チーズが牛乳を凝縮して作られているのでしたら、ヨーグルトを選んでも子供の身長を伸ばす手助けをしてくれそうですね。では、乳製品としてどちらがいいのでしょうか、栄養素について詳しくみていきましょう。

ヨーグルトに含まれる栄養素について

ヨーグルトに含まれている栄養素を見ていくと、100gあたり、炭水化物4.66g、糖分4.66g、脂肪3.25g、タンパク質3.47g、カルシウム121g、マグネシウム12mlとなっています。

さて、一つ前の項目の内容を振り返りながら見ていくと分かると思いますが、タンパク質の量がチーズと比べてとても低いですね。やはり、乳製品の中ではチーズが子供の身長を伸ばすためにはおすすめの食材であることがここで判明しました。

しかし、身長を伸ばす効果が低いからといってヨーグルトを子供に与えないでいいか、牛乳を飲ます必要がないか、と言えばそれは間違いです。健康に関わる大きな話しをすれば、子供の成長には必要なものであると言えますので極端な判断は注意が必要です。

牛乳は、子供によっては乳糖不耐症が起こることでお腹を壊してしまうこともあります。もともと日本人には牛乳に含まれている乳頭を分解する力が弱い、または無いとも研究結果として発表されています。

そこでヨーグルトやチーズを選ばれている親御さんもいますよね。ヨーグルトも乳酸菌が入っていますのでカルシウムやビタミンを体内に吸収し易く、子供にも口に運んで欲しい食材であることを忘れないでください。

加工製品への心配は、過度な摂取でなければ大丈夫

チーズが子供の身長を伸ばすことに適した食材であることが分かりましたが、中にはもしかして「加工製品だけど大丈夫?」と心配をしている方の声も聞こえてきそうです。

加工製品を子供に与える不安を持つ親御さんも安心して

加工製品は、加工する際に人工的に手を加えることで、自然なものを食べる時と比べて必要のないものも口に運ぶことになります。例えば、チーズの中でもプロセスチーズは加工される際にリン酸塩が使用されています。

もともとのナチュラルチーズには含まれていない物質が入っていることで躊躇してしまう人もいるかもしれません。リン酸塩は、一緒に体内に入れたタンパク質やカルシウムを道連れにして体外に排出してしまいます。

せっかく子供の身長を高くしようと思って意識的に摂取したチーズによるタンパク質が無残にも体内で望んだ働きが出来ないまま対外へ、ということなのです。

しかし、これは大量にリン酸塩を摂取した場合の話しですよ。それでも、子供に食べさせる食材として不安になるのは親としては当然です。

チーズを選ぶ際にはナチュラルチーズを選ぶと安心です

チーズを食べさせたいと思ったら、プロセスチーズよりもナチュラルチーズを選ぶようにするとこの不安は解消させることができますよ。現代は、健康に対してシビアな見方をしますし安全な食材に気を配る人が増加しています。

だからこそ、消費者だけでなく生産者もニーズのあるものを提供するように時代は変化しています。子供の身長を伸ばすために、体を壊してしまっては何が子供のためなのか?という問題にもなってしまいます。

子供の保護者である親御さん自身が安心できるものを選ぶ必要がありますね加工製品も大量に消費しないならば、問題はないとされています。が、心配をしながら与えるよりは安全に自信を持ったナチュラルチーズを選択することをおすすめしています。

チーズの摂取と同時に生活習慣を見直しましょう

ここまで、子供の身長を伸ばすには、チーズが良く、その中でも健康的に安全なものを選びたいならばナチュラルチーズが良いですよ、という話をしてきました。でも、チーズを食べさせるだけで身長が伸びると思いますか?

背を伸ばすためには良質な睡眠などが必要

昔も今も身長を伸ばすためには乳製品(昔は牛乳と言われていた)と同時に与えるべきものがあります。食材はチーズで問題ありません。それ以外に必要なもの、親として注意するべきことがありますのでご紹介しますね。

まずは、良質な睡眠です。タンパク質を摂取して、身長を伸ばす栄養素を体内に入れても成長ホルモンを促すことができなければ、身長は思うように伸びません。

寝る直前に食事を取らない、就寝前までゲームをしたりテレビを見たりさせない、イライラするようなストレスをため込まないなどでぐっすりと良質な睡眠を取ることができますよ。

睡眠の質が高いことで、成長ホルモンが多く分泌されます。少しは眠っているから大丈夫!ではいけません。身長を伸ばすためには成長ホルモンがたくさん必要なのですよ。

良い機会なので生活習慣を見直そう

最低でも22時から2時までの間はぐっすりと眠っているような習慣を付けてあげましょう。そのためにも生活リズムを整えることが重要です。

子供の内からこの生活リズムについては習慣付けたいと思っている親御さんは多いはずです。起床、就寝、食事の時間を決めて、適度な運動を毎日すること、これだけでも生活リズムを整えることができますよ。

子供の生活リズムを整えるためには親御さんの生活リズムの見直しも必要かもしれませんから、この機会にぜひ子供のためにも健康のためにも見つめ直してみてくださいね。

チーズの苦手は子供には?

さて、あなたの子供はチーズを食べることが出来ますか?子供の中には、チーズの匂いや食感、味が苦手だと口にすることが出来ない場合があります。

せっかく身長を伸ばすためにはチーズが良いと分かったのに、これではどうしようもない、と諦めてはいけませんよ。チーズが苦手な子供でも食べられるチーズレシピをご紹介しますので参考にしてくださいね。

少しの工夫で美味しくストレスなく食べられるようになれるレシピですよ。

王道ちくわチーズ

チーズを使ったレシピの王道でもあるちくわチーズは子供も大好きなレシピの一つでチーズが苦手でもペロっと食べてしまいます。「それでもうちの子は食べない」という家庭では、ちくわチーズに唐揚げ粉をまぶして揚げてみましょう。

見た目は子供の大好物である唐揚げに大変身です。唐揚げ粉には味付けもしてあるものが多いですから、ご飯のおかずとしてチーズを取り入れることができますね。

子供が大好き目玉焼き

子供って目玉焼きが大好きですよね。その目玉焼きにチーズを使うと自然かつ美味しく食べてもらえますよ。まず熱したフライパンにとろけるチーズを敷き、その上に卵を落としていつも通りに目玉焼きを作ります。

すると焼いたチーズの部分がサクサクしてお菓子を食べているようで、子供の好きな食感に早変わりです。ご飯のおかずにも3時のおやつにも喜ばれますから、お手軽に一工夫でチーズの苦手な子供にも食べてもらえる1品の出来上がりです。

子供の身長を伸ばす食材にはチーズがおすすめ!

チーズに含まれる栄養素によって、子供の身長を伸ばすことができることが分かりましたね。乳製品全般に身長を伸ばす効果があると思われていた方には、チーズ単体による効果に驚かれたことでしょう。

親としての願いを少しでも叶えるためにも、チーズを食べることで有効的な方法をとることをおすすめします。

多くを摂取すればいいということではありませんので、毎日一切れでも継続しておやつとしてでも構いません、子供に健康的に安全にそして美味しくチーズを食べてもらいましょう。

おすすめ記事

ノビルンジャーを使った人の声が知りたい! すぐに商品の詳細が気になる方はこちら
息子の身長に困っていた母親がノビルンジャーをお子さんに飲ませた話です。参考にどうぞ! 1日たった2粒で目安で必要な栄養素の約40%も摂れるので、毎日のご飯にプラスするだけ

悩んでいるからこそ夜中は起こさない!身長を伸ばそう!夜尿症改善のススメ!

こどもがおむつを卒業してから出てくる悩みと言えば、おねしょですね。

成長とともに、そのうちおねしょも自然と卒業できるだろうと思っていたら、もう5歳・6歳になってしまったというご家庭もあるのではないでしょうか?

おねしょがなかなか治らないと親としては悩んでしまいますね。おねしょをさせないために、夜中起こしておしっこをさせるお母さんもいるかもしれませんが、それはおねしょ卒業の遠回りとなります。

それどころか、こどもの身長の伸びを止めてしまう可能性もありますので、夜中起こしておしっこをさせるのはすぐにやめた方がいいでしょう。

ではどうすればおねしょは治るのでしょうか?また、おねしょ対策として行ってきた「夜中に起こしておしっこをさせる」と、なぜおねしょ卒業の遠回りになってしまうのか。さらにおねしょと身長の伸びの関係性についても詳しく解説します。

原因は何?おねしょのメカニズム

そもそもなぜ小さなこどもはおねしょをしてしまうのでしょうか。それは、膀胱の大きさと抗利尿ホルモンのバランスが大きく関係しています。

おむつが取れたばかりのこどもは、膀胱が小さく、あまりたくさんの量のおしっこを貯める事ができません。また、大人は抗利尿ホルモンの働きにより、夜中に作られるおしっこの量が減りますが、小さなこどもは抗利尿ホルモンが未発達なため、夜中でもどんどんおしっこが作られてしまいます。

あまり量を貯めておけない小さな膀胱に、ホルモンが未発達なゆえにどんどん作られてしまうおしっこ。この2つのバランスがうまく取れていない為、小さなこどもはおねしょをしてしまうのです。

小さなこどものおねしょはいわば生理現象で、ある程度は仕方のないこと。

多くのこどもは、成長とともに膀胱が大きくなり、おしっこの量を抑制する抗利尿ホルモンがうまく働き初め、自然とおねしょを卒長することができます。2歳~5歳までにおよそ、70~80%のこどもがおねしょをしなくなると言われています。

こどものおねしょで悩んでいるお母さん。あなたのお子さまは何歳ですか?2歳~5歳でしたら、お子さまの膀胱と抗利尿ホルモンはまだまだ発展途上です。

夜中は身長を伸ばす成長ホルモンがたくさん分泌されている大切な時間。無理に起こしておしっこをさせず、今は起こさずにどんと構えて成長を見守ってあげてくださね。

しかし、5歳を過ぎているのにも関わらず、毎日のようにおねしょをするこどもは10~15%程度います。「うちの子はもう5歳をすぎているのに…」と悩んでしまうかもしれませんが、あまり悩みすぎないでください。それはおねしょではなく「夜尿症」といわれる治療が必要な症状かもしれません。

適切な対策と治療をすればちゃんと改善されますので安心してください。

夜尿症とおねしょとの違いは?夜尿症の3つのタイプをご紹介します

夜尿症とは、日本泌尿器学会により「5歳を過ぎて週に2回以上の頻度で、少なくとも3カ月以上の期間において夜間睡眠中の尿失禁をみとめるもの」と定義されています。つまり、5歳まではおねしょでそれ以降は夜尿症ということです。

さきにおねしょは体の成長とともに卒業すると述べましたが、なぜ5歳を過ぎても夜尿に悩まされる子がいるのでしょうか。夜尿の原因には3つのタイプがあります。

夜尿症のタイプ

多尿型

夜中作られるおしっこの量を減らす抗利尿ホルモンの分泌量が少なく、寝ている間にどんどんおしっこが作られ、膀胱の容量を超えてしまうタイプです。

睡眠前に多く水分を摂ってしまうことが原因の場合もあります。

膀胱型

膀胱が小さく多量のおしっこを貯める事ができないタイプです。膀胱型は多量のおしっこを貯めておけないことから、1日を通してトイレが近く、1回の夜尿量が少ないのが特徴です。

混合型

多尿型と膀胱型のふたつのタイプを併せ持つタイプが混合型となります。つまり、夜中でもどんどんおしっこが作られ、膀胱の容量が少ないタイプです。より重症なタイプと言われています。

いずれのタイプにせよ、夜中に貯まるおしっこの量が膀胱の容量を超えて夜尿につながっていることが言えます。まずはこどもの夜尿症のタイプを知ることから始め、タイプに合わせた治療法を取ることが解決のカギとなります。

尿量を測定!夜尿症のタイプを知ろう

尿量を測定すれば夜尿型のタイプを知ることができます。

少し大変ですが、完治させる近道となるかもしれませんので、まだ試していないご家庭は尿量の計測から始めてみてください。

夜尿量を測定する方法

・寝る前にトイレに行き膀胱をからっぽにする

・紙オムツを着用し就寝する

・☆起床後、着用していた紙オムツの重さを測定、汚れていない紙オムツと比べてどれくらい重くなったかを記録

・☆起床後、トイレに行きおしっこを採って重さを測る

☆を足したものが夜尿量となります。小学3年生までは200cc以下、小学4年生以降は250cc以下が一般的な夜尿量ですので、それより多ければ多尿型であると考えられます。

つまり、抗利尿ホルモンの分泌量が不足している可能性があるということです。

膀胱容量を測定する方法

・日中、一度膀胱をからっぽにしてから、限界までおしっこを我慢し、我慢したおしっこの量を測る

・夜尿をしなかった朝一番のおしっこの量を測る

この場合の一般的な尿量は、小学1年生までは150cc・小学2年生までは200cc・小学3年生以降は250ccとなります。測定した尿量がこれより少なければ、膀胱の容量が少ない事で生じる膀胱型の可能性が考えられます。

また、夜尿量が一般的な尿量より多く、がまん尿が一般的な尿量より少ない場合は、混合型の可能性があると考えられます。

夜尿をするのは小柄なこどもが多いと統計的に出ているそうです。体が小さいとどうしても膀胱も小さくなり夜尿につながってしまうのです。そこで身長が伸びて体が大きくなれば、膀胱の容量も増え夜尿が完治する可能性があります。

実際に、なかなか夜尿が治らなかったこどもが、中学で成長期に入り体が大きくなったことで夜尿が完治したという経験談があります。

つまり “身長を伸ばして体を大きくする”が、夜尿改善策のひとつと言えます。

夜尿症の改善は良質な睡眠にあり

こどもの身長を伸ばす成長ホルモンは、睡眠中に多く分泌されると言われています。その睡眠が良質であればより多くの成長ホルモンが分泌され、身長の伸びを促してくれるでしょう。

しかし夜尿をさせまいと、夜中に起こしてしまうと睡眠が妨げられ成長ホルモンの分泌量が減ってしまいます。そうなると身長が伸びが悪くなり、おしっこを貯める膀胱の成長も止めることになってしまいます。

また夜中起こすことにより、おしっこの量を抑制する抗利尿ホルモンの働きも鈍くなり、より夜尿症の改善に遠ざかってしまうでしょう。

朝濡れている自分の布団を見て自信を失うこどもの姿を想像すると、つい夜中に起こしてしまいたくなりますが、ここはぐっと我慢しましょう。

“夜中に起こさない”は、夜尿症改善策だということを頭に入れて置く事が何よりも大切です。見守るばかりは辛いと思いますので、今日からでもできる夜尿対策をご紹介します。

生活習慣を見直そう!

生活習慣を改める事により夜尿を防ぐ対策をとりましょう。

規則正しい生活を

先のも述べましたが、夜尿症は身長を伸ばすことにより改善することができます。より良質な睡眠を取る為にも、決まった時間に起き、日中はたくさん体を動かし、決まった時間に食べ、決まった時間に寝る事が大切です。

良質な睡眠=身長を伸ばす=夜尿症の改善の公式を頭に入れておきましょう。

晩御飯は塩分を控えたメニューを

味の濃いメニューだと、喉が渇きどうしてもたくさんの水分を取ってしまいます。これを防ぐためにも、晩御飯は塩分を控えたメニューにすることが重要です。

また、スナック菓子にはたくさん塩分が含まれている為、夕方以降食べる事はお勧めしません。

夜尿によるストレスを取り除くことも大切です

夜尿症のこどもは少なからず就寝前に「今日は大丈夫かな」と不安になります。不安になると寝つきが悪くなり、良質な睡眠をとることができませんので、「おねしょをしても大丈夫。そのうち治るよ。」と安心させてあげてください。

どれも簡単なようですが、継続するとなると意外と難しいことばかりです。こどもの為にとつい頑張ってしまいますが、それではお母さんの気がもちません。あまり気負いせずにできる範囲で実践していきましょう。

悩み過ぎないで!専門科に相談してみてください

あの手この手を尽くしても、夜尿症が治らなくて親子ともに辛い思いをしてしまってはいませんか?

そんなときは自分たちだけで頑張るのではなく、専門科に相談してみてはいかがでしょうか。最近では「夜尿外来」を設ける病院もあります。しかしその数はまだまだ少ないので、まずはかかりつけの小児科やお近くの泌尿器科に相談すると良いでしょう。

尿量を測定していれば、受診の際に提出するとより的確な治療を行う事ができますよ。

仮に測定していなくても、専門医と相談しながら治療の方針を決めればいいので、悩み過ぎずにまずは相談してみてください。

行う治療法は、生活指導・排尿訓練・薬物療法など、こどもの症状や生活環境により様々です。専門医に従って、あなたとこどもに合った治療法を行いましょう。

まとめ

5歳までがおねしょで、それ以降は「夜尿症」と呼ばれます。

夜尿症には、多尿型・膀胱型・混合型の3つのタイプがあり、いずれも膀胱の容量と抗利尿ホルモンのバランスが取れずに夜尿につながります。

改善対策として、質の良い睡眠をとり体の成長を促す事が挙げられるほか、生活習慣の見直しをしましょう。夜尿が続くと、親子ともに精神的に辛い思いをすることになりますので、悩み過ぎずに専門科に相談することも大切です。

大丈夫。夜尿は必ず治ります。焦らずにじっくりこどもの夜尿に向き合って揚げてくださいね。

おすすめ記事

ノビルンジャーを使った人の声が知りたい! すぐに商品の詳細が気になる方はこちら
息子の身長に困っていた母親がノビルンジャーをお子さんに飲ませた話です。参考にどうぞ! 1日たった2粒で目安で必要な栄養素の約40%も摂れるので、毎日のご飯にプラスするだけ

子供の身長を伸ばしたいならお菓子はNGなの?お菓子と身長の影響とは?

子供の身長を伸ばしたいと考えるお父さんお母さん。その気持ちよくわかります。子供には出来るだけ大きくなってほしいと願うのが親心と言うものですよね。

子供が好んで食べるのは、甘いお菓子やスナック菓子、アイスクリームなどです。そんなお菓子をちょっと静かにしていて欲しいからとついつい与えてしまいがちですね。子供にお菓子を与えている間だけは、親にとってはつかの間の休憩時間だったりします。

でもいつの間にかお菓子でお腹がいっぱいになり、結果としてそのあとのご飯が食べられなくなっていたとしたら、どうでしょう?お菓子を食べることが原因で、身長の伸びに影響を与えているのかもしれません。子供に与えるお菓子と身長の関係はあるのでしょうか。

お菓子の原材料をチェックを忘れずに

お菓子のパッケージの裏にある原材料を見てみましょう。お菓子を作るために使われている材料と食品添加物などすべての事柄が記載されています。アレルギーを引き起こす可能性のある食材が使われている時は、アレルギー物質の表示もされていますね。

これらをよく見てみるとほとんどのお菓子は脂質、糖質、炭水化物などが多く含まれており、量を多く食べてしまうとそれだけでお腹が一時的に満腹になってしまうのです。

お菓子のカロリーや材料が身長の伸びに影響あり

原材料をチェックすると、意外と驚くようなことがわかってきます。以下のようなものがお菓子を食べると起こるかもしれません。

カロリー過多

お菓子を食べ過ぎるとカロリー過多のため肥満体型になってしまうことがあり、子供を早熟にしてしまいます。早熟とは成長期を早く迎えてしまうということで、身長の伸びも悪くなってしまうのです。

リン酸塩の作用

子供が大好きなスナック菓子には「リン酸塩」と呼ばれる成分が多く含まれており、これが骨の成長に必要な体内のカルシウムを外に排出してしまい、身長の伸びを阻害すると言われています。

糖分が引き起こす問題

キャンディーやキャラメル、炭酸飲料水など甘い食べ物がお菓子には多いですが、これらばかりを食べていると虫歯になるのはもちろんのこと、たくさん糖分を摂りすぎたあと一気に上がった血糖値を体の中で下げようとして低血糖になります。

低血糖になると「眠い」「お腹が常に空いている」「イライラしたり集中力がなくなったりする」「生あくびが出る」などの症状が起こります。

放っておくと最悪の場合意識障害を起こす可能性もあり、こうなっては身長の伸びも期待できなくなってしまいます。甘いものを食べ過ぎるのは危険だと覚えておきましょう。

子供の身長を伸ばすために特に必要な栄養素

身長を伸ばすということは骨を伸ばすということです。子供の骨の成長のために欠かせない働きをしてくれる栄養素は、カルシウム、マグネシウム、ビタミンD、たんぱく質です。

カルシウム(身長を伸ばすための骨の芯を支える)

骨や歯を作る要素として身長を伸ばし、成長を促す栄養素として有名ですが、同時に体を整え精神を安定させる働きもあります。血中のカルシウムがマグネシウムと結びつき、イライラを抑えて心を安定させる働きがあると言われています。

マグネシウム(身長を伸ばすために骨の強度を作る)

カルシウムだけを摂るのでは骨の生成は完全とは言えません。マグネシウムがカルシウムと結びついて骨の形成や強度、骨の弾力性を調整する働きがあります。

ビタミンD(身長を伸ばすために日光を浴びて骨形成を促す)

カルシウムを体内に取り入れるために必要な栄養素で、太陽の光に浴びることなどで生成されます。ビタミンDは特に成長期の子供の身長を伸ばすために欠かせない栄養素と言えるでしょう。

たんぱく質(身長を伸ばすために成長ホルモンの分泌を促す)

骨の土台となり筋肉や肌、髪など体の組織を形成する物質です。特に成長期の子供には欠かせないものです。たんぱく質が十分に摂れないと筋肉が衰えたり、免疫力が低下して体調不良になることもあるので気をつけましょう。

おやつにオススメの食品

ここまで書いてくると「スーパーなどのお菓子売り場で売られている子供の喜びそうなお菓子類は全て与えられないの?」という疑問が湧きますが、そうではありません。

おやつは子供の1日の中で「喜びの時間」でもあります。楽しい時間を無くすことなく、身長を伸ばすことも考えておやつを選択すれば良いのです。おやつの時間は楽しく。でも同時に1日の必要栄養摂取の時間と考えましょう。

以下のものがオススメです。

スナック菓子の代わりにドライフルーツやナッツ類を

スナック菓子には塩分や油分を多く含んだものがあります。これらの代わりにドライフルーツのチップス(バナナやカボチャ、サツマイモなど)、ミックスナッツなどはいかがでしょうか。たとえ食塩が使われているミックスナッツであっても、スナック菓子に比べると原材料がシンプルな分何を食べているのかわかりやすく、子供に与えるのにも安心です。

アイスクリームは選んだものだけ。代わりにヨーグルトを

夏場はどうしても冷たいアイスクリームを食べたくなるのは大人も子供も一緒ですね。アイスクリームには乳化剤や添加物などを加えて牛乳の味に近づけているアイスも数多くあります。乳製品を使ってきちんと作られているアイスクリームはやはり値段の高いものも多いですね。

アイスクリームの中には「アイスクリーム」「アイスミルク」「ラクトアイス」と3種類に分かれており、「アイスクリーム」と表記されているものは乳脂肪以外の使用は禁じられているため、牛乳から作られているということがわかります。

これに対して「アイスミルク」と「ラクトアイス」は乳脂肪だけでなく、植物性油脂を加え、添加物を混ぜて値段を抑えて味を作っているのです。子供の身長を伸ばすために牛乳のカルシウムが摂れるからアイスを。と考えている方がいたら「アイスクリーム」表記のあるアイスだけを選択しましょう。

冷たいアイスクリームの代わりに、冷たく冷やしたヨーグルトもオススメですよ。プレーンヨーグルトに果物を小さくカットして入れたり、ブルーベリーなどのドライフルーツを入れてみましょう。

育ち盛りの子供の歯や骨を作るために必要なカルシウムが乳製品にはたくさん含まれていますが、ヨーグルトはさらに乳酸菌が腸の働きを整え消化吸収も優しいのでおやつにぴったりです。

菓子パンの代わりに芋類を

おやつに菓子パンを食べる子供も多いのではないでしょうか。パンなので食事代わりとして菓子パンを手に取ることもあるでしょう。

プレーンな食パンやフランスパンと違い「菓子パン」と呼ばれるパンにはバターや砂糖、植物性油脂がたくさん含まれているのです。カロリーが高いだけではなく、糖質もたくさん含まれているため、それだけでお腹がいっぱいになり、1日に必要な糖分の量をオーバーしてしまいます。

お菓子代わりに菓子パンを与えるのは避けたほうが良さそうです。どうしても我慢が出来ない場合は味の付いていないパンと牛乳などを組みあわえて食べるようにしましょう。

蒸したさつまいもなどもお菓子となります。さつまいもにはビタミンCが豊富に含まれており、成長期の子供が摂取したい大切な栄養素です。干し芋や芋の甘露煮、芋ようかんなどもほのかな甘みがあって子供も喜んで食べることでしょう。

炭酸飲料水やソフトドリンクの代わりに牛乳やココア、麦茶に

口当たりのいいフルーツジュースやスポーツドリンク、炭酸飲料水は、大好きな子供も多いですね。これらの飲み物の中にはたくさんの砂糖が入っています。

食べ物を食べた後に炭酸飲料水などで水分補給して終わり。などという場合は、口の中では食べ物のカスと一緒に飲み物の糖分も残っている状態になっています。このままでは放っておくと虫歯になりかねません。次の食事が入らなくなってしまったり、甘いもの以外は飲めなくなったりも起こります。

身長を伸ばすために、おやつを代えるタイミングで飲み物も一新しましょう。牛乳はオススメですが、どうしても飲めない場合は少し甘味を足してみたり、ココアにするのも良さそうです。夏場は冷やした麦茶も飲むことも、とても美味しいものです。麦茶や水を飲むことによって口の中を清潔に保ち、虫歯予防にも一役買ってくれるのです。

親が出来るサポートとは?

スナッック菓子の代わりにカルシウム豊富なおやつを摂ることは、確実に子供の身長を伸ばすために効果があると思います。それにプラスして親が子供の身長を伸ばすためにサポートできる事柄を考えてみました。

食べる時にきちんと食べておく

ご飯の時間、おやつの時間がきちんと決まっていれば、途中でお腹が空いて思わずスナック菓子に手を伸ばす、ということも減るはずです。食事時間をきちんと守り、それ以外の時間は食べ物に手が届かないようにしておくことが大切です。

甘い飲み物は止める

カルシウムをできるだけ摂取するため、甘い飲み物はやめて、牛乳などを飲ませましょう。おやつでカルシウムをたくさん取れているのならば、飲み物はお茶や水などでも十分満足できると思います。

バランスが大切

スナック菓子がダメだから、すべてのお菓子が食べられなくなると言うわけではありません。カルシウムが豊富に含まれたウェハースやカルシウムグミなども発売されており、それらを選んでおやつにしても良いでしょう。大切なことは原材料をよく把握して必要なものを取り入れるということです。

成長ホルモンの分泌のために、質の良い睡眠を

成長ホルモンが最も分泌される時間は眠っている時間です。日中たくさん体を動かして食事を摂り、どれだけ質の良い深い眠りに付いているかで身長の伸びも大きく変わってきます。

眠る時間より眠る睡眠の質で成長ホルモンの分泌量が変わるそうです。子供が健康的でいられる睡眠時間は7時間が平均ということなので、年齢の差はありますが、最低でもこのくらいの時間は睡眠を確保してあげたいものです。

全てはバランスよく規則正くがポイント

子供の身長を伸ばすためには、必要な栄養素を含んだお菓子を食べさせることが重要だとわわかりました。内容をよく見て選べば、スナック菓子でも食べられるものもありそうです。楽しみな時間としながらも、体の発育を促すために、バランスよくおやつの時間を持ちたいものですね。

おすすめ記事

ノビルンジャーを使った人の声が知りたい! すぐに商品の詳細が気になる方はこちら
息子の身長に困っていた母親がノビルンジャーをお子さんに飲ませた話です。参考にどうぞ! 1日たった2粒で目安で必要な栄養素の約40%も摂れるので、毎日のご飯にプラスするだけ